変動係数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

変動係数(へんどうけいすう、: coefficient of variation)とは、標準偏差 () を算術平均 () で割ったもの。相対的なばらつきを表す。単位のない数となり、百分率であらわされることもある。相対標準偏差 (RSD, relative standard deviation) とも呼ばれる。 平均値が異なる[1]二つの集団のばらつきを比較する場合などに用いられる。

  1. ^ 平均値が大きい集団のほうが標準偏差が大きくなる傾向がある。これを防ぐために算術平均で割る作業を行う。