偏差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

偏差(へんさ、: deviation)とは、統計学において、ある母集団に属する数値と、母集団の基準値(平均中央値など)との差のこと。偏差は母集団内の要素1つ1つに対して定まるものである。

偏差値[編集]

偏差値とは、平均からの偏差 ÷ 標準偏差 × 10 + 50 のこと。偏差は単純に引き算した結果であり母集団によってその大小が左右される。この変動を打ち消して、その要素が母集団の中ではどのくらい平均からずれているかの度合いを出したものが偏差値である。

絶対偏差[編集]

絶対偏差: absolute deviation)とは、偏差の絶対値のこと。基準値(平均中央値など)との差の絶対値

平均偏差・平均絶対偏差[編集]

平均偏差: mean deviation, average deviation)や平均絶対偏差: mean absolute deviation, average absolute deviation)とは、絶対偏差の平均の事。基準値と測定値の差の絶対値の平均値。通常は、基準値として算術平均を用いる[1]。偏差の統計量。

標準偏差[編集]

標準偏差は、全要素の偏差より算出する全体の分布に関する数値である。偏差の一部ではない。

無線工学[編集]

無線工学で使用する場合は、無線局ごとに割り当てた送信周波数と空中線から実際に放射される周波数のずれを指す。電波法において使用する周波数帯ごとに許容範囲が決めている。

脚注[編集]

  1. ^ JIS Z 8101-1 : 1999, 2.18 平均偏差.

参考文献[編集]

  • 西岡康夫 『数学チュートリアル やさしく語る 確率統計』 オーム社、2013年。ISBN 9784274214073
  • 日本数学会 『数学辞典』 岩波書店、2007年。ISBN 9784000803090
  • JIS Z 8101-1:1999 統計 − 用語と記号 − 第1部:確率及び一般統計用語, 日本規格協会, (1999), http://kikakurui.com/z8/Z8101-1-1999-01.html 
  • 伏見康治確率論及統計論河出書房、1942年。ISBN 9784874720127

関連項目[編集]