寿産院事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寿産院事件
Miyuki Ishikawa Kotobuki-Sanin Incident.jpg
早稲田警察署から護送される被疑者
場所 日本の旗 日本東京都新宿区柳町
座標 北緯35度41分53.4秒
東経139度43分33.6秒
座標: 北緯35度41分53.4秒 東経139度43分33.6秒
標的 嬰児
日付 1944年4月 - 1948年1月15日
概要 嬰児の大量連続殺人事件
原因 凍死、餓死、窒息死
死亡者 85 - 169人 (103人が有力)
犯人 3人 (裁判で有罪)
容疑 1人 (裁判で無罪)
動機 預かった嬰児への養育費や配給品等の詐取
関与者 1人 (釈放)
テンプレートを表示

寿産院事件(ことぶきさんいんじけん)とは1944年(昭和19年)4月から1948年(昭和23年)1月にかけて東京都新宿区で起こった嬰児大量殺人事件。被害者の数は103人というのが有力だが、正確な数は判明しておらず、推定被害人数は85人から169人の間とされる。

概要[編集]

第二次世界大戦後のベビーブームのおり、大量の嬰児が寿産院に預けられていたが、同院では嬰児に対する虐待が常態となっており、また、凍死、餓死、窒息死などさまざまな死因で亡くなっていた。寿産院を経営する夫婦は乳幼児を貰い受けるなどとした新聞広告などによって200人以上の乳幼児を集め、親から1人につき4000円から5000円の養育費と東京都からの補助金と配給品を受けとりながら配給品を闇市に横流しするなどして食事をろくに与えずに100人以上を死亡させた。

発覚[編集]

被害母子
被害児らの骨は、埋葬もされず倉庫の米櫃の中に仕舞われていた

1948年(昭和23年)1月12日、偶然パトロールしていた警官2人が東京・新宿区弁天町で夜中にみかん箱を運ぶ葬儀屋に対し事情聴取を試み、その中に嬰児の死体4体が入っていることを確認した。1月15日、新宿区柳町で「寿産院」を経営する主犯の石川ミユキ(当時51歳)と夫の猛(当時55歳)が殺人容疑で逮捕された[1]。ミユキは東大医学部産婆講習科を経て産婆となり、牛込産婆会の会長を務めていたほか、新宿区議会議員選挙に出馬したこともあった(落選)。猛は憲兵軍曹から警視庁巡査も務めたことのある人物だった[2]。葬儀屋は釈放されたが、夫婦と助手の3人は起訴され、診断書を偽装していた医師もまた起訴された。

死亡届を簡単に受理していた新宿区役所の態度にも疑問が示されたが、当時の新宿区区長や当該課長は「書類を見て判断した」とコメントした。

顛末[編集]

東京地方裁判所では主犯女性に懲役8年、夫に懲役4年、助手は無罪、医師は禁固4年の判決1952年(昭和27年)4月、東京高等裁判所は主犯女性に懲役4年、夫には懲役2年の判決を下した。主犯夫婦達のその後は確認できず、寿産院のあった現場は現在空地になっている[3][4][出典無効][5][6]

この事件について当時は子供の出生から判断され、世間では「殺されても仕方がなかった」との声もあったが、この反応について評論家宮本百合子は、「正当な子供、正当でない子供というのは子供にとってどんな区別があることでしょう」と述べていた[7]。嬰児達の遺体は現場近くの宗円寺に土葬された後に無縁塔に移され合葬され、土葬された場所には慰霊地蔵が建立されている [8][9] [出典無効]

出典[編集]

  1. ^ 『占領から講和へ』第5巻、高原富保編、毎日新聞社〈一億人の昭和史〉(原著1975年11月1日)、初版、p. 88。2009年9月27日閲覧。
  2. ^ 寿産院もらい子殺し事件
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ [4]
  7. ^ 宮本百合子『“生れた権利”をうばうな--寿産院事件について--』第30巻、新日本出版社〈宮本百合子全集〉(原著1986年3月20日)、初版。『“生れた権利”をうばうな――寿産院事件について――』:新字新仮名 - 青空文庫
  8. ^ [5]
  9. ^ [6]

関連項目[編集]

関連作品[編集]

  • 安武わたる『寿産院もらい子殺し事件』
  • 天ヶ江ルチカ『乳児殺人』

外部リンク[編集]