大御食神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大御食神社
大御食神社正面.jpg
大御食神社正面
所在地 長野県駒ヶ根市赤穂11475(市場割)[1][注 1]
位置 北緯35度43分25秒 東経137度56分55秒 / 北緯35.72361度 東経137.94861度 / 35.72361; 137.94861 (大御食神社)座標: 北緯35度43分25秒 東経137度56分55秒 / 北緯35.72361度 東経137.94861度 / 35.72361; 137.94861 (大御食神社)
主祭神 日本武尊五郎姫神誉田別尊[3][4]
社格 郷社[3][4]
創建 景行天皇58年[5][4][注 2]
本殿の様式 三間社流造[3]
別名 美女ヶ森[1][3]
例祭 #祭事参照
主な神事 #神事参照
地図
大御食神社の位置(長野県内)
大御食神社
大御食神社
テンプレートを表示

大御食神社(おおみけじんじゃ)は、長野県駒ヶ根市赤穂にある神社である。別名は美女ヶ森(びじょがもり)[1]

祭神[編集]

神紋は「八花形」である[9]。代々当社宮司を務める社家阿智祝部(阿智氏)の支族・赤須氏は、八意思兼神に始まる神の系譜に繋がるとされる[10]阿智神社が破損した際、改築のため大御食社大足葦津彦が派遣されたという記録から、阿智神社とは古くからの深いつながりがあったとされる[11]

かつての赤須村6地区の総氏神で、各地区持ち回りで祭事の中心を務める[4]。『全国神社名鑑』(1977年刊)によると氏子4,500戸、崇敬者15,000人[9]。北は太田切川から南は片桐(上伊那郡中川村)まで氏子が広く分布していた時期もあったという[12]

歴史[編集]

沿革[編集]

境内[編集]

社叢
『郷社大御食神社之景』(1901年)

境内社[編集]

『上伊那郡史』[19]による。かっこ内は祭神。

このほか、『駒ケ根市誌 現代篇 下巻』では真澄神社が追加で紹介されている[17]

  • 真澄神社(大山祇神) - 上赤須南原にあったものを、1973年(昭和48年)に合祀。

なお、『全国神社名鑑』では末社18社とある[9]

祭事[編集]

獅子練り

当社の例祭は9月20日至近の土曜日から日曜日にかけて行われる[13][注 4]

  • 獅子練り - 中世の時代より伝わる、五穀豊穣を祈願する祭事。曳いた獅子の頭を神前で切り落とし、供物とする[12]。駒ヶ根市指定民俗文化財(無形民俗文化財)[15]。獅子頭は明和4年(1767年)に氏子より寄進されたもの。獅子舞自体は長野県南信地方の寺社だけでも160例を数えるが、獅子を神社に招いて討ち取り、その頭を納めるというのは当社と同市内の大宮五十鈴神社(赤穂2827)の他に例がなく、その発祥については不詳である[13]

神事[編集]

文化財[編集]

交通アクセス[編集]

公共交通機関
JR飯田線小町屋駅が最寄り。直線距離で1,240メートル[24]。または駒ケ根駅から約2キロメートル[9]タクシーで10分間[1]
自家用自動車
中央自動車道駒ヶ根インターチェンジから自動車で20分間。普通車15台分の駐車場がある[1]

大御食神社に関連する作品[編集]

  • 詩歌(かっこ内は作者)
    • 昔時をあふぎし見れば瑞籬の御蔭の杉の高くもあるかな(三条西季知[25][5]
    • 代々を経しほども知られてうつくしの森の神杉神さびにけり(佐々木弘綱[25][5]
    • あまつなるえみしことむけかへらしゝ美影を今も仰く神杉(徳大寺実則[25]
    • 東征旌旆仰雄風、此地王孫曾駐驄、猶是老杉摩碧落、千秋色与大動崇(野村素介[25]
    • 吾妻路のまかれるわたをすくにせししるし御蔭のすきはこの杉(国克、美濃国)[5]
    • いや高き御かけの杉は足引の屋まとおくなの神代よりして(直虎、尾張国)[5]
  • 1919年(大正8年)制定の赤穂学校校歌(作詞:小町谷常是)において当社について歌われている[26]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 長野県神社庁「神社紹介」では当社所在地を「駒ケ根市赤穂字美女森11475」(引用)としている[2]
  2. ^ a b 美社神字解』では神代文字社伝記の当該部分を「大足彦忍代別天皇御代八十余八年」(引用、大足彦忍代別天皇は景行天皇のこと)と解読している[6]
  3. ^ ヤマトタケル赤須滞在の記事は他の史書に見えないが、『古事記』には坂の神を服従させたと伝わり、『日本書紀』では白い鹿の神を蒜で殺し、次に現れた白い犬に導かれて美濃国(現・岐阜県)へ出たとされる。またこの白い犬について、『諏訪史料叢書』巻28掲載の「神長守矢氏系譜」には、守矢実久が建御名方命の神功か、あるいは守矢氏の祖である小須美君の使いではないかとしている[8]
  4. ^ 当社の例祭について、『全国神社名鑑』(1977年刊)・『角川日本地名大辞典』(1990年刊)には9月21日 - 9月22日とある[9][20]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 大御食神社(美女ヶ森)”. 全国観光情報サイト 全国観るなび. 日本観光振興協会. 2021年2月6日閲覧。
  2. ^ 神社紹介 上伊那支部”. 長野県神社庁. 2021年2月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 大御食神社本殿”. 駒ヶ根市. 2021年2月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 唐沢貞治郎 1921, p. 969.
  5. ^ a b c d e f g 佐野重直 1901, p. 43.
  6. ^ a b c 落合直澄 1936.
  7. ^ a b 佐野重直 1901, p. 42.
  8. ^ 「神長守矢氏系譜」『諏訪史料叢書.巻28』諏訪教育会、昭和11年、36頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 三浦譲 1977, p. 488.
  10. ^ 宝賀寿男編著『古代氏族系譜集成』中巻、古代氏族研究会、1986年。
  11. ^ 駒ケ根市誌編纂委員会 1974, p. 323.
  12. ^ a b 下中邦彦 1979, p. 432.
  13. ^ a b c 大御食神社と大宮五十鈴神社の獅子練り”. 駒ヶ根市. 2021年2月7日閲覧。
  14. ^ 駒ヶ根観光協会(長野県南信州)(2012年9月15日の投稿、2021年2月7日閲覧) - Facebook
  15. ^ a b c d 指定文化財一覧”. 駒ヶ根市. 2021年2月6日閲覧。
  16. ^ a b c 駒ケ根市誌編纂委員会 1974, p. 324.
  17. ^ a b c d e f g h i 駒ケ根市誌編纂委員会 1974, p. 325.
  18. ^ a b 美女ヶ森伝説”. 駒ヶ根市. 2021年2月7日閲覧。
  19. ^ 唐沢貞治郎 1921, pp. 970–972.
  20. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会、竹内理三 1990, p. 259.
  21. ^ 落合直澄 1888.
  22. ^ 駒ケ根市誌編纂委員会 1974, p. 316.
  23. ^ 小堀光夫「菅江真澄の旅と西行の伝承和歌」『菅江真澄研究』第58号、菅江真澄研究会、2006年、 11頁。
  24. ^ 大御食神社”. Mapion 電話帳. ONE COMPATH. 2021年2月6日閲覧。
  25. ^ a b c d 唐沢貞治郎 1921, p. 970.
  26. ^ 佐々木祥二 (2018年6月18日). “赤穂学校校歌100周年記念・駒ヶ根歴史フットパス”. 2021年2月7日閲覧。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

大御食神社刊[編集]

  • 大御食神社『美女社大御食神社神代文字社伝記解読 附美女ケ森大御食神社由緒の略記』大御食神社、1983年。
  • 大御食神社『美女ケ森大御食神社 由緒の略記』大御食神社、1983年。

市村誌[編集]

映像作品[編集]

  • 『上伊那の祭りと行事 30選』上伊那広域連合企画、井上井月顕彰会・ヴィジュアルフォークロア製作、北村皆雄監督、2013年 (DVD)

その他[編集]

  • 『美女ヶ森大御食神社 1900年記念誌』大御食神社総代会、2012年。
  • 『美女ヶ森大御食神社の社宝』大御食神社総代会、2014年。
  • 気賀澤兼義『大御食神社と祭典』市場割学芸委員会、市場割祭典委員会・市場割学芸委員会、1997年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]