大坂雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大坂 雅彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 (1941-11-28) 1941年11月28日(77歳)
身長
体重
181 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手
プロ入り 1960年
初出場 1961年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大坂 雅彦(おおさか まさひこ、1941年11月28日 - )は、徳島県徳島市[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手外野手

来歴・人物[編集]

徳島商業高校では、2年生の時、遊撃手として1958年夏の甲子園へ出場[1]。1年上のエース板東英二(のち中日)が好投し、決勝に進むが柳井高に敗れ、準優勝にとどまった[2]。他のチームメートに外野手広野翼(のち阪急)、一塁手大野守(のち近鉄)がいた。翌年は投手として活躍するが、甲子園には届かなかった。

1960年近鉄バファローへ入団[1]。内野手に転向し、1961年に一軍に定着、内野のユーティリティプレイヤーとして32試合に先発出場を果たす。しかし打撃面が弱く、翌1962年は投手として3試合に登板するが、結果を残せなかった。

1962年オフに大毎オリオンズへ移籍し、控え内野手として起用される。1964年に外野手へ転向[1]1967年には準レギュラーとなり自己最多の93試合に出場する。しかし1969年には出場機会がなくなり、同年限りで引退した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 近鉄 48 123 117 10 21 4 0 0 25 2 0 0 3 0 3 0 0 29 0 .179 .200 .214 .414
1962 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1963 大毎
東京
28 39 37 2 4 2 0 1 9 3 0 0 1 0 1 0 0 10 0 .108 .132 .243 .375
1964 25 10 9 4 2 0 0 1 5 1 3 0 1 0 0 0 0 1 0 .222 .222 .556 .778
1965 13 7 6 2 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1966 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1967 93 54 48 13 9 3 0 3 21 5 5 1 3 0 3 0 0 11 1 .188 .235 .438 .673
1968 91 38 34 8 9 1 0 0 10 5 4 1 1 0 3 0 0 13 0 .265 .324 .294 .618
通算:8年 305 272 252 39 45 10 0 5 70 16 13 2 10 0 10 0 0 65 1 .179 .210 .278 .488
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 近鉄 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 23 5.0 7 0 2 0 0 5 0 0 3 2 3.60 1.80
通算:1年 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 23 5.0 7 0 2 0 0 5 0 0 3 2 3.60 1.80

背番号[編集]

  • 33 (1960年 - 1962年)
  • 10 (1963年)
  • 36 (1964年 - 1969年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、100ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年