北属期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北属期ベトナム語: Bắc thuộc / 北屬)とは、北ベトナム最初の統一王朝である呉朝が建国されるまでの間、ベトナムが中国の諸王朝に服属していた時期である。

一般的に、前漢武帝交阯郡九真郡日南郡の三郡を北ベトナムに設置した紀元前111年から、呉権(ゴ・クエン)が呉朝を建国した939年までの時期を指すが、趙佗が建国した南越が北ベトナムを支配した紀元前2世紀を始まりとする場合もある[1]。北属期は第1期(紀元前111年 - 紀元39年)、第2期(44年 - 544年)、第3期(548年 - 939年)の3つの時期に分けられる[2]。ベトナム人にとっては屈辱的な時代と捉えられており[1][3]、ベトナムで編纂された史書においては「外記」「前編」といった、真正の国史が始まる前の前段階として扱われている[3]。従前は、ベトナムは中国の支配下で多くの文物を吸収し、中国化が進行する中で独立を達成した時代と考えられていた[4]。これに対して、独立の初期までは他の東南アジア地域と同じようにベトナムにも独自の社会が存在していたとする意見も出されている[4]

中国の支配領域は平野部に限定され、山岳地帯にはムオン族タイ族などの漢化が及んでいない民族が居住していたと考えられている[1]

文献史料が乏しく、考古学的資料の発見による解明が待たれている時代である[3]。文献史料としては、ベトナムで編纂された史書のほかに中国で編纂された正史に収録されている士燮らベトナムの統治者の列伝、『水経注』などの中国の地理書[5]が挙げられる。

発掘調査によって、北属期前の南越の支配制度が及んでいた範囲、龍編(ロンビエン)などの後漢以降の行政の拠点と比定される遺構、ハノイ安南都護府時代の遺跡などが確認されている[1]

第一次北属期[編集]

紀元前2世紀ごろ、南越が北ベトナムに存在していた甌雒を併合する。

紀元前111年に南越は漢の攻撃を受けて滅亡する。漢は北ベトナムに設置した交阯郡、九真郡、日南郡と、現在の中国に属する6つの郡を合わせて交州を設置した。

南越は漢と同様の中国人の国家であるが、

  1. ベトナムには代理の総督を置いて土着の封建勢力に統治を委任する間接統治を実施していたこと
  2. 南越が間接的に支配していた甌雒は、「国家」に相当するか、原始的な村落の集合体ではないのか
  3. 中国を覇権国家とみなし、覇権主義をとった漢の支配を中国支配の始まりとするべきか

ベトナム人が南越の統治時代をベトナム史に含めて北属期から除外することがあるのは、上記3点、加えて漢の攻撃に抵抗した南越への共感に基づくと考えられている[6]

支配当初、漢はベトナムに存在していた貉侯、貉将という組織を利用して統治を行っていたが、やがて漢の行政制度を適用するようになり、中央に任命された刺史、刺史の下にある太守が統治を行った[7][8][9]。だが、漢は在地の人間に封土を与え、統治を委任した地域も依然として存在していた[7][8]

中国の統治下に置かれた北ベトナムには、南海の富貴を求める中国の官吏、商人が移住した[10]。移住した官僚とその子孫は次第に土着化していき、在地の封建勢力と共に支配階級を構成する[11]。中国から派遣された統治者の中には寛大な政治を行って民衆から慕われた者もいたが、苛烈な搾取を行う官僚が多く、中国人の支配に対する反感は強くなっていった[12]

王莽の簒奪と同じ時期に交阯郡の太守を務めた錫光(チ・クァン)は中国文化の普及を進め、儒教をベトナムに導入したと言われている[13]。錫光は中央の混乱を避けてベトナムに逃れた官吏と学者たちを受け入れ、彼らの進言に従って学校を建設し、漢と似た行政制度を導入した[13]

40年ハノイ西の土着の首長の娘である徴姉妹(ハイ・バー・チュン)が、後漢の統治に対して反乱を起こす。徴姉妹の反乱は強権的な漢の港市である交阯郡に対する紅河デルタ土着の農耕民の反発であり、漢統治前からベトナムにあったドンソン文化の漢文化への抵抗が背景にあったと考えられている[10]42年に後漢の将軍・馬援によって反乱は鎮圧され、馬援の元で紅河デルタと広西を結ぶ陸路、紅河雲南を結ぶ水路が建設された[10]。馬援の元で土着の貉将の土地は再編され、抵抗する貉将たちは中部ゲアンまで漢軍の追撃を受け、3,000-5,000人のベトナム兵が斬殺された[14]。徴姉妹の反乱の後に貉将制度は廃止され、交州に県制度が導入された[15]。貉将に代わって、遠征に随行した漢人や漢人を祖先に持つ人間が行政に携わるようになり、漢の直接支配が確立された[16]44年、反乱の平定を終えた馬援は漢に帰国した。

ベトナムの民衆は漢から課せられた重税と労役、同化政策に苦しめられたが、同時に漢から導入した農工業の技術により、ベトナムの産業はより発達した[17][18]

第二次北属期[編集]

漢の支配下で中央から交州に派遣された刺史、太守の苛斂誅求に対してベトナム人は反乱を起こし、軍事拠点や漢の皇帝の私有地を攻撃した[19]

159年161年に天竺国の使者が日南郡を訪問、166年には大秦国王安敦(ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌス)の使いを名乗る人物が南海の産物を携えて日南に来航した[20]。漢の政治勢力の拡大、南海の特産物の需要の高まりに伴い、ベトナム中部の在地勢力の独立の意識も強くなっていった[20]192年ごろ、日南で区連が王を称して自立し、林邑(チャンパ王国)が建国される[21]。漢代には最大でダナンまで中国の支配が広がっていた可能性もあるが、林邑の建国後、中国の支配領域は北に後退していった[1]

184年にベトナムの民衆が刺史・周敞を殺害し、朝廷に刺史の暴政を訴え出る事件が起きる[22][23]。中央から新たな刺史として派遣された賈琮は減税を実施し、賈琮の次の刺史には交州出身者である李進が任命される[22]

紅河デルタ、広東では在地の中国人の独立した政権を求める機運が高まり、184年ごろに後漢から交阯郡太守に任ぜられた士燮(シー・ニエップ)は、北ベトナムに事実上独立した政権を樹立する[24]。士燮は南海の特産品を独占し、真珠ヒスイ、ガラス玉、タイマイなどをに献上した[25]226年に士燮が没した後、呉は交阯を支配下に収める。呉は士燮の支配地を広州と交州に二分し、中国とベトナム、東南アジアと東アジアの行政的な境界が確立された[26]。士燮の死後に交州は衰退、戸数は減少し[27]、交州の中心地は羸𨻻(ルイロウ)から龍編(ロンビエン)に移った[28]

248年、九真(タインホア)で趙氏貞(チェウ・ティ・チン、趙嫗)が呉に対して反乱を起こし、反乱にはベトナム人と漢人の両方が参加していたが、数か月で鎮圧される[29]。趙氏貞の反乱は、貉将によるベトナム土着の封建支配者層による最後の反乱となった[30]

541年、南朝のが任命した刺史の圧政に対して李賁(リ・ビ)が反乱を起こし、刺史を広州に追放する。李賁は北ベトナムの混乱に乗じた林邑の侵攻を撃退し、544年に龍編(ロンビエン)を都に定めて皇帝を称した[31]。梁から楊瞟、陳霸先らが討伐軍として派遣され[32]、李賁はゲリラ戦術で抵抗するが[33]548年に李賁は没し、彼の配下の将軍が後継者の地位を巡って互いに争った[33]。趙光復(チェウ・クアン・フク)、李仏子(リ・ファト・トゥー)らが王を名乗って南朝、に抵抗するが、603年に隋によって反乱は鎮圧される。

第三次北属期[編集]

呉権

隋の元で北ベトナムの行政区画の再編が実施され、従前の交趾の都城である龍編に代わり、東南アジアと中国両方と水路で結ばれている宋平(トンピン、現在のハノイ)を新たな都城に定められた[34]604年に交州総管府が設置、679年に海上交易の拠点である交州の振興のため[35]によって安南都護府が設置された。唐の支配下では、安南都護府は南海の特産品を中国にもたらす拠点として機能する[34]

687年に都護府が実施した税金の増額に対し、李嗣先(リー・トゥ・ティエン)と丁建(ディン・キエン)らが反乱を指導し、都護を殺害した[36]722年梅叔鸞(マイ・トゥック・ロアン)がホアンチャウ(現在のゲアン省)で反乱を起こし、梅黒帝を自称した。チャンパ、クメール王朝の支援を受けた梅叔鸞の反乱は大規模なものになるが[36]、同年に反乱は鎮圧される[37]8世紀半ばから都護府はシャイレーンドラ、チャンパの襲撃を受けて軍備が増強され[38]、軍備の増強に関わる負担は現地の人間に重くのしかかった[39]

766年に馮興(フゥン・フン)と馮駭(フゥン・ハイ)の兄弟が反乱を起こし、羅城に入城した馮興は都君(ドクァン)を自称した。790年に馮興が没した後、彼の長子である馮安(フゥン・アン)が跡を継ぐが、馮安は唐の説得を受けて羅城を明け渡した[40]

846年に雲南の南詔が北ベトナムに進出し、862年に都護府は南詔の占領下に入る。865年に安南都護計略使・高駢中国語版(カオ・ビエン)による北ベトナム奪回が開始され、翌866年に交趾の大羅城が唐の支配下に戻る。高駢は大羅の再建にあたって城壁を強化し、城壁が取り囲む範囲は後代のハノイの中心地域とほぼ一致する[41]。高駢の統治下でベトナムの民衆は唐に恭順し、高駢は9年の任期を終えて帰国した[42]

880年節度使の曾袞が城府から追放される。

907年に唐が滅亡、唐の没落は中国の支配が終結する転機となる[43]

906年にこれまでベトナムに派遣された中国人に代わり、在地の土豪である曲承裕(クック・トゥア・ズー)が初めて節度使となった[44]。唐に曲氏を抑える力は既に無く、曲氏の政権はベトナムに独自の行政区画を制定し、戸籍を作成する[45]。曲氏は政権を安定させるにあたって唐の制度の踏襲を志向し、唐滅亡後に成立した後梁に使節を送り、節度使を名乗る許可を得た[46]。曲氏の政権下でベトナムは一時的に平穏を取り戻し、唐の文物が取り入れられて仏教と道教が広まった[46]923年に曲氏の政権は広州に成立した南漢の攻撃を受けて壊滅するが、931年に曲氏に仕えていた楊廷芸(ズオン・ディエン・ゲ)が南漢軍を破り、節度使を自称する。楊廷芸は部下の矯公羨によって暗殺されるが、938年に楊廷芸の部下であった呉権が白藤江の戦いで南漢軍に勝利し、翌939年に王を称した。

文化的影響[編集]

北属期はベトナムにとって屈辱的な時代である反面、文明化が進行した時代でもある[3]

中国王朝の制度や文物がベトナムに輸入され、現地の人間の漢化、北ベトナムに移住した漢人の土着化が進行したと考えられている[1]。この時期のベトナムは一時的に南海交易の拠点として繁栄し、2-3世紀頃までには仏教が伝わった[1]道教はベトナムの土着信仰に溶け込んで受容され、唐はベトナムの支配にあたって道教を利用した[47]。だが、中国の王朝によって進められた同化政策は、村落の中にまでは浸透しなかった[43][48]

中国の統治者のうち、錫光、任延(ナン・ジェン)、士燮、杜慧度(ド・チュエ・ド)らは、ベトナムの社会と文化に変革をもたらした人物として名前が挙げられている[49]。漢の支配下では漢人の移住と並行して漢語と漢字のベトナムへの普及が進められ[50]、ある中世のベトナムの史家は士燮によってベトナムに漢字が導入されたと述べている[13]。しかし、実際は士燮が北ベトナムを統治するより前から、漢字はベトナムに伝わっていたとする意見が優勢である[13]

だが中国の統治下においてもベトナム土着の文化は生き残っており、第二次北属期のルイロウ城ではベトナム独自のドンソン型銅鼓を作る集団と中国系の青銅器を作る集団が共存、あるいは同じ集団が2種類の器物を製造していたと考えられている[28]

脚注[編集]

Dien Thai Hoa.jpg
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
北属期
南越統治)
徴姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国
  1. ^ a b c d e f g 西村「北属期」『新版 東南アジアを知る事典』、413頁
  2. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、33-34頁
  3. ^ a b c d 宇野「北属期」『ベトナムの事典』、317-318頁
  4. ^ a b 石澤「東南アジア世界」『南アジア世界・東南アジア世界の形成と展開』、70頁
  5. ^ 西村昌也「北部ヴェトナム銅鼓をめぐる民族史的視点からの理解」『東南アジア研究』46巻1号収録(京都大学東南アジア研究センター, 2008年6月)、9頁
  6. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、32-33頁
  7. ^ a b 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、34頁
  8. ^ a b 『ベトナム』1、30頁
  9. ^ ファン・ゴク・リエン『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』、71頁
  10. ^ a b c 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、44頁
  11. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、38頁
  12. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、37-39頁
  13. ^ a b c d 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、36頁
  14. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、44-45頁
  15. ^ 『ベトナム』1、32頁
  16. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、45頁
  17. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、39-41頁
  18. ^ ファン・ゴク・リエン『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』、78-80頁
  19. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、46頁
  20. ^ a b 桜井「南海交易ネットワークの成立」『原史東南アジア世界』、121頁
  21. ^ 山形眞理子、桃木至朗「林邑と環王」『原史東南アジア世界』収録(岩波講座 東南アジア史1, 岩波書店, 2001年6月)、227頁
  22. ^ a b 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、47頁
  23. ^ 大越史記全書 外紀巻之三 属東漢紀
  24. ^ 桜井「南海交易ネットワークの成立」『原史東南アジア世界』、121,123頁
  25. ^ 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、44-45頁
  26. ^ 桜井「南海交易ネットワークの成立」『原史東南アジア世界』、124頁
  27. ^ 桜井「南海交易ネットワークの成立」『原史東南アジア世界』、129頁
  28. ^ a b 西村昌也「ルイロウ城 紀元後1000年紀前半の紅河デルタの城郭とその周辺」『東南アジア史学会会報』73巻収録(東南アジア学会, 2000年10月)、5-6頁
  29. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、45-46頁
  30. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、46頁
  31. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、47頁
  32. ^ ファン・ゴク・リエン『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』、89頁
  33. ^ a b 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、48頁
  34. ^ a b 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、45頁
  35. ^ 石澤「東南アジア世界」『南アジア世界・東南アジア世界の形成と展開』、101頁
  36. ^ a b 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、49頁
  37. ^ ファン・ゴク・リエン『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』、95頁
  38. ^ 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、46頁
  39. ^ 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、47頁
  40. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、50頁
  41. ^ 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、47-48頁
  42. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、52頁
  43. ^ a b 石澤、生田『東南アジアの伝統と発展』、192頁
  44. ^ 桜井「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』、48頁
  45. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、56頁
  46. ^ a b 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、57頁
  47. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、53頁
  48. ^ 『ベトナム』1、34頁
  49. ^ 小倉『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』、35-37頁
  50. ^ ファン・ゴク・リエン『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』、79頁

参考文献[編集]

  • 石澤良昭、生田滋『東南アジアの伝統と発展』(世界の歴史13, 中央公論社, 1998年12月)
  • 石澤良昭「東南アジア世界」『南アジア世界・東南アジア世界の形成と展開』収録(岩波講座世界歴史6, 岩波書店, 1999年7月)
  • 小倉貞男『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』(中公新書, 中央公論社, 1997年7月)
  • 宇野公一郎「北属期」『ベトナムの事典』収録(同朋舎、1999年6月)
  • 桜井由躬雄「紅河の世界」『東南アジア史1 大陸部』収録(石井米雄、桜井由躬雄編, 世界各国史, 山川出版社, 1999年12月)
  • 桜井由躬雄「南海交易ネットワークの成立」『原史東南アジア世界』収録(岩波講座 東南アジア史1, 岩波書店, 2001年6月)
  • 西村昌也「北属期」『新版 東南アジアを知る事典』収録(平凡社, 2008年6月)
  • ファン・ゴク・リエン監修『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』(今井昭夫監訳, 伊藤悦子、小川有子、坪井未来子訳, 世界の教科書シリーズ, 明石書店, 2008年8月)
  • ベトナム社会主義共和国教育省編『ベトナム』1(吉沢南、古田元夫訳, 世界の教科書=歴史, ほるぷ出版, 1985年8月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]