後陳朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後陳朝
後陳朝
胡朝 1407年 - 1414年
1427年-1428年
黎朝
公用語 ベトナム語
首都 清化(タインホア)
皇帝
xxxx年 - xxxx年 簡定帝
xxxx年 - xxxx年 陳暠
変遷
明の支配下での成立 1407年
一時滅亡 1414年
復古、独立 1427年
滅亡 1428年
Dien Thai Hoa.jpg
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
北属期
南越統治)
徴姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

後陳朝(ごちんちょう、ベトナム語: Nhà Hậu Trần / 家後陳)は、ベトナムを支配した王朝1407年 - 1414年1427年 - 1428年)。

経歴[編集]

成立への過程[編集]

1225年に成立した陳朝1400年に重臣の胡季犛に簒奪されて滅びた。胡季犛は諸改革を断行して国制を固めたが、簒奪と粛清を繰り返していたために国内では反乱分子も多かった。さらに永楽帝がベトナムへの南下政策を推し進めるにあたり、陳朝の復権とその一族の復位を求めると胡季犛はこれを拒絶。永楽帝は1407年に大軍をベトナムに侵攻させ(en:Ming–Hồ War)、胡季犛は多くの臣下に離反されて捕らえられて殺され、胡朝は滅びた。

以後、ベトナムは明の直接支配に入る。明はベトナムに対して過酷な搾取並びに極端に過ぎる同化政策を強要したため、ベトナム各地で反明の乱が発生した。このような中で陳朝の第9代皇帝芸宗の遺児であった陳頠は簡定帝と帝号を称して即位した。これが後陳朝の起源である。

反明運動と滅亡への道[編集]

簡定帝は反明の勢力を結集して明軍に抵抗する。明の圧倒的兵力・物量などもあって苦戦したが、家臣の鄧悉阮景真らの奮戦もあって遂に明軍を破った(陳頠の蜂起)。しかし簡定帝は鄧悉ら功臣の実力を恐れて彼らを誅殺してしまう。この暴挙に激怒した鄧容(鄧悉の子)や阮景異(阮景真の子)らは芸宗の孫で簡定帝の甥にあたる陳季拡(重光帝)を擁立し、簡定帝は上皇にして中枢から排除した。

しかし鄧悉ら名将の死は痛手であった。明軍は次第に攻勢を強めて1413年に鄧容らは明軍の前に順化州で敗れた(陳季拡の蜂起)。これにより陳軍は事実上壊滅し、重光帝は捕らえられて1414年に自害を余儀なくされ、後陳朝は一時滅亡する。

その後、ベトナムでは黎利という英雄が現れる。彼は1418年に平定王と称して反明の兵を挙げた。1424年に明の永楽帝が死去したことにも助けられて明軍に連戦連勝。明では永楽帝崩御の翌年に後継者の洪熙帝が亡くなるなどの国内事情もあって次第にベトナム支配は弱体化していき、1427年には遂に明軍はベトナムから撤兵することを余儀なくされた。

こうしてベトナムの実質的支配者となった黎利であるが、陳朝の皇族である陳暠を擁立して、自らは影の実力者となった。ただしこれは王朝創設の時間稼ぎだったと考えられ、1428年に陳暠を殺害した黎利は太祖として後黎朝を開設し、後陳朝は完全に滅んだ。

胡朝と同じく3代8年の短命王朝であったが、歴代皇帝の全てが傀儡でしかなく、政権自体も支配力の弱い亡命政権の態が強かった。

後陳朝の元号[編集]

歴代皇帝[編集]

  1. 簡定帝 陳頠
  2. 重光帝 陳季拡
  3. 陳暠

関連文献[編集]