鄭主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dien Thai Hoa.jpg
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
北属期
南越統治)
徴姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

鄭主ベトナム語: Chúa Trịnh / 主鄭1545年1787年)はベトナム後黎朝時代、名目上の皇帝を奉じたまま北部で政治の実権を握った鄭氏一族(東京鄭氏)の呼称。同時期、南部には事実上の独立国「広南国」を築いた阮主(広南阮氏)がおり、両者の200年近くの抗争を「鄭阮紛争」と呼ぶ。

飾り物の皇室を奉じたまま政権を握った鄭主の支配は「ベトナムにおける将軍制度」と評された[1]

名称・用語[編集]

鄭主に対する呼称としては他に「鄭氏政権」「東京鄭氏」。治めた領域については、当時の公式文章で「北河」「北河国」、中国からは「交趾国」、日本からは「東京国」、ヨーロッパからは「トンキン」と呼ばれた。

当初、黎朝の貴族であった東京鄭氏と広南阮氏の両者は同盟を組み、後黎朝を簒奪した莫朝と戦っていた。その時代を「南朝北朝(Nam triều Bắc triều」(または南北朝時代)と呼ぶ。莫朝が首都を放棄し地方に退いた後、東京鄭氏と広南阮氏が相争った分裂時代を「鄭阮紛争(Trịnh Nguyễn phân tranh」と呼ぶ[2]

歴史[編集]

鄭氏の起こり[編集]

鄭氏の氏祖は、後黎朝の初代皇帝である黎利(レ・ロイ)の友人でありよき助言者でもあった鄭可英語版に始まる。黎利の死後、鄭氏は黎太宗黎仁宗と続いた幼年皇帝の背後で権力をふるった。偉大な皇帝であった第5代淳皇帝・黎聖宗(レ・タイン・トン)の治世下においても大将軍を輩している。

莫登庸による黎朝の簒奪[編集]

1540年ごろのベトナム。ピンクは莫朝、黄色は鄭阮同盟、黄緑はチャンパ王国

黎聖宗の没後、後黎朝の帝室は弱体化し、1516年の9代皇帝・襄翼帝の死後に権臣の莫登庸が権力を掌握した。1520年、後黎朝の重臣であった鄭氏と阮氏は莫登庸の野望を恐れ、まだ若い11代皇帝の神皇帝・黎椅(黎昭宗)を保護し首都の東京(ドンキン、現在のハノイ)を離れ、清化(タインホア)に逃れた。これが南北朝時代の始まりとなった。鄭氏と阮氏の代々の根拠地であった清化が戦場となった数年の戦いのあと、黎椅は莫登庸の手のものによって暗殺された。しばらく後に鄭氏・阮氏の指導者も処刑された。しかしながら、これはほんの序幕にすぎなかった。莫登庸が1527年に、彼の操り人形であった恭皇帝・黎椿から帝位を簒奪し、新王朝・莫朝を開いたからである。

数ヶ月もまたずに鄭氏と阮氏の残党は清化で再び軍を起こし、莫氏への反旗を明らかにした。この2度目の乱の指導者は阮淦であり、彼は鄭氏の新しい棟梁である鄭検を娘婿としていた。5年のうちに紅河の南側は鄭阮同盟の支配するところとなったが、東京を攻略することはできなかった。

1533年、阮淦と鄭検は黎椅の子である黎寧を探し出し、裕皇帝・黎荘宗としてラオスで即位させ、また王朝へ莫登庸の簒奪について訴えるなどの外交工作を行った[3]。明は莫登庸の簒奪を不正義であると認めたが、莫登庸がすぐに降伏し臣下の礼を尽くしたためにこれを赦し、莫登庸を安南都統使に封じ世襲を認めた[3]。鄭阮同盟は当然これを受け入れなかったが、明もそれ以上介入する気はなく、また戦乱は続いた。莫登庸は1542年に死去したが、莫朝はすでに莫登庸の孫の莫福海の代になっていた。

鄭氏の政権掌握と阮氏の追放[編集]

1545年、阮淦は莫氏の降将・楊執一の手によって毒殺された。鄭検はこの機会を逃さずに鄭阮同盟の主導権を握った。阮淦には若いふたりの息子がいたが、長男の阮汪は鄭検に殺され、次男の阮潢は順化(現在のフエ)に追放された。しかしこれにより阮潢は南部の支配権を握ることになった。阮潢の55年にわたる南部統治は、その後さらに150年続く阮氏による南部支配を決定づけた。1570年、鄭検が死ぬと長男の鄭檜英語版が後を継いだが、莫朝との戦いの敗北と悪政で権威が失墜したため、次男の鄭松が兄の地位を奪い莫朝を撃退した。鄭松は極めて活発な指導者で、1572年には莫朝から東京を奪回した。翌年には莫朝が東京を奪回したものの、20年にわたって小競り合いが続く間に莫朝は弱体化した。

1592年、鄭松はふたたび東京を奪還し、このときに莫朝五代皇帝の英祖・莫茂洽を捕らえ処刑した。この後数年にわたって莫朝は敗北を続け、その後高平(現在のカオバン省)に逃れ、明とそれに続くの保護のもとに1677年まで地方政権として存続した。阮潢は北部の戦いで鄭氏に協力しながら、独立的な統治のもとで南部をますます安定させていき、まるで南部の王のようになっていった(広南国)。鄭氏にとってこの阮氏の動きは看過できないものとなっていった。しかし阮氏にとっては、鄭氏による朝廷の私物化こそが看過できないものとなっていた。

鄭阮紛争[編集]

1640年の勢力図。ピンクは莫朝、灰色は鄭氏、黄色は阮氏。橙色は後黎朝に反抗し6代に亘り独立勢力を維持した裒主中国語版、緑はチャンパ王国

1620年、淵皇帝・黎神宗が即位すると、阮氏の当主・阮福源(仁国公)は、東都(ドンドー、かつての東京)への税の仕送りを拒否した。1623年に鄭松が子の鄭椿の反乱により没した後、鄭氏と阮氏の間では5年にわたって政治交渉が繰り広げられたが、1627年についに戦争が勃発した。鄭主のほうが領土・人口で勝ってはいたが、阮氏のほうに分があった。まず第一に、広南阮氏はほぼ防御に徹し、北への遠征を行わなかった。第二に、阮氏はヨーロッパ勢力、とくにポルトガル人との交流に強みを持っていたため、西欧の技術者の力を借りて砲などの近代兵器を生産することができた。第三に、地勢が阮氏に味方した。阮氏の領域と鄭氏の領域の境であるベトナム中北部は山脈が海に迫る狭隘な土地で守るに易かったからである。

鄭氏による最初の4ヶ月の攻勢のあと、阮氏は日麗川(ニャッレー川、現在のドンホイ周辺)と香川(フォーン川、現在のフエ中心部)の間の二箇所に、海から山岳地帯まで続く高さ6メートル・幅10kmに及ぶ堅固な防壁を築いた。阮氏は1631年から1673年の間に、この防壁によって鄭氏の攻撃を幾度も撃退した。鄭柞英語版阮福瀕英語版の時代に平和条約が結ばれたが、この休戦が更なる100年の分裂時代を決定づけた。

鄭阮紛争時代の鄭主[編集]

鄭氏は、黎朝帝室の派閥を利用し合理的な統治を行ったが、自らの都合のいいように皇帝を選びまた交代させた。クメール王国シャムと頻繁に干戈を交え、また政略結婚を行った阮氏と異なり、鄭氏は近隣諸国と平和的な関係を築くことに努めたが、1694年にはラオスの複数の党派をめぐる戦争が起き、シャムとともに戦乱に巻き込まれた。10年の後、ラオスはベトナム、シャム両者に隷属する3つの王朝(ヴィエンチャン王国ルアンパバーン王国チャンパーサック王国)による不安定な平和に辿り着いた。

鄭根とその子の鄭棡英語版は多くの政治改革を行ったが、これらの改革は政権を強固にする代償として民衆の負担を増すことになり、民衆の不満は増大していった。酒食に耽った鄭杠英語版の無能な統治の間に、民衆の蜂起が頻繁に起こるようになっていった。主な問題は農地不足であったが、鄭杠の政治はますます状況を悪化させていったため、重臣によるクーデターにより弟の鄭楹が継承者となった。鄭楹は謙虚な人物であったが、治世は農民反乱の鎮圧と、地方に跋扈する匪賊の討伐に明け暮れることになった。

西山党の乱[編集]

17世紀のベトナムの軍船

分裂時代の終わりを告げたのは、1771年に阮氏の領土で起きた西山党による農民反乱であった。鄭森はこの乱を、阮氏を滅ぼして南部を平定する機会と捉えた。その頃の阮氏は、わずか12歳の(阮福淳)を当主に据えていたが、真の支配者は摂政の張福鸞であった。1774年、鄭氏は張福鸞の悪政を糺すことを口実に軍を南に進めた。鄭森の率いる軍は1775年の初めには阮氏の首都・富春(現在のフエ)を征服。更に南を伺ったが西山党に阻まれ、いくつかの小戦闘の後に西山党と休戦した。

この休戦は、西山党が阮氏の残りの領土を征服することの助けになった。阮氏の一部は嘉定(現在のホーチミン市)まで逃れたが、嘉定も1776年に西山党の軍に攻略され、阮氏の当主一族はシャムに逃げ延びた阮福暎を除いて滅亡した。しかし西山党は鄭氏に隷属するつもりはなく、南部を平定し力を蓄えた10年後、1786年に西山党の指導者のひとり、阮恵(グエン・フエ;広南阮氏とは無関係)は大軍をもって北部に侵攻した。しかし、1782年の鄭森の死後、鄭氏の政権は権力闘争による致命的な分裂を起こしており、兵士も強勢を誇る阮恵の軍隊と戦うことを拒否した。新たに指導者となった鄭楷は反抗的な自分の軍から逃れる途中で農民軍に囚われ、自殺した。

鄭主の滅亡[編集]

1786年7月、阮恵が昇龍(現在のハノイ)に入城すると鄭氏の軍は散り散りに敗走した。黎朝皇帝は阮恵を元帥に任じ王女を娶らせたが、阮恵はこれを軽んじて昇龍を放棄した。その後、西山党の阮文岳が歸仁(現在のクイニョン)で皇帝を名乗ると、黎朝最後の皇帝、昭統帝は中国(清朝)に逃れ、乾隆帝に援助を求めた。清朝は後黎朝の復興を名目に大軍を送り、1788年に昇龍(現在のハノイ)を征服したため、最後の鄭氏当主・鄭槰英語版が事実上の支配者となったが、これは短命に終わった。再度北上した阮恵の軍が、かつて黎朝初代皇帝の黎利を相手に行ったように、清軍を粉砕したからである(ドンダーの戦い)。清軍は撤退し、後黎朝帝室と鄭氏の一族は清に亡命した。

世界との関係[編集]

1760年にオランダで印刷されたインドシナの地図
  • フランスとの関係
1620年、フランスイエズス会士、アレクサンドル・ドゥ・ロードが鄭氏の治めるベトナム北部に渡来し、フランスとベトナムを結ぶ重要人物となった。彼は多くの翻訳を行い、ラテン文字を使用してベトナム語を書くための方法(クオック・グー)を確立し、いくつもの教会を建てた。しかし1630年に新たな当主となった鄭梉英語版は、ベトナム社会に悪影響を及ぼすとしてロードを国外追放に処した。この時より鄭氏はベトナムからキリスト教の影響を払拭するよう試みるようになり、ある程度の成功をおさめた。
  • その他ヨーロッパ諸国との関係
阮氏がポルトガル製のカノン砲で防壁を守った時、鄭氏も洋式の兵器を求めオランダと接触を試みた。オランダは鄭氏にさらに優れたカノン砲を売りこもうとしており、オランダのほか後にドイツ人もハノイに交易所を設置した。オランダの貿易は当初は黒字であったが、1673年に戦争が休戦を迎えると兵器の需要は急速に落ち込み、1700年にオランダとイギリスの交易所は閉鎖された。
  • 中国との関係
明王朝清王朝に関しては極めて慎重な態度をとり、明の遺臣に好意的で多くの移民を受け入れた阮氏とは対照的だった。

歴代の鄭主[編集]

黎朝後期の皇帝一覧も参照。

  • 鄭検 - 1503年-1570年(在位1545年–1570年)。初代鄭主。三代の傀儡皇帝(裕皇帝・黎荘宗、武皇帝・黎中宗、峻皇帝・黎英宗)のもとで統治した。
  • 鄭檜ベトナム語版 - ?年 - 1584年(在位1569年–1570年)。鄭検の長子。莫氏に敗北し、弟の鄭松に取って代わられた。
  • 鄭松 - 1550年−1623年(在位1570年–1623年)。最も活発な成功を修めた君主。三代の皇帝(毅皇帝・黎世宗、福恵皇帝・黎敬宗、淵皇帝・黎神宗)のもとで統治した。
  • 鄭梉ベトナム語版 - 1577年–1654年(在位1623年–1657年)。二代の皇帝(順皇帝・黎真宗、淵皇帝・黎神宗重祚)のもとで統治した。
  • 鄭柞ベトナム語版 - 1606年-1682年(在位1657年–1682年)。三代の皇帝(穆皇帝・黎玄宗、美皇帝・黎嘉宗、章皇帝・黎熙宗)のもとで統治した。
  • 鄭根 - 1633年-1709年(在位1682年–1709年)。定南王と称した。
  • 鄭棡ベトナム語版 - 1686年-1729年(在位1709年–1729)。安都王と称した。二代の皇帝(和皇帝・黎裕宗、後廃帝・昏徳公)のもとで統治した。
  • 鄭杠ベトナム語版 - 1711年-1762年(在位1729年–1740年)。威南王と称した。二代の皇帝(簡皇帝・黎純宗、徽皇帝・黎懿宗)のもとで統治したが、指導力は弱かった。
  • 鄭楹 - 1720年-1767年(在位1740年–1767年)。明都王と称した。永皇帝・黎顕宗のもとで統治した。
  • 鄭森 - 1739年-1782年(在位1767年–1782年)。靖都王と称した。永皇帝・黎顕宗のもとで統治した。
  • 鄭檊ベトナム語版 - 1777年-1782年(在位1782年9月-10月)。奠都王、のちに恭国公とされた。乱により異母兄弟の鄭楷に取って代わられた。
  • 鄭楷 - 1763年-1786年(在位1782年–1786年)。端南王と称した。
  • 鄭槰ベトナム語版 - ?年-1791年(在位1786年–1787年)。晏都王と称した。

参考文献[編集]

小倉貞男. 物語ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム. 中公新書. ISBN 4-12-101372-7. 

出典[編集]

  1. ^ Chapuis, Oscar. A History of Vietnam: From Hong Bang to Tự Đức. Greenwood Publishing Group, 1995. p119ff. [1]
  2. ^ Trần Trọng Kim. Việt Nam Sử Lược. p. 107. 
  3. ^ a b 小倉貞男. 物語ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム. 中公新書. p. 174. ISBN 4-12-101372-7.