阮淦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阮淦
各種表記
クォック・グー Nguyễn Kim
漢字チュノム 阮淦
北部発音: グェン・キム
音読み げん かん
テンプレートを表示

阮淦(げん かん、光順9年(1468年) - 元和13年(1545年))は、後黎朝大越の権臣。阮文溜の長男。

生涯[編集]

統元6年(1527年)、莫登庸恭皇を退位させて帝位を簒奪すると、阮淦は哀牢に逃げ込んだ。昭宗の子の黎寧を迎えて皇帝として擁立(荘宗)し、黎朝を復活させた。哀牢王乍斗の援助を受けて、岑州を拠点に黎朝の勢力を回復させた。また将軍の鄭検を婿とした。

元和13年(1545年)、莫朝からの降将の楊執一に毒殺された。享年73。昭勲輔哲靖公号を贈られた。後に恵哲顕佑宏休済世偉績昭勲靖王と改諡され、阮福濶の代に貽謀垂裕欽恭恵哲顕佑宏休済世偉績昭勲靖王と改められた。

かれの子孫の阮福暎阮朝を建国すると、嘉隆5年(1806年)に、肇祖(Triệu Tổ)の廟号を贈られ、諡号は貽謀垂裕欽恭恵哲顕佑宏休済世啓運仁聖靖皇帝(Di Mưu Thùy Dụ Khâm Cung Huệ Triết Hiển Hựu Hoành Hưu Tế Thế Khải Vận Nhân Thánh Tĩnh Hoàng Đế)とされた。

子女[編集]

[編集]

  • 阮汪Nguyễn Uông、朗郡公)
  • Nguyễn Hoàng、勤義公)

[編集]

外部リンク[編集]