鄭検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鄭検
Trịnh Kiểm.png
諒国公鄭検(『鄭家正譜』より)
各種表記
クォック・グー Trịnh Kiểm
漢字チュノム 鄭検
北部発音: チン・キェム
テンプレートを表示

鄭検(チン・キェム[1]ベトナム語: Trịnh Kiểm景統6年8月24日1503年9月14日) - 正治13年2月18日1570年3月24日))は、後黎朝大越の権臣、東京鄭氏の初代当主。荘宗前廃帝中宗英宗の四代に仕えた。

生涯[編集]

元和13年(1545年)に舅の阮淦莫朝からの降将楊執一に暗殺されると、その軍権を引き継いだ。荘宗から都将・節制各処水歩諸営兼総内外平章軍国重事・太師・諒国公に封じられた。阮氏の持っていた権力をも奪い、阮淦の長男阮汪を殺害し、次男の順化に追放した。鄭検の執政期間、黎朝と莫朝の対立が続いた(南北朝時代)。

正治13年(1570年)に死去し、長男の鄭檜が後を継いだ。朝廷から忠勲王され、後に世祖廟号明康仁智武貞雄略太王の諡号を贈られた。

家族[編集]

  • 正室:阮氏玉宝Nguyễn Thị Ngọc Bảo、阮淦の娘)

参考リンク[編集]

先代:
東京鄭氏初代当主
1545年 - 1570年
次代:
鄭檜
  1. ^ 小倉貞男. 物語ヴェトナムの歴史 一億人のダイナミズム. 中公新書. p. 175. ISBN 4-12-101372-7.