根本敬 (ビルマ研究家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

根本 敬(ねもと けい、1957年7月28日 - )は、ビルマ[1]研究者、上智大学総合グローバル学部教授。専攻、ビルマ近現代史。

略歴[編集]

米国ワシントンD.C.生まれ。1980年国際基督教大学卒、東京都立富士森高等学校世界史教員。1983年国際基督教大学大学院に入り、1989年同比較文化研究科博士後期課程中退、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、1995年助教授、2005年教授、2007年4月より上智大学外国語学部教授を経て、2014年4月より上智大学総合グローバル学部教授。

著書[編集]

共編著・主な共著[編集]

  • 『写真記録東南アジア 歴史・戦争・日本 4 ビルマ(ミャンマー)・タイ』村嶋英治共編著 ほるぷ出版 1997年
  • 『暮らしがわかるアジア読本 ビルマ』田村克己共著 河出書房新社 1997年
  • 『海外・人づくりハンドブック 技術指導から生活・異文化体験まで ミャンマー』編著 住吉尚人ほか著 海外職業訓練協会 1998年
  • 『東南アジアの歴史 人・物・文化の交流史』桐山昇栗原浩英共著 有斐閣アルマ 2003年 世界に出会う各国=地域史
  • 『ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー田辺寿夫共著 角川oneテーマ21 2003年
  • 『アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題』田辺寿夫共著 角川oneテーマ21 2012年

脚注[編集]

  1. ^ 根本は、軍事独裁政権が要請する「ミャンマー」を用いず「ビルマ」で通しているので、本項もこれに従った。

参考文献[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年