タンロン遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯21度01分 東経105度50分 / 北緯21.017度 東経105.833度 / 21.017; 105.833


世界遺産 ハノイのタンロン皇城の中心区域
ベトナム
皇城の南門
皇城の南門
英名 Central Sector of the Imperial Citadel of Thang Long - Hanoi
仏名 La cité impériale de Thang Long-Hanoi
面積 18 ha (緩衝地域 108 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)(3)(4)
登録年 2010年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

タンロン遺跡 (ベトナム語: Di tích Hoàng Thành Thăng Long / 遺跡皇城昇龍)は、2003年からベトナムの首都、ハノイで発掘された遺跡群。タンロン(昇龍)はハノイの旧称。1010年から1804年までほぼ一貫してベトナム諸王朝がここに都を置いたため、各時代の遺跡が重なっているのが特徴である。2010年8月にユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

[ヘルプ]