ホイアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯15度52分38秒 東経108度19分33秒 / 北緯15.87722度 東経108.32583度 / 15.87722; 108.32583

ホイアン
Thành phố Hội An
會安
ベトナムの旗
PhoCoHoiAn.jpg
ホイアン
Hoi An logo.jpg
座標 : 北緯15度53分 東経108度20分 / 北緯15.883度 東経108.333度 / 15.883; 108.333
行政
ベトナムの旗 ベトナム
 省 クアンナム省
ホイアン
地理
面積  
  域 60km2(20mi2
人口
人口 (現在)
  域 121,716人
    人口密度   2,000人/km2(5,300人/mi2
その他
等時帯 UTC/GMT +7
世界遺産 ホイアンの古い町並み
ベトナム
ホイアンの町
ホイアンの町
英名 Hoi An Ancient Town
仏名 Vieille ville de Hoi An
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)(5)
登録年 1999年
備考 名称について
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ホイアンの位置
使用方法表示

ホイアンHội An: Hoi An, チュノム:會安)は、ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナンの南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町である。人口121,716人。ヨーロッパ人にはファイフォ (Faifo) と呼ばれたこともある。中国人街を中心に古い建築が残り、1999年平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコ世界遺産に登録されている。

概要[編集]

チャンパ王国時代からの古い港町で、16世紀にチャンパは南に後退し、フエ広南阮氏政権が樹立されるとその外港となった。ホイアンの名称はその頃に成立したと思われる。16世紀末以降、ポルトガル人、オランダ人、中国人日本人が来航し国際貿易港として繁栄した。1601年には広南阮氏は徳川家康に書簡を送って正式な国交を求め、江戸幕府との取り引きが急速に拡大した。約30年間にわたる朱印船貿易のうち、広南には71隻が入港した。ホイアンには大規模な日本人街中国人街が形成され、1623年にはオランダ東インド会社の商館も設けられるなど繁栄をみせたが、間もなく江戸幕府の鎖国により日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖された。17世紀後半、清朝鄭氏台湾との対立から遷界令が出されたことは、さらにこの地域の交易を停滞させ、一時期の繁栄は失われていった。1770年代には西山(タイソン)党の乱によって町は完全に破壊されたが、やがて再建され、19世紀まで繁栄した。しかし、ホイアンと海を結ぶトゥボン川に土砂が堆積して浅くなり、港の繁栄はダナンに移った。

一方で、街並みは残され、ベトナム戦争時代に破壊されることもなく、現在に至るまで当時の繁栄ぶりを今に伝えている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

主な建築物[編集]

来遠橋(日本橋)
来遠橋(日本橋)
トゥボン川から見たホイアンの旧市街地
トゥボン川から見たホイアンの旧市街地
クアンコン寺
クアンコン寺
潮州会館
潮州会館
  • 来遠橋(日本橋) - 中国風の屋根付橋だが、1593年日本人が建設したと伝えられ、2万ドン札の裏側にも印刷されている。
  • 福建会館 - 1773年に建設された華人の会館
  • 広肇会館(広東会館) - 1786年に創建された広東系中国人の会館で、中華街の名残り。
  • 海南会館
  • 潮州会館
  • クアンコン寺(関帝廟
  • クアンタンの家(廣勝家、チャンフー通り77番の家) - 約380年前に建てられた中国家屋。
  • タンキーの家(進記家) - ベトナム文化省から、世界文化遺産登録前に「ベトナム社会主義共和国の国宝第1号」に指定された。
  • フーンフンの家(馮興家)


観光[編集]

交通[編集]

  • 最寄の空港ダナン国際空港である。2013年現在、日本からの定期直行便は無い。その為、日本から最速の行き方として、空路でハノイ市ノイバイ国際空港)若しくはホーチミン市タンソンニャット国際空港)から、ダナン国際空港行きの国内線(殆どがベトナム航空の国内線に乗る事になる)に乗り替える必要がある。ダナン国際空港到着口にて、メータータクシーが待機している。(ダナン国際空港には、路線バスの乗り入れ及びバス停・バイクタクシーは無い)メータータクシーにて約50分程度(目安の金額として約45万VND程度)そのほか、ダナン市内からツアー会社運営の乗り合いバス、公共交通の都市循環バス(イエローバス、7,000ドン)で行くことも可能である。
  • 陸路の場合はベトナム鉄道南北線(統一鉄道) - ダナン駅下車、若しくはハノイ市ホーチミン市他から長距離バスにて、ダナン市に入る方法がある。ダナンバスターミナルよりホイアン行きの黄色い塗装をしたバスに乗車、終点のホイアンバスターミナルまで乗車(7,000ドンなのだが、運転手によっては「外国人料金」と言って法外な値段を要求される事もあり、又、バス車内にて盗難に遭う可能性が高いので、出来れば避けた方が無難である。バイクタクシーは、事故に遭った際に、相手から補償が受けられないのが殆どであり、ハイリスクなので、乗車は避けた方が良い)。
  • ホイアン旧市街は、時間帯によって自動車及びバイク乗り入れが禁止されている。ホテルの場所によっては、ホイアンバスターミナルからホテルまでの移動に、徒歩シクロしか輸送手段が無い事もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ベトナムの世界遺産
World Heritage Sites in Viet Nam

文化遺産
フエの建造物群 | ホイアンの古い町並み | ミーソン聖域 | ハノイのタンロン皇城の中心区域 | 胡朝の城塞
自然遺産
ハロン湾 | フォンニャ=ケバン国立公園
世界遺産 | アジアの世界遺産 | ベトナムの世界遺産 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ベトナムの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。