ホイアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯15度52分38秒 東経108度19分33秒 / 北緯15.87722度 東経108.32583度 / 15.87722; 108.32583

ホイアン
Thành phố Hội An
城舖會安
ベトナムの旗
ホイアン旧市街地
ホイアン旧市街地
ホイアンの市章
愛称 : ホイアン
座標 : 北緯15度53分 東経108度20分 / 北緯15.883度 東経108.333度 / 15.883; 108.333
行政
ベトナムの旗 ベトナム
 省 クアンナム省
ホイアン
地理
面積  
  域 60 km2 (20 mi2)
人口
人口 (現在)
  域 121,716阮氏政権人
    人口密度   2,000人/km2(5,300人/mi2
その他
等時帯 UTC/GMT +7
世界遺産 ホイアンの古い町並み
ベトナム
ホイアンの来遠橋(日本橋)
ホイアンの来遠橋(日本橋)
英名 Hoi An Ancient Town
仏名 Vieille ville de Hoi An
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)(5)
登録年 1999年
備考 名称について
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ホイアンの位置
使用方法表示

ホイアンベトナム語: Hội An: Hoi An, チュノム:會安)とは、ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナン市の南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町である。人口121,716人。ヨーロッパ人にはファイフォ 、フェイフォ(Faifo) と呼ばれたこともある[1]。中国人街を中心に古い建築が残り、1999年平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。

概要[編集]

チャンパ王国時代からの古い港町で、16世紀にチャンパは南に後退し、フエ広南阮氏政権が樹立されると、その外港となった。ホイアンの名称はその頃に成立したと思われる。

16世紀末以降、ポルトガル人、オランダ人、中国人日本人が来航し国際貿易港として繁栄した。1601年には広南阮氏は、徳川家康書簡を送って正式な国交を求め、江戸幕府との取り引きが急速に拡大した。朱印状による約30年間にわたる朱印船貿易のうち、広南には71隻が入港した。ホイアンには大規模な日本人街中国人街が形成され、1623年にはオランダ東インド会社の商館も設けられるなど、繁栄を誇ったが、間もなく江戸幕府の鎖国により、日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖された。

17世紀後半、清朝鄭氏台湾との対立から遷界令が出されたことは、さらにこの地域の交易を停滞させ、一時期の繁栄は失われていった。1770年代には、西山(タイソン)党の乱によって、町は完全に破壊されたが、やがて再建され、19世紀まで繁栄した。しかし、ホイアンと南シナ海を結ぶトゥボン川に、土砂が堆積して川底が浅くなった結果、大型船の往来に支障を来たす事となり、国際貿易港としての繁栄は、ダナン港へと移行した。

一方で、街並みは残され、ベトナム戦争時代に破壊されることもなく、現在に至るまで当時の繁栄ぶりを今に伝えている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

主な建築物[編集]

  • 来遠橋(日本橋) - 幅3メートル、長さ18メートルの中国風の屋根付橋だが、1593年日本人が建設したと伝えられ、2万ドン札の裏側にも印刷されている。
  • 福建会館 - 1773年に建設された華人の会館
  • 広肇会館(広東会館) - 1786年に創建された広東系中国人の会館で、中華街の名残り。
  • 海南会館
  • 潮州会館
  • クアンコン寺(関帝廟
  • クアンタンの家(廣勝家、チャンフー通り77番の家) - 約380年前に建てられた中国家屋。
  • タンキーの家(進記家) - ベトナム文化省から、世界文化遺産登録前に「ベトナム社会主義共和国の国宝第1号」に指定された。
  • フーンフンの家(馮興家)

観光[編集]

  • クアダイ・ビーチ
  • アンバン・ビーチ
  • 来遠橋
  • 日本人墓地 

交通[編集]

日本との関係[編集]

朱印船貿易が盛んだった17世紀頃には日本人街があり、300人以上(1000人以上とも)の日本人が住んでいたと言われているが[3]、1633年の第一次鎖国令(5年以上海外に住んだ日本人の帰国禁止)、1635年の第三次鎖国令(東南アジアからの帰国禁止)などにより、徐々に日本人は撤退した。その後ホイアンでは大火があり、現在の街並みはすべて19世紀以降のものになっているため日本街の遺構は残っていない。日本人が造ったされる来遠橋(通称「日本橋」)も建築様式が日本のものと異なることから、後年架け直されたものと思われるが、1993年平成5年)から継続的に行なわれている昭和女子大学らの発掘調査により、橋のすぐ横から木杭や板材が見つかり、それが本来の日本橋の遺構ではないかと見られている[4]。発掘では、古伊万里焼の破片や日本独特の仏具である仏飯器なども出土した。ホイアン郊外には1647年に没した谷弥次郎兵衛の名が刻まれた日本人墓地昭和5年(1930年)に日本人によって修復されたもの)もある[3]。また、郷土料理の汁なし麺のカオラウ(Cao lầu)は日本の伊勢うどんが変化したものではないかとする説もあるが[5]、スープでなくタレをからめて食べる点の類似や、カオラウの漢字「高樓」が2階建て家屋があったとされる日本人街の通称「高樓」に由来するのではないかという推測からであり証拠はない。

参考文献[編集]

  • 『ホイアンの考古学調查: ベトナムの日本町』平井聖、昭和女子大学国際文化研究所, 1998
  • 『ベトナム日本町の考古学』菊池誠一、高志書院 (2004/01)
  • 『甦える安南染付―ホイアンの奇跡』岸良鉄英、里文出版 (2007/02)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 林芙美子の小説・浮雲では、「へイホ」の名で登場している
  2. ^ “ベトナム・ダナン、「ダナン越日文化交流フェスティバル2014」開催”. トラベルビジョン (トラベルビジョン). (2014年6月6日). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=61892 2014年6月26日閲覧。 
  3. ^ a b 『続吉備の国から: 地域への思いを込めて』高見茂、吉備人出版, 2008
  4. ^ ベトナム・古い町ホイアンと古い町ドンラム文化遺産国際協力コンソーシアム研究会、2007
  5. ^ 一度は味わってみたいベトナムのおすすめグルメAll About編集部、株式会社オールアバウト, 2014

関連項目[編集]

外部リンク[編集]