区連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

区連(おうれん、Sri Mara(區連、Qū Lián、Khu Liên)、生没年不詳)は、チャンパ王国(林邑国)の初代国王。『梁書』は「区達」に作る。『水経注』は「区逵」に作る。また、後漢永和2年(137年)に日南郡で乱を起こしたと記載される「区憐」を同一人物とする説もある。

中国の後漢末年、日南郡象林県の功曹の息子であったが、192年県令を殺して、林邑王を自称した。子が無かったため妻の甥に当たる范熊が王位を襲った。(ただし史料によっては、数代の後区連の血統が絶えて范熊が王となったとする。)

中国学者のスタンは、「区連」はkrumないしprumの音訳であり、「崑崙」などと同源であると主張する。しかし、後漢末の嶺南には区星、区景といった区姓の人物が頻出しており、「区」は純粋に氏姓である可能性がある。

先代:
-
チャンパ王の一覧
第一王朝初代:2世紀末頃
次代:
范熊