チャンパ王の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャンパ王の一覧(チャンパおうのいちらん)は、2世紀から15世紀にかけてベトナム中南部に存在したチャンパ王国の歴代国王の一覧である。

林邑国期(192-757)[編集]

第一王朝(192-336)[編集]

  1. 区連
  2. 范熊
  3. 范逸

第二王朝(336-420)[編集]

  1. 范文
  2. 范仏
  3. 范胡達
  4. 范敵真
  5. 范敵文

第三王朝(420-538)[編集]

  1. 范陽邁1世
  2. 范陽邁2世
  3. 范神成
  4. 范当根順
  5. 范諸農
  6. 范文款
  7. 范天凱(Devavarman)
  8. 范弼毳跋摩(Vijayavarman)

第四王朝(529-758)[編集]

  1. ルドラヴァルマン1世(Rudravarman I)
  2. 范梵志(Sambhuvarman)
  3. 范頭黎(Kanharpadharma)
  4. 范鎮龍(Bhasadharma)
  5. バドレスヴァラヴァルマン(Bhadresvaravarman)
  6. イサナヴァルマン(Isanavarman)
  7. ヴィクランタヴァルマン1世(Vikrantavarman I)
  8. ヴィクランタヴァルマン2世(Vikrantavarman II)
  9. ルドラヴァルマン2世(Rudravarman II)

環王国(757-859)[編集]

第五王朝(758-859)[編集]

  1. プリシンドラヴァルマン(Prithindravarman)
  2. サティヤヴァルマン(Satyavarman)
  3. インドラヴァルマン1世(Indravarman I)
  4. ハリヴァルマン1世(Harivarman I)
  5. ヴィクランタヴァルマン3世(Vikrantavarman III)

占城国期(860-1693)[編集]

第六王朝(860-900)[編集]

  1. インドラヴァルマン2世(Indravarman II)
  2. ジャヤ・シンハヴァルマン1世(Jaya Simhavarman I)

第七王朝(900-986)[編集]

  1. バトラヴァルマン2世(Bhadravarman II)
  2. インドラヴァルマン3世(Indravarman III)
  3. ジャヤ・インドラヴァルマン1世(Jaya Indravarman I)
  4. パラメスヴァラヴァルマン1世(Parameshvaravarman I)
  5. インドラヴァルマン4世(Indravarman IV)
  6. 劉継宗(Lieou Ki-Tsong)

第八王朝(989-1044)[編集]

  1. ハリヴァルマン2世(Harivarman II)
  2. シュリーヴィジャヤヴァルマン(Sri Vijayavarman)
  3. ハリヴァルマン3世(Harivarman III)
  4. パラメスヴァラヴァルマン2世(Parameshvaravarman II)
  5. ヴィクランタヴァルマン4世(Vikrantavarman IV)
  6. ジャヤ・シンハヴァルマン2世(Jaya Simhavarman II)

第九王朝(1044-1074)[編集]

  1. ジャヤ・パラメスヴァラヴァルマン1世(Jaya Parameshvaravarman I)
  2. バトラヴァルマン3世(Bhadravarman III)
  3. ルドラヴァルマン3世(Rudravarman III)

混乱期[編集]

第十王朝(1074-1139)[編集]

  1. ハリヴァルマン4世(Harivarman IV)
  2. ジャヤ・インドラヴァルマン2世(Jaya Indravarman II)
  3. パラマボディサトヴァルマン(Paramabhodhisatvarman、波羅摩菩提薩埵)
  4. ジャヤ・インドラヴァルマン2世(Jaya Indravarman II)(重祚)
  5. ハリヴァルマン5世(Harivarman V)

第十一王朝(1139-1145)[編集]

  1. ジャヤ・インドラヴァルマン3世(Jaya Indravarman III)

前第十二王朝(1145-1190)[編集]

  1. ルドラヴァルマン4世(Rudravarman IV)
  2. ジャヤ・ハリヴァルマン1世(Jaya Harivarman I)
  3. ジャヤ・ハリヴァルマン2世(Jaya Harivarman II)
  4. ジャヤ・インドラヴァルマン4世(Jaya Indravarman IV)

パーンドゥランガ(賓童龍国)(1190-1203)[編集]

  1. スルーヤヴァルマン(Suryavarman)

ヴィジャヤ(仏逝国)(1190-1192)[編集]

  1. スルーヤジャヤヴァルマン(Suryajayavarman)
  2. ジャヤ・インドラヴァルマン5世(Jaya Indravarman V)

1203年から1220年まで真臘の支配を受けた。

後第十二王朝(1220-1318)[編集]

  1. ジャヤ・パラメスヴァラヴァルマン2世(Jaya Parameshvaravarman II)
  2. ジャヤ・インドラヴァルマン6世(Jaya Indravarman VI)
  3. インドラヴァルマン5世(Indravarman V)

1281年から1289年まで元朝の支配を受けた。

  1. ジャヤ・シンハヴァルマン3世(Jaya Simhavarman III、制旻)
  2. ジャヤ・シンハヴァルマン4世(Jaya Simhavarman IV、制至)
  3. 制能(Jaya Simhavarman V)

第十三王朝(1318-1390)[編集]

  1. 制阿難(Jaya Ananda)
  2. 茶和布底(Mahasawa)
  3. 阿答阿者(Binasuor、制蓬峩)

第十四王朝(1390-1458)[編集]

  1. 羅皚(Simhavarman VI、闍勝)
  2. 巴的吏(Indravarman VI)
  3. 摩訶賁該
  4. 摩訶貴來
  5. 摩訶貴由

第十五王朝(1458-1471)[編集]

  1. 槃羅茶悦
  2. 槃羅茶全
  3. 槃羅茶遂

衰退期[編集]

1471-1696: 分割されていた

順城鎮としてベトナム帝国内の現在のビントゥアン省ニントゥアン省で自治権を持つ

1733-1734: 空位期

1782: 空位期

1832: ベトナムに統合される。

関連項目[編集]