制能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ジャヤ・シンハヴァルマン5世
जय आनंद ५
チャンパ王
在位 1312年 - 1318年

王朝 第12王朝
父親 ジャヤ・シンハヴァルマン3世
母親 タパシー
テンプレートを表示

ジャヤ・シンハヴァルマン5世サンスクリット語: जय सिंहवर्मन ५, ラテン文字転写: Jaya Siṃhavarman V, 生没年不詳)は、チャンパ王国占城国中国語版)第12王朝後期第6代(最後)の国王(在位:1312年 - 1318年[1])。『大越史記全書』では制陀阿婆粘ベトナム語: Chế Đà A Bà Niêm)および制能(せいのう、ベトナム語: Chế Năng)と記される。

生涯[編集]

ジャヤ・シンハヴァルマン4世の弟[2]1312年に兄王が大越からの侵攻を受けて捕らわれると、大越によって亜侯に封じられ[3]、王として擁立された[4]12月27日へ朝貢してを献じている。1313年冬にチャンパがシャム人に略奪されると、杜天率いる大越軍の救援を受けた[2]

1314年に大越で英宗明宗に譲位する[2]と、ジャヤ・シンハヴァルマン5世は大越への従属[4]からの自立を図ろうとして反攻の兵を挙げた[2]が、1318年陳国中国語版と李必見率いる大越軍の侵攻を招いた。緒戦で大越軍を打ち破って李必見を戦死させたが、大越が増派してきた范五老の軍によってチャンパ軍は大敗を喫した[2]。ジャヤ・シンハヴァルマン5世はジャワマレー語版へ救援を求めると称して逃亡[2]し、ルドラヴァルマン4世中国語版以来約170年続いた第12王朝は滅亡した。

出典[編集]

  1. ^ Sharma, p. 109
  2. ^ a b c d e f Cœdès, p. 229
  3. ^ 桃木, p. 467
  4. ^ a b 桜井由躬雄、「南シナ海の世界」 『東南アジア史 I 大陸部』、74頁。 

参考資料[編集]

  • George Cœdès (May 1, 1968). The Indianized States of South-East Asia. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681. 
  • Geetesh Sharma (2010). Traces of Indian Culture in Vietnam. Rajkamal Prakashan. ISBN 978-8190540148. 
  • 『東南アジア史 I 大陸部』石井米雄桜井由躬雄編、山川出版社〈新版 世界各国史 5〉、1999年12月20日。ISBN 978-4634413504
  • 桃木至朗十-十五世紀ベトナム國家の「南」と「西」」『東洋史研究』第51巻第3号、京都大学東洋史研究会、1992年12月31日、 464-497頁。
  • 元史』巻二十四 本紀第二十四 仁宗一
  • 大越史記全書』本紀巻之六 陳紀 英宗皇帝 明宗皇帝
  • 欽定越史通鑑綱目中国語版』正編巻之九
  • 大南正編列伝初集』巻三十三 外国列伝三 占城
先代:
ジャヤ・シンハヴァルマン4世
チャンパ王
第12王朝後期第6代:
1312年 - 1318年
次代:
ジャヤ・アーナンダ