制阿難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャヤ・アーナンダ
जय आनंद
第13王朝
初代国王
王朝 第13王朝
在位期間 1318年 - 1342年
生年 不詳
没年 1342年

ジャヤ・アーナンダサンスクリット語: जय आनंद, ラテン文字転写: Jaya Ananda, 生年不詳 - 1342年)は、チャンパ王国占城国中国語版)第13王朝の初代国王(在位:1318年 - 1342年)。『大越史記全書』では制阿難(せいあなん、ベトナム語: Chế Anan)と記される。初名はパタルトールチャム語: Patalthor)。

生涯[編集]

もともとはチャンパに服属する一介の土酋であった。1318年にチャンパは陳朝大越の侵攻を受け、国王のジャヤ・シンハヴァルマン5世ジャワへ救援を求めて逃亡すると、大越によってジャヤ・アーナンダが王に擁立された。

に使者を送ってその後ろ盾を得て、1326年に大越軍を破ったことで大越の支配下から脱することに成功した[1]

ジャヤ・アーナンダは子のジャモベトナム語版を布田(大王)、娘婿のマハーサーヴァを布提(宰相)に任じていたが、ジャヤ・アーナンダの死後にマハーサーヴァがジャモを追放して即位した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Cœdès,P230

参考資料[編集]

先代:
ジャヤ・シンハヴァルマン5世
チャンパ王
第13王朝初代:
1318年 - 1342年
次代:
マハーサーヴァ