ジャヤ・インドラヴァルマン1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャヤ・インドラヴァルマン1世
जय इन्द्रवर्मन्
第7王朝
第3代国王
王朝 第7王朝
在位期間 960年頃 - 970年
生年 不詳
没年 970年
后妃 波良僕瑁
郭氏

ジャヤ・インドラヴァルマン1世サンスクリット語: जय इन्द्रवर्मन्, ラテン文字転写: Jaya Indravarman I, 生年不詳 - 970年頃)は、チャンパ王国占城国中国語版)第7王朝の第3代国王。漢文史料では釈利因阤盤ベトナム語: Thích Lợi Nhân Thi Bàn)、悉利多盤ベトナム語: Tạt Lợi Đa Bàn)と記される。

生涯[編集]

961年、アブー・ハサンをに遣使し、963年にも宋に朝貢した。965年には、先王インドラヴァルマン3世の代にチェンラに奪い去られていたヤンプナガラ中国語版バガヴァティ英語版金像を再建しようとしたが、金像が建てられなかったため、新たに石像を建てた。966年には因阤玢李帝婆羅と妃の波良僕瑁と子の占謀律秀瓊らを、翌967年に李𠰢と李被瑳を相次いで宋に遣使している。971年には副王の李耨、妃の郭氏、子の蒲路鶏波羅らを遣使して宋に朝貢した。

参考資料[編集]

先代:
インドラヴァルマン3世
チャンパ王
第7王朝第3代:
960年頃 - 970年頃
次代:
パラメシュヴァラヴァルマン1世