范仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
范仏
第2王朝
第2代国王
王朝 第2王朝
在位期間 349年 - 380年
生年 不詳
没年 380年
范文

范仏(はんぶつ、ベトナム語: Phạm Phật / 范佛中国語: Fan Fo、生年不詳 - 380年)は、チャンパ王国林邑国中国語版)第2王朝の第2代国王(在位:349年 - 380年)。

生涯[編集]

范文の子。349年に父王が死去すると即位した。父の方針を引き継いで日南郡を占拠し続けた。351年の征西督護滕畯と交州刺史楊平、九真太守灌邃率いる軍が寿冷浦を通って頓郎湖まで進軍してくると、王都カンダプルプラベトナム語版に籠ったが、敵わずに竄川藪へ逃れ、晋の軍門に下った。353年3月に交州刺史の阮敷と日南郡で戦って敗れた。359年12月には交州刺史の温放之(の長男)の攻撃を受けた。361年広州刺史の滕含(滕脩の孫)が軍を率いて侵攻してくると、その兵威を恐れて屈服した。その後は372年2月27日と晋の寧康年間、377年6月の3度、晋に遣使した。

参考資料[編集]

  • George Cœdès (May 1, 1968). The Indianized States of South-East Asia. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681. 
  • 晋書』巻八 帝紀第八 穆帝
  • 『晋書』巻九 帝紀第九 簡文帝 孝武帝
  • 『晋書』巻六十七 列伝第三十七 温
  • 『晋書』巻九十七 列伝第六十七 林邑
  • 宋書』巻九十七 列伝第五十七 夷蛮
  • 梁書』巻五十四 列伝第四十八 林邑国
  • 隋書』巻八十二 列伝第四十七 南蛮
  • 南史』巻七十八 列伝第六十八 林邑国
  • 水経注』巻三十六 鬱水
  • 『安南志略』巻九
先代:
范文
チャンパ王
第2王朝第2代:
349年 - 380年
次代:
バドラヴァルマン1世