ジャヤ・シンハヴァルマン5世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
巴的吏から転送)
移動先: 案内検索
インドラヴァルマン6世
इन्द्रवर्मन्
第14王朝
第2代国王
王朝 第14王朝
在位期間 1400年 - 1441年
生年 不詳
没年 1441年
シンハヴァルマン6世

インドラヴァルマン6世サンスクリット語: इन्द्रवर्मन्, ラテン文字転写: Indravarman VI, 生年不詳 - 1441年)は、チャンパ王国占城国中国語版)第14王朝の第2代国王(在位:1400年 - 1441年)。ンガウク・クラング・ヴィジャヤチャム語: Ngauk Klaung Vijaya)とも[1]。初名はヴィラブハドラヴァルマンVirabhadravarman[1]。『大越史記全書』では巴的吏ベトナム語: Ba Đích Lại)、『明史』では占巴的頼ベトナム語: Chiêm Ba Đích Lại)と記される。漢文史料に見られる名は「チャンパ・ディ・ラージャ(チャンパの王)」の音訳と考えられる[1]

生涯[編集]

シンハヴァルマン6世の子。1400年に父王が死去すると、後を継いで即位した。胡朝大虞の侵攻を受けて敗北し、王都ヴィジャヤ英語版を占領された。この後、旧都インドラプラ英語版周辺を大虞に割譲せざるを得なかった[1]

に援助を求め、1407年永楽帝安南に兵を送って胡朝を滅ぼし(明胡戦争英語版、明・大虞戦争)、第四次北属期英語版に入った。これに乗じてチャンパも北に軍を発し、インドラプラ周辺を奪回している[1]1408年鄭和の使節を迎え、その返礼として王孫の舎楊該を明に送った。

1415年、安南の陳季拡を支援していたことが発覚し、明に謝罪の使者を送った。

1418年、王孫の舎那挫を明に送った。1421年にはクメールに兵を送り、最後の王ポニャー・ヤット英語版の軍を破った[1]

1426年、明から黄原昌中国語版を迎えて正朔を受けた。

1428年、ヴィジャヤ王朝(チャンパ王国)からパーンドゥランガ王朝ベトナム語版が分裂して独立した。

1436年、明への朝貢が年一貢から三年一貢に改められた。

1441年、病没した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Cœdès,P238

参考資料[編集]

先代:
シンハヴァルマン6世
チャンパ王
第14王朝第2代:
1400年 - 1441年
次代:
マハー・ヴィジャヤ