勇午

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勇午
漫画
作者 原作:真刈信二 作画:赤名修
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
発表期間 1994年 - 2004年
巻数 全22巻
その他 小説版:既出1巻
テンプレート - ノート
勇午 the Negotiator
漫画
作者 原作:真刈信二 作画:赤名修
出版社 講談社
掲載誌 イブニング
発表期間 2004年 - 2015年
巻数 全19巻
テンプレート - ノート

勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後[1]、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。

単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。

また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。

概要[編集]

成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。毎回作者の綿密な現地取材に基づき、各国の社会情勢、文化事情、宗教観、社会悪、必要悪にぶつかり、悩みながら解決の糸口を模索する勇午の姿が描かれる。1つのエピソードにつき、約1年程度の連載である(短編の日本編を除く)。

『月刊アフタヌーン』連載版では主に海外が、『イブニング』連載版は主に日本各地が舞台となっている。

シリーズを通して、勇午がその交渉の過程で必ずと言っていいほど拷問を受けるという演出がなされており、特に『アフタヌーン』版では各国の文化を背景にした様々な趣向の拷問が描かれている。

主な登場人物[編集]

別府 勇午(べっぷ ゆうご)
物語の主人公。交渉を生業とする。鋭敏な頭脳と広大な人脈を持ち、数多くの言語を操る。どんな拷問を受けても折れない強い意志と頑丈な肉体、如何なる状況にもゆるがない冷静さ、そして誰とでも打ち解けられる包容力を併せ持つ。また、時には関わった人々の境遇に涙する優しさをのぞかせる。大分県臼杵市出身。
勇午が敵の手に落ち、過酷な拷問を受けるのはストーリーの定番である。様々な拷問に耐える局面においては、苦行の先にある神との融合的な状態に陥るケースや、単に満身創痍になりながらも生還するケースもあり、耐え方も一様ではない。また、拷問から生還した後の立ち直り方が心身共に早い。
年齢については明言されていないが、各エピソードが現実の時制と同一であるとして、作中の年代表記から判断すれば40歳前後に到達しているはずである(2010年開始の「台湾編」では、「平成5年の時点で高校三年生」となっている)。一方で、人物描写からは加齢の印象はあまり無い。例えば、同級生等は回想シーンでは共に若いが、再会後(現在)は同級生より若く見えるような印象がある。
小暮 蛉一(こぐれ れいいち)
勇午のパートナー。メカオタクであり、主に勇午が使用する機器の改造を始めとする技術的なサポートを行う。時折、勇午に呼ばれて現地へ赴くこともある。「下北半島編」においては珍しく、小暮がとある災難に巻き込まれ、勇午が救出に動くということも。

漫画[編集]

アフタヌーン連載分
※原書では各章を「〜th Negotiaton」としている。第11部:中国編を除き、各章の名称は記されていない為、上記のシリーズ名称が正式なものかは不明(ただし一部の名称はアニメ版や小説版にも使用されている)。
※文庫版ではアフタヌーンKCと収録順が異なっているほか、イギリス編は「U.K.編」、オーストリア・ハンガリー編が「マグダラのマリア編」、アメリカ編が「L.A.編」とされ、中国編が「上海編」と変更されている。
イブニング連載分
モーニング食掲載分

小説[編集]

原作者の真刈信二により、「ロシア編」がより詳細なエピソードを加えて小説化、これに漫画では描かれなかった勇午の最初の交渉を描いた作品を加え、1999年に出版された。

  • 勇午―交渉人 in ロシア&インディア(真刈信二著、講談社アフタヌーンノベルス、ISBN 4-06-347002-4

アニメ[編集]

「パキスタン編」と「ロシア編」計13話が製作され、キッズステーションで放送された。アニメ版のタイトルは『勇午 〜交渉人〜』となっている。「パキスタン編」と「ロシア編」を、監督からキャラクターデザインにいたるまでそれぞれ全く別のスタッフで製作するという実験的なスタイルが取られた(声優、主題歌は共通)。

キャスト[編集]

1st Negotiation「パキスタン編」[編集]

2nd Negotiation「ロシア編」[編集]

  • オリガ・エレノワ(ロシア内務省対内防諜局大尉):声 - 富沢美智恵
  • リューバ(女子大生):声 - 岡村明美
  • 真理子:声 - 甲斐田ゆき
  • ガラーホワ少将(ロシア内務省対内防諜局シベリア地区司令官):声 - 唐沢潤
  • ナージェンカ(ナジェージュダ・イワノーバナ・パヴレツカヤ):声 - 堀江由衣
  • アンドレイ・セルゲイビッチ・ロマノフスキー:声 - 沢木郁也
  • ユーリー(地元のポン引きの男):声 - 戸部公爾
  • 中尉:声 - 遊佐浩二
  • ヴィクトル中尉(勇午への拷問を指揮):声 - 中博史
  • シェーキン:声 - 一条和矢

スタッフ[編集]

※後ろに()書きの無いものは共通。

  • 監督 - 岸誠二(パキスタン編)、花井信也(ロシア編)
  • シリーズ構成 - 佐藤和治(パキスタン編)、金巻兼一(ロシア編)、花井信也(ロシア編)
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 松本剛彦(パキスタン編)、今泉賢一(ロシア編)
  • 色彩設定 - 金丸ゆう子(パキスタン編)、岡野国治(ロシア編)
  • 美術監督 - 宮越歩(パキスタン編)、長尾仁(ロシア編)、椋本豊(ロシア編)
  • 撮影監督 - 斉藤めぐみ(パキスタン編)、沖野雅英(ロシア編)
  • 音響監督 - 早瀬博雪
  • 音楽 - 上田益
  • プロデューサー - 笹木理加、吉田秀治、早川均、山田聡、平野志郎、寺田英美
  • アニメーション制作 - G&G(パキスタン編)、アートランド(ロシア編)
  • 製作著作 - 勇午製作委員会(ケングルーヴ、キッズステーションステップ映像C-TBS、イズム)

主題歌[編集]

オープニングテーマ「modern size」
作詞・作曲・歌 - 樽木栄一郎
エンディングテーマ「kitty」
作詞・作曲・歌 - 樽木栄一郎

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
パキスタン編
1 交渉人 佐藤和治 岸誠二 中島豊秋
岸誠二
小川一郎
2 決意 中島豊秋 明智大五郎
岸誠二
野口孝行
3 接触 奥村吉昭 鈴木幸雄 宍倉敏
小川一郎
4 勇者 鈴木幸雄 浅井義之 宍倉敏
桑名郁朗
5 信頼 奥村吉昭 鈴木幸雄 宍倉敏
6 約束 浅井義之 浅井義之
岸誠二
宍倉敏
小川一郎
ロシア編
1 亡命貴族 金巻兼一 鈴木卓夫
今泉賢一
花井信也 今泉賢一
2 取引 高山カツヒコ 原博 小関雅
3 公文書 佐藤勝一 長井龍雪 田中将賀
4 マロース【極寒】 高山カツヒコ 原博 江島泰男
今泉賢一
今泉賢一
5 尋問 佐土原武之 小関雅
6 指輪の謎 佐藤勝一 原博 田中将賀
7 ナージェンカのために 高山カツヒコ 大橋誉志光 長井龍雪 今泉賢一

逸話[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1994年から2003年まで継続的に連載の後、約1年の期間をあけて1994年に中国編を連載。なお第11部:中国編の連載時期はイブニング版の第1部:下北半島編と並行しており、開始時期はイブニング版の方が先行している。
  2. ^ 麻生太郎外相デジハリで講演、曰く「『勇午』読まずして外交を語るなかれ」Garbagenews.com 2006年5月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]