岸誠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きし せいじ
岸 誠二
出生地 日本の旗 日本 滋賀県高島市
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーション監督
アニメーション演出家
ジャンル アニメーション映画
テレビアニメ
活動期間 1993年 - 現在
活動内容 アニメーション制作
事務所 チームティルドーン
主な作品

テレビアニメ


アニメーション映画

 
受賞
第19回アニメーション神戸個人賞(2014年
テンプレートを表示

岸 誠二(きし せいじ)は、日本のアニメーション監督演出家滋賀県高島市出身[1]。株式会社ロジスティックス取締役、同社アニメーション事業部「チームティルドーン」代表。

経歴[編集]

幼少の頃から映画漫画などに親しみ、小学校2年生の頃に描いた絵が数々の賞を受賞したことがきっかけで、アニメーション監督を目指すようになる(本人曰く、「勘違いの始まり」)。学生時代は絵画をたしなみ、自ら漫画を描いていたこともあった。

その後、代々木アニメーション学院を卒業し、アニメーターとして亜細亜堂に入社。フリーを経て、株式会社ロジスティックスに入社し、ソフトウェア開発部門にてアニメーション制作ツール開発やゲーム用アニメーションの制作に携わる。その後、同社のアニメーション事業部「チームティルドーン」の発足に関わり、アニメーション演出家として本格的に活動を始める。

現在はチームティルドーン代表として演出・監督業をこなす傍ら、株式会社ロジスティックスの取締役も務める。

2014年10月、第19回アニメーション神戸賞において個人賞を受賞した。


人物・エピソード[編集]

  • 監督デビュー作の『かっぱまき』は演出家としての経験がほとんどないまま突然監督に就任することになったという、異色のエピソードをもつ。このときは、映像論法を徹底的に学習して対応したという。このため彼の演出はほとんどが独学で習得したものである[2]
  • 瀬戸の花嫁』第1話ではシリーズ構成を務めた上江洲誠と共に声優出演を果たした。さらに、『フロシャイム便り出張版』によると『天体戦士サンレッド』のオーディションでヴァンプ将軍を演じていたことが判明。しかし上江洲曰く「声優・岸誠二はダメダメ」だったらしく、結局落とされてしまった。
  • 豪快な性格で『アニメージュ』2009年8月号の「この人に話を聞きたい」では取材中に声の大きさから店員に注意されてしまうというハプニングがあった。しかし仕事に対する姿勢は謙虚なものであり、ファンを「お客様」と呼ぶなど、自らの仕事をサービス業と捉えているところがある[3]。同取材では「ゆっくりなら24時間呑める」という発言もしている。
  • 映画に憧れがあり、自分達で映画を作ることを現在の目標としている。また、題材があれば実写やCGなど、アニメ以外の仕事も受けるとのこと。
  • 仕事をする上では脚本家上江洲誠、キャラクターデザイナーの森田和明、演出の浅井義之松本剛彦音響監督飯田里樹、音響効果の奥田維城、らと組む事が多い。

監督作品[編集]

テレビアニメ[編集]

{{dl2 | 2003年 |

  • かっぱまき(※監督デビュー作)

| 2004年 |

| 2005年 |

| 2006年 |

| 2007年 |

| 2008年 |

| 2009年 |

  • 天体戦士サンレッド(第2期、-2010年、総監督)

| 2010年 |

| 2011年 |

| 2012年 |

| 2013年 |

| 2014年 |

| 2015年 |

| 2016年 |

| 2017年 |

| 2018年 |

| 2020年 |

| 2021年 |

| 2022年 |

劇場アニメ[編集]

2013年
2015年
2016年

OVA[編集]

2008年
2009年
  • 瀬戸の花嫁OVA 義
2010年
  • 瀬戸の花嫁 否苦炒亜怒羅魔 極道の妻 KEJIME
2011年
2021年

Webアニメ[編集]

2016年
2019年

ゲーム[編集]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

出演[編集]

  • 並木のり子『のりこんで濃い・恋・来い!』(2005年・2010年)第38回・第166回ゲスト
  • 瀬戸の花嫁第1話友情(カメオ)出演(2007年)テレビの音声役
  • かーずラジオ〜夏子乗せ〜(2008年)第22盛りゲスト
  • 天体戦士サンレッドイベント用架空ドキュメンタリー『プロジェクトS - 戦後の太陽 - 』(2009年)本人役

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 全国アニメ聖地サミットin豊郷 登壇者、全国アニメ聖地サミットin豊郷、2014年12月9日閲覧。
  2. ^ このことも岸の独特の作風を生んでいる。
  3. ^ このことはネットラジオ「かーずラジオ〜夏子乗せ〜」に出演した村瀬克輝からも評されている。
  4. ^ RAGNAROK THE ANIMATION : 作品情報”. アニメハック. 2020年10月13日閲覧。
  5. ^ 神様ドォルズ : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-  : 作品情報”. アニメハック. 2020年8月24日閲覧。
  7. ^ 乱歩奇譚 Game of Laplace : 作品情報”. アニメハック. 2020年5月5日閲覧。
  8. ^ ようこそ実力至上主義の教室へ : 作品情報”. アニメハック. 2020年5月11日閲覧。
  9. ^ 作品紹介(STAFF CAST)”. TVアニメ「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」公式サイト. 2020年3月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]