松本剛彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 剛彦(まつもと たけひこ、1973年2月9日-、男性)は、日本アニメーターアニメーション演出家及び監督静岡県出身。チームティルドーン所属

経歴[編集]

1992年にアニメ専門学校卒業と同時に、漫画家である衣谷遊のアシスタントとなる。その後、2001年に株式会社ロジスティックスに入社、同社アニメーション事業部チームティルドーンに所属する。

ティルドーン所属とあって岸誠二の監督作品での仕事が多く、『超ぽじてぃぶ! ファイターズ』ではティルドーン制作回の作画監督を務め、他の回とはまた違ったクオリティをみせつけた。『天体戦士サンレッド第2期』より岸総監督のもと、初のシリーズ監督を務め、最終話では絵コンテ、演出、作画監督を全て担当した。

同じティルドーン所属の森田和明とは中学、高校時代の同級生である。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

出版[編集]

  • スーパーマンガデッサン(2005年、グラフィック社)挿絵、解説 ※森田和明と共同
  • スーパーキャラデッサン(2007年、グラフィック社)挿絵、解説 ※森田和明と共同

参考文献[編集]

  • 林晃『スーパーマンガデッサン』(グラフィック社、2005年)

外部リンク[編集]