倉石武四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉石 武四郎(くらいし たけしろう、1897年9月21日 - 1975年11月14日)は、日本中国語学者・中国文学者

来歴[編集]

新潟県高田町(現・上越市)出身[1]新潟県立高田中学校を経て東京帝国大学文学部支那文学科卒業。京都帝国大学大学院で狩野直喜に師事する。1928年から二年間、北京で学ぶ。のち京都帝大、東京帝大教授(1940-)を併任する。戦後、東大文学部教授、1958年定年退官。

清朝音韻学、現代中国文学、中国語学、教育など多方面に活躍。日中学院を主宰し、NHKの中国語講座にも寄与。『岩波中国語辞典』の編纂でも知られる。

著書[編集]

  • 『支那語語法篇』弘文堂書房,1938
  • 『支那語繙訳篇』弘文堂書房,1938-40
  • 『支那語法入門』弘文堂書房,1939
  • 『支那語教育の理論と実際』岩波書店 1941
  • 『漢字の運命』岩波新書 1952
  • ラテン化新文字による中国語初級教本』岩波書店, 1953
  • 『中国文学史』中央公論社, 1956
  • 『中国語法読本』江南書院, 1956
  • 『初級ローマ字中国語』岩波書店, 1958
  • 『漢字からローマ字へ 中国の文字改革と日本』弘文堂 1958
  • 『とろ火』くろしお出版, 1960
  • 岩波中国語辞典』岩波書店, 1963
  • 『中国文学講話』岩波新書, 1968
  • 『ローマ字中国語 語法』岩波書店, 1969
  • 『中国語五十年』岩波新書 1973
  • 『中国古典講話』大修館書店 1974
  • 『中国へかける橋』(遺稿集)亜紀書房 1977
  • 『倉石武四郎著作集』全2巻 くろしお出版 1981

編纂等[編集]

  • 支那語読本 巻1-3 弘文堂書房, 1938-40
  • 子どもの国のみなさまへ をとめの旅より 謝冰心 1942
  • 読和写 沐紹良 生活社,1944
  • 文章例話 葉聖陶 生活社,1944
  • 古代英雄的石造 葉紹鈞 生活社, 1944
  • 中国新文学大系 茅盾編 大日本雄弁会講談社、1946
  • 中国文学をどう鑑賞するか 謝冰心 大日本雄弁会講談社, 1949
  • 論語 日光書院, 1949(のち筑摩叢書)
  • お冬さん 謝冰心自選集 河出書房 1951
  • 変革期中国の研究 岩波書店, 1955
  • タオ・チーの夏休み日記 シエ・ピンシン 岩波少年文庫,1957
  • 中国文学史の問題点 竹田復共編 中央公論社, 1957

記念論集[編集]

  • 中国の名著 倉石博士還暦記念 東京大学文学部中国文学研究室編 勁草書房 1961

脚注[編集]

  1. ^ 日中学院報403 2018年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]