坂口謹一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂口 謹一郎
Sign-Sakaguchi Kinichiro.jpg
生誕 1897年11月17日
新潟県高田上越市
死没 (1994-12-09) 1994年12月9日(97歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 農芸化学発酵醸造
研究機関

東京大学 理化学研究所

応用微生物研究所
出身校 第一高等学校
東京帝国大学
主な受賞歴 日本学士院賞藤原賞文化勲章勲一等瑞宝章
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

坂口 謹一郎(さかぐち きんいちろう、1897年明治30年)11月17日 - 1994年平成6年)12月9日)は、日本の農芸化学者。発酵醸造に関する研究では世界的権威の一人で、「酒の博士」として知られた。東京大学応用微生物研究所初代所長および同大学名誉教授、理化学研究所副理事長。日本学士院会員。愛称は「坂謹(さかきん)」。

来歴[編集]

新潟県高田(現・上越市)出身。正利の長男 [1]新潟県立高田中学校を中退し上京、神田順天中学校に編入。同期には中村震太郎もいたが、とくに学友との交流もなかった。同校卒業後、第一高等学校理科に首席で入学。1919年、同校卒業、1922年、東京帝国大学農学部卒業[2]。同助手、講師、助教授を経て、1939年、教授[3]。1958年、定年退官、名誉教授。

その後は1962年まで理化学研究所で副理事長を務め、退職後は様々な研究所に呼ばれては、若手に憎まれ口をたたいた[要出典]。晩年は自律神経失調症をわずらい、医者から禁酒を言い渡されている[4]

微生物培養に用いられる坂口フラスコを発明した他、文化面では新春歌会始の召人も務め、歌人としても知られた。

故郷の上越市にはその業績を記念した「坂口記念館」があるが、その建物は元々同じ高田市内にあった旧家を移築したものである。

人物[編集]

1940年、東京上野のビアホールで「泡が多すぎる」と客から苦情出たことから、警察の調べが入り「生ビールの仕入れ量より売り上げた量が異常に多い」と判明、泡をビールとして販売した法令違反の疑いで、ビアホール会社を検察が起訴した[5]。この裁判で坂口が「ビールの泡はビールよりもアルコール濃度が高い」と証明し、1944年8月「ビールの泡もビールと認める」と無罪の判決が下された[5]

宗教は仏教 [1]。趣味は読書 [1]

家族・親族[編集]

坂口家

新潟県上越市、東京都目黒区 [1]

  • 父・正利 [1]
  • 妻・かう(新潟、倉石昌吉の長女) [1]
1901年 -
  • 息子・健二(農芸化学者)
1929年 -

学術賞[編集]

栄誉栄典[編集]

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 世界の酒岩波書店岩波新書〉、1957年1月。ISBN 9784004151081
  • 『歌集 醗酵』白玉書房、1958年3月。
  • 日本の酒』岩波書店〈岩波新書〉、1964年6月。ISBN 9784004151098
  • 『古酒新酒』講談社、1974年11月。
  • 『愛酒楽酔』サントリー〈サントリー博物館文庫 15〉、1988年1月。ISBN 9784484873060

共著[編集]

共編[編集]

  • 『酵素 その理論と応用』坂口謹一郎・朝井勇宣編、朝倉書店、1952年4月。

監修[編集]

著作集[編集]

〈坂口謹一郎酒学集成〉、岩波書店

記念文集[編集]

  • 『坂口謹一郎先生追悼記念文集』坂口謹一郎先生追悼記念文集刊行委員会、1996年5月。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 人事興信録 1948, p. 243「坂口謹一郎」
  2. ^ 東京帝国大学要覧 従大正11年 至大正12年』 東京帝国大学、1923年、(17)頁。 
  3. ^ 東京帝国大学一覧 昭和14年度』 東京帝国大学、1939年、406頁。 
  4. ^ 朝日新聞』、昭和42年(1967年月)10月28日、朝刊、12版、14面。
  5. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。

参考文献[編集]

  • 「サ之部27頁」『人事興信録』、1948年、第15版上、243頁。2019年5月14日閲覧。国立国会図書館デジタルコレクション)。

関連項目[編集]

  • 星新一 - 坂口の研究室に所属していたが、会社を継ぐため中退。

外部リンク[編集]