狩野直喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
狩野直喜
人物情報
別名 子温(字)、君山・半農人(号)
生誕 (1868-02-11) 1868年2月11日
肥後国(現:熊本県
死没 (1947-12-13) 1947年12月13日(79歳没)
出身校 東京帝国大学
学問
時代 明治~昭和
研究分野 中国文学中国哲学敦煌学[1]
研究機関 京都帝国大学
指導教員 島田篁村根本通明竹添進一郎
主な指導学生 武内義雄青木正児小島祐馬本田成之橋本循倉石武四郎吉川幸次郎宮崎市定[1]
称号 京都帝国大学名誉教授
主な業績 考証学重視の京大中国学の学風確立[1]
敦煌学の先駆的研究
影響を
受けた人物
羅振玉王国維エドゥアール・シャヴァンヌポール・ペリオ[1]
主な受賞歴 従五位(1912年)
文化勲章(1944年)
テンプレートを表示

狩野 直喜(かの なおき、1868年2月11日慶応4年1月18日) - 1947年昭和22年)12月13日)は、日本中国学者中国文学中国哲学敦煌学に業績を残す。京都帝国大学名誉教授子温君山半農人がある。内藤湖南桑原隲蔵と並ぶ京都学派東洋史学の創始者の一人。肥後国(現:熊本県)生まれ。

略歴[編集]

1879年(明治12年)、創設まもない同心学舎に入学し、明治17年に後身の済々黌を卒業。その後上京し、共立学校で英語・数学を学んだのち、大学予備門に入り1892年(明治25年)に卒業。東京帝国大学文科大学漢学科に入学。同期に藤田豊八、後輩に桑原隲蔵高瀬武次郎がいた。在学中は島田篁村から考証学を承けた。

1900年(明治33年)には京都帝国大学への赴任を前提に中国本土)の北京に留学するが、義和団事件に巻き込まれ服部宇之吉とともに北京日本公使館に籠城した。翌1901年(明治34年)には上海へ留学、羅振玉や内藤湖南と知り合い、欧米の東洋学者とも交流を深めた。1903年(明治36年)の帰国後、台湾総督府による『清国法制史』の編纂、京都法政専門学校(のちの立命館大学)附設の東方語学校での講義を行う。

1906年明治39年)にようやく新設された京都帝国大学文科大学の教授に就任。中国哲学・中国文学・中国語学を教え、青木正児吉川幸次郎らの中国文学者中国学者を指導育成したほか、後に旧熊本藩細川家当主の細川護貞にも教えている。1910年(明治43年)には発見まもない敦煌文書の調査のため京都帝大より内藤湖南小川琢治富岡謙蔵濱田耕作らと北京へ赴く。

1912年(明治45年)から欧州留学し、フランスではシノロジーの大家シャヴァンヌペリオらと交遊し当時最先端の文献学的方法を吸収、またフランスに持ち帰られた敦煌文書敦煌学)の閲覧研究も行った。1928年(昭和6年)定年退官。

また先述の服部宇之吉と共に、義和団事件賠償金で運営された日中共同の東方文化事業に関与し、1926年(昭和4年)、東方文化学院京都研究所(現:京都大学人文科学研究所)初代所長に就任、京都研究所が東方文化研究所として独立する1935年(昭和13年)まで務めた。1925年(大正14年)、帝国学士院会員[1]に選任。

栄典[編集]

研究[編集]

  • 研究手法は考証学的で、後の京都大学の中国学(京都学派)に大きな影響を与えている[1]
  • 敦煌学の先駆的研究を行った一人であるほか、中国の民間文学研究にも力を注いだ[1]

人物[編集]

  • 司馬遼太郎この国のかたち』や『春灯雑話』によれば、学生時の細川護貞を教えるときでも漢文の解釈に一々出典を挙げさせた。また朱子学を嫌い、考証学徂徠学を尊んだ。後年臨終の床で、細川より「なぜ日本がこのような馬鹿な負け方をしたのでしょう」と問われ、「(朱子学が基にある)水戸学のせいだ」と答えるほどであったという。
  • 一方で小島祐馬によれば、宋学(朱子学)の学者の気風を好んでいたという[1]

親族[編集]

著作[編集]

※大半の著作が、遺稿集や弟子達のノート等を基にしている
  • 『中國哲學史』岩波書店、1953年、度々復刊。オンデマンド版2012年
  • 『両漢學術考』筑摩書房、1964年、復刊1978年、1988年
  • 『魏晋學術考』筑摩書房、1968年、復刊1978年、1988年
以下は各・みすず書房 - ※主に孫・狩野直禎が校訂

記念論集・回想記[編集]

  • 『支那学論叢 狩野教授還暦記念論集』(弘文堂、1928年)
  • 東洋学の創始者たち』(吉川幸次郎編、講談社、1976年)
弟子らの座談会の回想で、対象は白鳥庫吉内藤湖南ら6名、なお編者は当時東方学会会長。
  • 『東方学回想 Ⅰ 先学を語る〈1〉』(刀水書房、2000年)、いずれも座談での回想(上記の新版)
  • 吉川幸次郎『音容日に遠し』(筑摩書房、1980年)、遺著で先師らの回想記
  • 高田時雄 著「狩野直喜」、砺波護 編 『京大東洋学の百年』京都大学学術出版会、2002年。ISBN 978-4876984398 

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 高田時雄 著「狩野直喜」、砺波護 編 『京大東洋学の百年』京都大学学術出版会、2002年5月。ISBN 978-4876984398 
  2. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  3. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  4. ^ 末尾に追悼論集『東光 第五号 狩野直喜先生永逝記念』(弘文堂、昭和23年・1948年)復刻を収録

外部リンク[編集]