根本通明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
根本 通明
人物情報
生誕 文政5年2月15日1822年4月6日
日本の旗 日本 出羽国仙北郡刈和野村(現秋田県大仙市
死没 (1906-10-03) 1906年10月3日(84歳没)
日本の旗 日本 東京府東京市
国籍 日本の旗 日本
出身校 久保田藩藩校明徳館
学問
研究分野 漢文学
研究機関 東京帝国大学
特筆すべき概念 『易経』・『論語』の研究
影響を
与えた人物
九鬼盛隆、坂本理一郎伊藤直純、公田連太郎
テンプレートを表示

根本 通明(ねもと みちあき[1] / つうめい、文政5年2月15日1822年4月6日) - 明治39年(1906年10月3日[1])は、幕末明治期儒学者漢学者出羽国仙北郡刈和野村(現秋田県大仙市)生まれ。藩校明徳館教授・学長。東京帝国大学教授。帝国学士院会員。秋田県人として初の博士号を授与された。弟子に九鬼盛隆・公田連太郎がいる。号は羽嶽もしくは健斎、字は子竜、通称は周助。『易経』と『論語』には特に通じ、明治23年(1890年)根本義塾を開いた。

人物[編集]

概観[編集]

根本通明は文政5年(1822年)出羽国刈和野村(現秋田県大仙市刈和野)に生まれた。藩校明徳館で学び、のち教授する側となり、明徳館学長までつとめる。武士としても、戊辰戦争において総軍陣場奉行として軍功第一等賞となる。のち上京し、その卓越した学問の力で、漢学者としての地位を確立していく。明治6年(1873年)に宮内省御用掛となる。明治19年(1886年)には、明治天皇御講書始にて御進講という名誉ある役目を果たした。斯文学会教授、帝国大学文科大学講師、東京学士会院会員、東京帝国大学教授となり、明治32年(1899年)には、秋田県で初めて博士号を授与されている。

明治39年(1906年)、腎臓萎縮のため死去[2]

博士号[編集]

明治28年(1895年)に帝国大学文科大学講師、翌29年(1896年)には文科大学教授になる。新任式に臨んで、通明は「東洋の漢学は自分とともに滅ぶ。おまえ達は私の目の黒いうちに謹んで講義を聴け」とあいさつしたといわれている。通明は明治32年(1899年)、文学博士学位を授与されている。これは秋田県人として初めての博士である。なおこの際、論文の提出を求められたが、自己の論文を評価できる者などいないと断っている。よって、東京帝国大学総長の推薦という特別なかたちで学位が授与された。

係累[編集]

母の生家が仙北郡六郷村六郷熊野神社宮司家であり、熊谷松陰熊谷武五郎兄弟は従兄弟にあたる。また、同郡の千屋村出身の代議士坂本理一郎は根本の号「羽嶽」にあやかり「東嶽」と号した。

著書[編集]

  • 『周易復古筮法』
  • 『詩経講義』
  • 『論語講義』
  • 『老子講義』
  • 『孟子講義』
  • 『周易講義』

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本近現代人物履歴事典』393頁。
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)221頁

参考文献[編集]

  • 『羽岳根本通明・伝―秋田が生んだ「天下の大儒」』(田村巳代治(著)1997年、秋田魁新報社
  • 『根本通明先生讀易私記抄―平泉澄先生御講義』(伊勢青々塾(編集) 1984年)
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。

関連項目[編集]