高瀬武次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高瀬 武次郎(たかせ たけじろう、明治元年12月16日1869年1月28日) - 昭和25年(1950年2月9日)は明治から昭和にかけての陽明学者。号は惺軒。従三位勲三等文学博士京都帝国大学名誉教授

漢詩は鈴木豹軒、和歌は山本行範に学んだ[1]

生涯[編集]

明治元年12月16日(1869年1月28日)、讃岐国山田郡西十川村仲下所(香川県高松市十川西町107番地1)佐々木弥惣八(八十八、小五郎)の四男に生まれた[2]鰹宇神社森口四郎に儒学を学ぶ[2]

京都府立第一中学校(京都府立洛北高等学校・附属中学校[3]第四高等学校[2]金沢市)または第五高等学校[4]熊本市)を経て、明治31年(1898年)7月東京帝国大学文科大学漢学科を卒業し、同大学院に進学、明治38年(1905年)11月論文「先秦諸子哲学」により文学博士号を取得、明治39年(1906年)1月東京帝国大学講師、同時に哲学館日蓮宗大学佛教大学早稲田大学曹洞宗大学明治大学講師も務めた[1]

1907年(明治40年)7月京都帝国大学助教授となり、大阪洗心洞学会にも毎月第三日曜日に出講した[1]

明治45元年(1912年)2月28日、へ留学に出発し(同年中華民国成立)、北京上海寧波余姚廬山を巡った後、ヨーロッパに渡り、ベルリンロンドンを経てアメリカ合衆国経由で、大正4年(1915年)3月帰国した[5]。京都大学支那哲学史教授に就任した[1]

大正10年(1921年)洗心洞予備学童顧問に就任した[5]。大正14年(1925年)1月15日経筵進講控となり、大正14年(1925年)7月から11月まで中国南部を旅した[1]

昭和3年(1928年)経筵進講に任ぜられ[1]昭和天皇に講義を行った。昭和3年(1928年)12月16日、還暦を以って京都大学、経筵を辞職し、龍谷大学立命館大学、臨済宗大学(花園大学)、関西大学武道専門学校、女子専門学校(京都女子大学)等で教鞭を執った[1]

昭和21年(1946年)8月、公職追放を受けた[2]

子の高瀬安貞は東京に住んだ[2]。京都市北区小山下内河原町69番地の旧宅は京都市社会福祉協会に寄付され、社会福祉法人安楽荘となった[2]。2009年5月、安楽荘跡地に富田産婦人科病院デイケアへいあんが新築移転し、冨田病院デイケアセンターとみたが開業した[6]

旧蔵書は九州大学中央図書館に「高瀬文庫」として保存されている[7]

著書[編集]

  • 『日本之陽明学』鉄華書院、明治31年(1898年)
  • 『陽明階梯 精神教育』鉄華書院、明治32年(1899年)
  • 『支那文学史』哲学館、明治34年(1901年)
  • 哲学』金港堂書籍、明治35年(1902年)
  • 王陽明詳伝』文明堂、明治36年(1903年)
  • 『陽明学新論』榊原文盛堂、明治39年(1906年)
  • 『支那倫理珠塵 問題回答』參天閣、明治41年(1908年)
  • 老荘哲学』榊原文盛堂、明治42年(1909年)
  • 『支那哲学史』文盛堂、明治43年(1910年)
  • 『陽明主義の修養』東亜堂書房、大正7年(1918年)
  • 藤樹先生』滋賀県高島郡教育会、大正10年(1921年)
  • 四言教論』洗心洞文庫、大正11年(1922年)
  • 陸象山内外出版社、大正13年(1924年)
  • 三輪執斎』三輪繁蔵、大正13年(1924年)
  • 易学講話』弘道館、昭和元年(1926年)
  • 『進講録』山本丈之助、昭和3年(1928年)
  • 『陽明学講話』弘道館、昭和3年(1928年)
  • 『陽明学叢話』博多成象堂、昭和7年(1932年)
  • 聊斎志異菁華』平野書店、昭和8年(1933年)
  • 『宇宙論衡』東亜研究会、昭和8年(1933年)
  • 『鼓腹集』洗心洞文庫、昭和10年(1935年) - 漢詩集
  • 『天泉鼓腹集』洗心洞文庫、昭和10年(1935年) - 和歌集
  • 熊沢蕃山』熊沢光造、昭和12年(1937年)
  • 教育勅語謹解』教化振興会、昭和13年(1938年)
  • 『教育勅語謹解 青少年学徒ニ賜ハリタル勅語謹解』教化振興会、昭和14年(1939年)
  • 『新修日本外史鈔』星野書店、昭和14年(1939年)
  • 『皇道論』皇教会、昭和15年(1940年)
  • 菅公』皇教会、昭和15年(1940年)
  • 梅田雲浜』皇教会、昭和16年(1941年)
  • 頼山陽』皇教会、昭和16年(1941年)
  • 『皇道聖訓』皇教会、昭和16年(1941年)
  • 大東亜戦争宣戦詔書謹解』皇教会、昭和17年(1942年)
  • 『鼓腹集 第二集(和歌部)』皇教会、昭和17年(1942年)
  • 『支那思想史』人生道場、昭和17年(1942年)
  • 水戸学』皇教会、昭和19年(1944年)
  • 『敬神歌』天社土御門神道本庁、昭和24年(1949年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「略歴」『鼓腹集』附録
  2. ^ a b c d e f 十河歴史研究会『十河郷土史』十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年 p.551-552
  3. ^ 『鼓腹集』 p.217
  4. ^ 高松市史編集室編『新修高松市史』第3巻、高松市役所、1969年 p.79
  5. ^ a b 吉田公平「高瀬武次郎年譜稿 東洋大学の漢学者たち(その一)」『井上円了センター年報』15、2006年
  6. ^ 京都博愛会『はくあい』第28号、2008年7月
  7. ^ 高瀬文庫 | 九州大学附属図書館