三菱・ミニカスキッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱・ミニカスキッパー
A101/102型
ミニカスキッパー GT
730前の沖縄(左ハンドル)仕様
729 Car.jpg
ミニカスキッパーIV GT サイド
Minica skipper-Ⅳ.JPG
ミニカスキッパーIV L/L リア
Mitsubishi-MinicaSkipperrear.JPG
販売期間 1971年5月1974年7月
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 形式:2G10型 水冷2サイクル直2 359cc
最高出力:38ps/7000rpm
最大トルク:3.9kgm/6500rpm
駆動方式 FR
全長 2995mm
全幅 1295mm
全高 1275mm
ホイールベース 2000mm
車両重量 470kg
価格 44万円
注意事項 デビュー時のGT、ゴールドエンジンのデータを記載している
-自動車のスペック表-

ミニカ スキッパーは、三菱自動車工業が製造・販売していた軽自動車である。軽自動車ハイパワー競争の時代に三菱自動車から誕生したファーストバックスタイルのリトルスポーツ車、競合車はホンダ・Zダイハツ・フェローMAXハードトップスズキ・フロンテクーペなど。同社のギャランGTOを彷彿させるファーストバック&カットオフテール(カムテール)を採用し、リアエンドを大胆に切り落としている。リアコンビランプ上にはスクープドウインドウを装着している。これは日本車初のもので後方視界が損なわれやすいクーペの弱点を解消するために設けられたものであり、トランク内部が車外から見えないようにスモークガラスを採用、後のホンダ・CR-Xホンダ・インサイトトヨタ・プリウス(2代目以降)などがこの方式を採用している。

歴史[編集]

車名の由来[編集]

主なグレード[編集]

装備[編集]

  • GTはルーフアンテナを装備していた。
  • いずれのグレードも、吊り下げ式クーラーはオプション扱いであった
  • 一見4灯式ヘッドランプに見えるが、内側2個はフォグランプ
  • 後方視界を助けるユニークなスクープドウィンドウ
  • 当時の国産車初のリアフラップ(ガラスハッチ)、フレームレス強化ガラスを採用
  • ドレスアップ用オリジナルオプションを豊富に用意

エンジン[編集]

  • 2G10型 水冷直列2サイクル2気筒 359cc ゴールドエンジン・レッドエンジン

  GT-38PS/7000rpm  L/L-34PS/6500rpm  S/L-34PS/6500rpm

  • 2G21型 水冷直列4サイクル2気筒 359cc バルカンエンジン

  GT-36PS/8500rpm  L/L-32PS/8000rpm  F/L-32PS/8000rpm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]