三菱・ランサーセレステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ランサーセレステLANCER CELESTE )は三菱自動車工業1975年から1981年まで生産していた自動車の名称である。略してセレステと呼ばれることが多い。

三菱・ランサーセレステ
A72/73/77/123/144/146A型
前期型
(1975年2月 - 1976年11月)
Mitsubishi Celeste Rotterdam 1976.jpg
中期型
(1976年11月 - 1977年11月)
1978 Mitsubishi Celeste (8956544123).jpg
後期型
(1977年11月 - 1982年1月)
Mitsubishi-LancerCeleste.JPG
販売期間 1975年2月 - 1982年1月
デザイン 二村正孝
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドアハッチバッククーペ
エンジン 直列4気筒SOHC1.4/1.6Lガソリン
駆動方式 FR
変速機 フロア5MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:リーフスプリング
全長 4,115mm
全幅 1,610mm
全高 1,340mm
ホイールベース 2,340mm
車両重量 910kg
先代 三菱・ギャランクーペFTO
後継 三菱・コルディア
-自動車のスペック表-

歴史[編集]

  • 1975年2月ギャランクーペFTOの後継車として登場したが、車名からも分かるようにランサークーペヴァージョンという位置付けだった。一方、当初は単に「セレステ」の名称で進められていたが、第一次オイルショックの影響で所轄官庁が「新型車」の追加を快く思わず、苦肉の策としてランサーの一バージョンという位置づけの車名にしたという説もある。軽快なファストバックスタイルのハッチバッククーペで、ボディカラーは車名にふさわしいや明るい黄色等が設定された。スペシャルティカーとして若者の間で人気を集めた。エンジンは1600と1400の2種類、6類別。最上級グレードは1600GSR。
  • 1976年11月:マイナーチェンジ。1600のエンジンがサイレントシャフト付きのサターン80となる。テールランプ(逆L字型から一文字型に)、フロントグリル、クォーターガーニッシュ等のデザイン変更。前後とも5マイルバンパを装着し、装備を1600GSRと同等としたグレード、1600GTが追加された。
  • 1977年11月:マイナーチェンジ。ヘッドランプが丸型2灯から角型2灯に変更され、バンパーの形状も大幅に変更された。
  • 1979年6月:105馬力を発揮する4G52型アストロン80エンジン搭載の2000GTが追加された。
  • 1981年3月:生産中止。以後、在庫のみの販売となる。
  • 1982年1月:販売終了。セレステは一代限りで消滅。実質的な後継車はコルディアとなる。

車名の由来[編集]

  • 「CELESTE」はラテン語で「青い空」という意味。「機能と美を調和させた車」という意味を込めて命名された。

輸出仕様[編集]

  • 北米地域では、当時業務提携先であり、北米での独占販売契約を結んでいた(この契約のため三菱ディーラーは1982年まで北米に存在していなかった)クライスラーにより、プリムスブランドからプリムス・アローの名で販売された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]