三菱・500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
右から三菱500(1960年)
コルト600(1962年)

三菱・500コルト600三菱重工業(当初は新三菱重工業)が製造していた乗用車

概要[編集]

新三菱重工業名古屋製作所で開発され、自動車製造に着手した三菱にとって3番目にあたる。1番目はA型リムジン(フィアット・ゼロのコピー)、2番めはヘンリーJカイザー・フレイザーノックダウン)で、本車が三菱オリジナルの初めての乗用車であった。

1955年通商産業省が打ち出した国民車構想に対応したもので、虚飾を廃した実用的なリアエンジンモデルだった。スタイリングはドイツバブルカーゴッゴモビルGoggomobil)の影響を受けている。

モデル別解説[編集]

三菱・500(1960年-1962年)[編集]

三菱・500(A11型)

三菱重工業の戦後初の自社製作乗用車として、1960年4月に三菱・500を発売。ボディタイプは2ドアセダン[1]。全長3140mm、全幅1390mm、全高1380mm、ホイールベース2065mm、車両重量490kgで燃料タンク容量20リットルであった[1]

エンジンはソレックスキャブレター1個付のNE19型、空冷直列2気筒OHV排気量493ccで、最高出力は21PS/5000rpm、最大トルクは3.4kgm/3800rpm。3速マニュアルトランスミッションを介した最高速度は90km/hであった。サスペンションは前後ともトレーリングアームとコイルスプリングの組み合わせで、タイヤサイズは5.20-12(インチ)、同年10月に三角窓付きのDXを追加した。

1961年8月には、車名は500のまま、エンジンを25馬力・594ccのNE35A型に変更した、スーパーDXを追加した。ところが市場での人気には至らず、三菱500は短期間で製造中止となった。

これらは、排気量はもちろんのこと、ボディサイズの面でも、現在では軽自動車の枠内となっている。

三菱・500が発売された当時、この車のイメージキャラクターとしてハナ肇とクレージーキャッツが起用されていた。

三菱コルト600(1962年-1965年)[編集]

コルト600

1962年に早くも最初のフルモデルチェンジをし、「見ただけで乗りたくなる車」をコンセプトとしたコルト600を発売。三菱・500スーパーDXと同じ、排気量594ccのリアエンジンで、型式はNE35B型と変更になったが、スペックは変わらず、最高出力25PS/4800rpm、最大トルク4.2kgm/3400rpmを発生した。

シフトレバーの配置もフロアからコラムになり、シフトパターンも工型だったものが、一般的なH型に変更となった。

新しくなった車体は、これまでの曲線主体から、ややエッジの効いたものとなり、ボンネットトランクの端が下がったスタイルから、フラットデッキでフェンダーの峰をたたせた形状となり、運転するうえでも見切りの良いものとなった。

1965年、2度目のフルモデルチェンジを迎え、コルト800の発売に伴い、生産を終了した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]