マキノ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マキノ家
No image available.svg
本姓 藤野氏
家祖 牧野省三
種別 平民映画人
出身地 京都府北桑田郡山国村
(後の京北町、現在の京都市右京区
主な根拠地 京都府京都市右京区花園天授ヶ丘
著名な人物 マキノ雅弘
マキノ正幸
支流、分家 マキノ光雄家平民
マキノ真三家平民
凡例 / Category:日本の氏族

マキノ家は、山国隊西軍沙汰人・正五位藤野齋の非嫡出子で、娘義太夫・竹本弥奈太夫こと牧野彌奈の子、「日本映画の父」とされる映画監督映画プロデューサーマキノ省三1878年 - 1929年)を祖とする日本映画芸能の一家である。


概要[編集]

「マキノ省三」こと牧野省三の父・藤野齋は、もともとは漢方医であったが、京都「時代祭」で知られる勤王派農兵隊「山国隊」の第一陣である西軍を率い、1868年慶応4年)、戊辰戦争を戦った。1878年明治11年)、藤野と牧野彌奈の間に生まれた省三は、母の女手一つで育てられ、長じて、牧野家の敷地にあった芝居小屋「千本座」を買収、経営にあたった。

1908年明治41年)、千本座で活動写真の興行を行なっていた横田商会横田永之助の依頼で始めたのが、省三の、つまりはマキノ家の映画とのかかわりの最初であった。また、この年に長男・正唯(のちの映画監督マキノ雅弘)が生まれている。1912年大正元年)の横田商会ら4社合併による日活の設立に際して、牧野は同社に入社し、映画監督となった。このころから、子役として実子たちを出演させ始める。1919年(大正8年)7月10日、「ミカド商会」を設立して独立、横田の抵抗に会い、一旦日活に吸収されるが、1921年(大正10年)6月、自宅に牧野商会等持院に撮影所および牧野教育映画製作所を設立、それがのちの1923年(大正12年)のマキノ映画製作所1925年(大正14年)、花園天授ヶ丘のマキノ・プロダクションへと発展していく。

この過程を通じて、牧野は「マキノ省三」を名乗り、子役から青年俳優女優映画監督へと育った自らの子女たちに、「マキノ」の姓を冠してゆく。こうして「マキノ家」は生まれた。

1990年代、省三の孫、マキノ雅弘長男マキノ正幸沖縄アクターズスクールから、安室奈美恵SPEEDらをメジャーシーンに送り込んだ。2006年平成18年)、省三の孫・津川雅彦が映画『寝ずの番』を監督し、「マキノ雅彦」を名乗る。

一族[編集]

等持院京都市北区)境内にあるマキノ省三の銅像

系譜[編集]

 
 
 
 
松田照
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松田定次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松田寛夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤野齋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松浦築枝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ省三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沢村敏子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野彌奈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野冨榮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野知世子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇野健二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高村正次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野京子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長門裕之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野静子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡市太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南田洋子
 
 
 
 
中村延笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野勝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津川雅彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹本辰夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真由子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ智子
 
 
伊東深水
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝丘雪路
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹芝伝蔵
 
沢村国太郎
 
 
勝田カツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤勢津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢島せい子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢島文夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢島祐利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢島敬二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤原釜足
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢島まさ子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沢村貞子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢島敏彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大橋恭彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加東大介
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤晴之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤真砂子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤隆之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒澤明
 
 
 
 
 
 
黒澤和子
 
松岡充
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
矢口陽子
 
 
 
 
 
 
黒澤久雄
 
 
黒澤優
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
林寛子
 
 
黒澤萌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
轟夕起子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ正幸
 
牧野アンナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ雅弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野雅美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野圭以子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ佐代子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ加代子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ光雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ公哉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
星玲子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ真三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ省一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮城千賀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マキノ博子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧野秀幸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
坪松裕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マキノ青年派[編集]

省三が経営したマキノ・プロダクションでは、「マキノ青年派」というアイドル的くくりで若手スターを売り出したことがあり、その際に、省三が彼らに「マキノ」の姓を冠したが、どの人物も「マキノ家」との血縁・婚姻、あるいは養子の関係もない。

マキノ青年派

このうち「マキノ梅太郎」こと中村梅太郎は「マキノ青年派」売り出し中の1928年昭和3年)4月に退社し、田川通(のちの大河内龍)が「二代目マキノ梅太郎」となった。したがって、マキノ家ではないマキノ姓の俳優は都合6人存在したことになる。また、マキノ正美は、のちに俳優を廃業して実業家に転向したのちも、省三に名づけられた名を、生涯を通じて名乗った[3]

関連事項[編集]

参考文献[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本の有名一族』、227-229頁。
  2. ^ 大橋恭彦『テレビ注文帖』(光文社文庫)まえがきより。これは東京で発行されていた都新聞とは別物。この「都新聞」は大阪毎日新聞の姉妹機として京都で創刊されたもの。
  3. ^ マキノ正美氏死去 元日本自動車連盟会長」、共同通信アーカイブ2005年11月14日 14:30 配信記事、2009年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]