矢島祐利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢島 祐利(やじま すけとし、1903年5月2日 - 1995年8月12日)は、日本の科学史家。

来歴[編集]

栃木県出身。東京帝国大学卒。1941年京城帝国大学教授、1948年東京物理学校教授。のち校名変更で東京理科大学教授。1969年「電磁理論の発展史」で東京理科大理学博士ファラデーの「蝋燭の科学」などを翻訳・紹介。江戸時代の物理科学史、電磁気学史、アラビア科学史など。妻は矢島せい子、子に矢島文夫

著書[編集]

  • 科学者と科学 (鉄塔書院 1930年)
  • 歴史年表・学者年表 岩波講座物理学及ビ化学 別項E (岩波書店 1931年)
  • 近世物理学史序説 (鉄塔書院 1931年)
  • すみれぐさ (私家版 1938年)
  • フアラデー (岩波新書 1940年)
  • 電磁理論の発展史 (河出書房(物理学集書) 1947年)
  • 科学文学 (アルス(アルス選書) 1948年)
  • 科学的断片 (理学社 1948年)
  • 科学史と科学 (扶桑書房 1948年)
  • 科学概論と科学史 (河出書房 1949年)
  • 物理学史の断面 (青山書院 1949年)
  • 寺田寅彦 (岩波書店 1949年、復刊1994年)
  • ジェームス・P・ジュール エネルギーの原則 (日本科学社 1949年)
  • 世界の科学・日本の科学 (弘文堂(アテネ文庫) 1949年)
  • 科学概論と科学史 (河出書房 1949年)
  • 物理学史 (朝倉書店(科学技術史全書) 1949年)
  • 世界の科学者 (筑摩書房(中学生全集) 1950年)
  • マックスウェル (岩波書店(科学史をつくる人々) 1950年)
  • 電磁気学史 (岩波書店(岩波全書) 1950年)
  • 近世科学史 (弘文堂(アテネ新書) 1950年)
  • 科学思想史入門 (修道社(現代選書) 1956年)
  • アラビア科学の話 (岩波新書 1965年、復刊1991年、2008年ほか)
  • アラビア科学史序説 (岩波書店 1977年3月)
  • 一科学史家の回想 アインシュタイン来日から六十年 (恒和出版 1980年11月)
    • 科学史とともに五十年 (中公文庫 1993年12月)

共編著[編集]

  • 科学用語辞典 (石田周三共編 弘文堂(アテネ文庫) 1951年)
  • 家事と雑用 (矢島せい子共著 岩波書店(岩波婦人叢書) 1953年)
  • 明治文化史 第5巻 学術編 (野村兼太郎共編 開国百年記念文化事業会 洋々社 1954年)
  • 矢島せい子の足跡 (ドメス出版 1989年1月)
  • あらくさの花 矢島せい子文集 (ドメス出版 1989年12月)

翻訳[編集]

  • アルプスの氷河 第1部(主に談話的)、第2部(主に科学的) (ジヨン・チンダル 岩波文庫 1932年)
  • アルプスの旅より (チンダル 岩波文庫 1933年)
  • 蝋燭の科学 (フアラデー 1933年 岩波文庫 のち「ロウソクの科学」)
  • アルプス紀行 (チンダル 岩波文庫 1934年)
  • 電気学実験研究 第1 (ファラデー 稲沼瑞穂共訳 岩波文庫 1941年)
  • 力の恒存について (ヘルムホルツ 岩波文庫 1949年)
  • 天体の囘転について (コペルニクス 岩波文庫 1953年)
  • 科学の歴史 科学思想の主なる流れ (S.メイスン 共訳 岩波書店 1955年-1956年)
  • 近代物理学史 (ウィリアム・ウィルソン 大森実共訳 講談社 1973年)
  • 発見者ファラデー (ジョン・チンダル 社会思想社(現代教養文庫) 1973年)
  • 古代の宇宙論 (カーメン・ブラッカー、M.ローウェ 矢島文夫共訳 海鳴社 1976年)