カーメン・ブラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カーメン・ブラッカーCarmen Blacker1924年7月13日2009年7月13日)は、イギリスサリー出身の日本学者民俗学者ケンブリッジ大学東洋学部教授。1982年から1984年まで英国民俗学会長を務めた。

慶應義塾大学に留学し福沢諭吉の研究も行った。1975年には南方熊楠に関する著書『The Catalpa Bow』、「あずさ弓 日本におけるシャーマン的行為」(秋山さと子訳、岩波書店)を著した。1997年には南方熊楠特別賞を受賞している[1]

2009年7月13日、85歳で亡くなっている[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b “カーメン・ブラッカー先生(南方熊楠特別賞受賞) が逝去されました”. 南方熊楠顕彰館. (2009年7月15日). http://www.minakata.org/cnts/news/index.cgi?c=n090715 2009年11月3日閲覧。 
  2. ^ “悼む:元ケンブリッジ大学教授、カーメン・ブラッカーさん=7月13日死去・85歳”. 毎日新聞. (2009年7月16日). http://mainichi.jp/select/person/itamu/news/20090916ddm012070058000c.html 2009年11月3日閲覧。