ブレッチリー・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレッチリー・パーク

ブレッチリー・パーク (Bletchley Park) は、イギリス バッキンガムシャー ミルトン・キーンズ ブレッチリーにある庭園邸宅。かつてのステーションX (Station X) の暗号名でも知られる。

第二次世界大戦期に政府暗号学校が置かれたことから、現在は第二次世界大戦の暗号解読をテーマとした博物館となっている。

歴史[編集]

元はイートン荘園 (Manor of Eaton) の一部で、1086年ドゥームズデイ・ブックに記載がある。邸宅は1711年ブラウン・ウィリス (w:Browne Willis) が建てた。

サミュエル・リップスコム・セカム (w:Samuel Lipscomb Seckham) が1877年に相続してから1883年に売却するまでの間に、ブレッチリー・パークの名で呼ばれるようになった。

第二次世界大戦期には政府暗号学校が置かれた。アラン・チューリングが勤務したことで有名。ドイツ軍のエニグマ暗号の解読に成功するなどの成果を上げた。

外部リンク[編集]