矢島せい子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やじま せいこ
矢島 せい子
生誕 1903年4月6日
日本の旗 日本 東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草
死没 (1988-01-24) 1988年1月24日(84歳没)
千葉県市川市[1]
出身校 日本女子大学 中退
職業 社会福祉運動家民俗学者
配偶者 矢島祐利
子供 矢島文夫(1928 - 2006)
矢島敬二(1930 - ) 元大学教授
矢島まさ子(1932 - 1937)
矢島敏彦(1934 - 1994) 元大学教授
父:竹芝傳蔵
親戚 弟:沢村国太郎
妹:沢村貞子
弟:加東大介

矢島 せい子(やじま せいこ、1903年4月6日 - 1988年1月24日[2])は、日本社会福祉運動家民俗学者である。障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会初代会長、ヘレン・ケラー賞受賞者[2]

人物・来歴[編集]

1903年(明治36年)4月6日東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)に歌舞伎作者・竹芝伝蔵(本名・加藤伝太郎)の娘・加藤せい子として生まれる[2]。弟に俳優の四代目澤村國太郎加東大介、妹に女優の沢村貞子がいる[2]。幼くして叔母の石井家に養女に出され、弟妹たちとは異なる生活を送る[3]

旧制・佐藤高等女学校(現在の女子美術大学付属高等学校)を卒業し[3]日本女子大学家政科に入学する[2]。1922年(大正11年)、同学を中退した[2]。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災に被災し、栃木県に疎開する[3]。同地で旧制小学校の代用教員を務め、翌年、小学校本科教員の資格を取得、1925年(大正14年)に旧制・浅草小学校(現在の台東区立浅草小学校)に転勤する[3]

1926年(大正15年)8月、旧制・東京帝国大学(現在の東京大学)に勤務する科学史家の矢島祐利と結婚[2][3]、同年12月、浅草小学校を退職する[3]。文夫、敬二、まさ子、敏彦の4児をもうける[3]。1937年(昭和12年)、まさ子、敏彦が疫痢を患い、まさ子が亡くなる[3]

1941年(昭和16年)、夫が旧制・京城帝国大学(現在のソウル大学校)教授に就任して、日本統治時代の朝鮮京畿道京城府(現在のソウル特別市)に滞在する[4][3]。翌年、京城幼児生活団の活動を始める[3]

第二次世界大戦終結後、帰国して、夫は進駐軍の経済科学局に勤務する[3]。1948年(昭和23年)、夫が東京物理学校(現在の東京理科大学)教授に就任している[4][3]。1952年(昭和27年)、「日本子どもを守る会」が結成されこれに参加する[3]

1953年(昭和28年)、夫との共著『家事と雑用』を岩波書店から上梓する。1967年(昭和42年)、「障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会」を結成、初代会長に就任する[2]。「日本子どもを守る会」副会長にも就任、障害者や児童の福祉に尽くした[2]。1977年(昭和52年)、ヘレン・ケラー賞を受賞した[2]

1988年(昭和63年)1月24日、死去[2][3]。84歳没。没後に回想録が多く出版された。夫の祐利は1995年に没した。子息の文夫(2006年没)は京都産業大学宮城学院女子大学教授を歴任、敬二は東京理科大学教授、敏彦(1994年没)は埼玉大学教授となった。

主な著作[編集]

国立国会図書館蔵書[5]

  • 『家事と雑用』、共著矢島祐利、岩波婦人叢書、岩波書店、1953年
  • 『矢島せい子のくらしの歳時記、労働教育センター、1979年8月
  • 『わたしの思い出』、ドメス出版、1988年1月
  • 『日本の食べものよもやま話』、労働教育センター、1988年5月 ISBN 4845000237
  • 『矢島せい子の足跡』、共著矢島祐利、ドメス出版、1989年1月
  • 『あらくさの花』、共著矢島祐利、ドメス出版、1989年12月

論文[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 矢島せい子 略歴と主な著書、JCN市川、2011年5月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 矢島せい子、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2009年11月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 矢島せい子年譜、うずら文庫、矢島敬二、2009年11月23日閲覧。
  4. ^ a b 矢島祐利、『講談社 日本人名大辞典』、講談社、コトバンク、2009年11月23日閲覧。
  5. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]