マキノ真三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マキノ 真三(-しんぞう、- 1982年7月[1])は、日本の映画監督映画プロデューサーである。「日本映画の父」として知られる牧野省三の三男、映画監督マキノ正博、映画プロデューサーマキノ光雄の弟として生まれたが、映画人としては大成しなかった。

来歴・人物[編集]

京都に生まれる。

高村正次の「正映マキノキネマ」、兄の正博がマキノ本家に設立した「京都映音」に関わったのち、日活京都撮影所で、兄・正博や辻吉郎の助監督をつとめる[2]1940年(昭和15年)、兄・正博が監督した『続清水港』でチーフ助監督をつとめた後、同社を退社、翌1941年(昭和16年)、東京・巣鴨町大都映画近衛十四郎を主演に『愛憎乱麻』で映画監督としてデビューした。同作は「マキノ真三第1回監督作品」と銘打たれて同年7月8日に公開されたが、同社ではそれきりであった。また、同年11月26日、女優の宮城千賀子と恋愛結婚する。宮城が1939年(昭和14年)の稲垣浩監督作『宮本武蔵』で「お通」を演じたため、前作『宮本武蔵』の轟夕起子が兄の正博と結婚したのに続いて、「お通がふたりマキノ家に嫁いだ」と当時騒がれた[3]

1943年(昭和18年)、兄・正博が撮影所長をつとめる松竹京都撮影所で、師の辻吉郎との共同監督、滝沢一との共同脚本で『海賊旗吹っ飛ぶ』を撮る。前年引退し家庭に入った妻・宮城が長男・省一を出産する[3]

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)6月、「劇団なでしこ」を結成し舞台に復帰、地方巡業で成功していた妻の宮城と「マキノ芸能社」を設立、演劇活動に挑むが、1948年(昭和23年)10月[3]には解散している[2]。同社の傘下に設立した「マキノ映画」が製作した『桜御殿』、『鉄路の薔薇』を監督した。同社に抱えていた映画監督の並木鏡太郎の映画復帰第1作『右門捕物帖 謎の八十八夜』を「新光映画」で製作、高村正次が真三を引っ張り出し、プロデュースさせた[4]。同年10月、「劇団なでしこ」を母体に新芸能社「ピンク・リボン・カンパニー」(PRC)を妻とともに設立、劇団の活動に重点を置いた[3]

高村正次が設立した「宝プロダクション」に入社、1952年(昭和27年)に加藤泰監督の『ひよどり草紙』をプロデュースしているが、「マキノ芸能社」の負債返済をめぐり夫婦仲は冷め、宮城は盛んに映画出演を始め、1953年(昭和28年)の中盤に離婚することになった[3]。その後は新東宝に移籍したりしたが、映画プロデューサーとしてもつづかなかった。のちに陶芸の世界へ進み、長野県安曇野に移住した[2]

マキノ家[編集]

フィルモグラフィ[編集]

助監督[編集]

監督[編集]

プロデューサー[編集]

[編集]

  1. ^ 宮城千賀子『嫁姑ののしり円満術 若夫婦とうまくつき合う秘訣』東京白川書院、1983年、p.52
  2. ^ a b c 立命館大学衣笠キャンパスの「マキノ・プロジェクト」サイト内の「小林昌典氏 談話」の記述を参照。
  3. ^ a b c d e 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社、1980年)の「宮城千賀子」の項(p.666-669)を参照。同項執筆は滝沢一司馬叡三
  4. ^ マキノ雅裕『映画渡世 地の巻 - マキノ雅弘自伝』(平凡社、1977年 / 新装版、2002年 ISBN 4582282024)の初版 p.264の記述を参照。

外部リンク[編集]