ボーイングとエアバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボーイングとエアバスは、過去から現在まで、ライバル関係にある航空機製造メーカーで、特に旅客機においてはお互いライバル機を多く製造している。初の競合機はボーイング側が製造するボーイング767エアバス側が製造するエアバスA300である。

このような、お互いの関係と経歴を以下に述べる。

経歴[編集]

1970年代 - 中型旅客機[編集]

エアバスA300-600
ボーイング767-200

ボーイング767エアバスA300は、初のお互いのライバル機となった。

エアバスは1970年12月に設立され、A300が最初に開発された旅客機である。一方、ボーイングはすでに多くの航空機を開発・製造・販売をしており、767は製造するジェット旅客機の中での5番目の製品である。

エアバスA300在来型は1972年10月28日に初飛行し、ボーイング767は約9年後の1981年9月26日に初飛行した。さらにエアバスはグラスコックピット化された短胴型エアバスA310や、その技術を使用したエアバスA300-600を開発し、これは1982年4月3日に初飛行した。

両機とも、中型の双発エンジンワイドボディ機で、200人以上の乗客が乗れるよう設計された。また、エアバスA310とボーイング767で世界で初めてグラスコックピット化するなど、数多く共通点があった。

主な相違点は、エアバスA300は胴体が太いことを生かしてLD-3コンテナを2列搭載できる事に対してボーイング767は1列しか搭載できない事や、エアバスA300のほうがわずかに標準座席数が多かった事、より古い在来型エアバスA300は航空機関士を含む3メンコックピットであったのに対して、ボーイング767は当初から2メンコックピットを目指したことなどが挙げられる。ただし、エアバスA300は貨物室を広く取ったため、客室が機体の中心より上にきてしまい、客室に圧迫感があった。

後継機が開発中であり、A310は一足早い1998年に事実上生産終了しており、A300も2007年に生産終了している。現在までのところボーイング767が製造機数で上回っており、また同機は2009年現在発注を受け付けているため、今後も伸びる見込みである(ただし、新規分は軍用がほとんどである)。

1980年代 - 小型旅客機[編集]

エアバスA320-200
ボーイング737-800

エアバスは、当時も製造が続いていたベストセラー機ボーイング727に対抗する旅客機を開発することを決定した。ボーイング727は、ボーイングが製造していた短・中距離用の中型機であったが、オイルショックなどが原因で次第に製造が終了していった。そのため、エアバスはボーイング727よりも燃費が良い旅客機を製造する必要があった。

そうして開発された旅客機が、エアバスA320シリーズである。開発していくうちにボーイング737と同クラス規模になってしまったものの、1987年2月22日に初飛行、1988年3月28日エールフランスにより就航した。またその後、短胴型のエアバスA319A318、長胴型のエアバスA321なども開発された。

それまで小型の旅客機の部門で優位だったボーイングは、この時ボーイング737-300を製造していた。このモデルは、新たにコンピューター制御による操縦が可能になり、燃費も大幅に向上していたものの、競争力を高めるためにはさらなる近代化が必要であった。こうして開発されたのがボーイング737NGで、1998年より就航した。

両機種とも150席クラスのナローボディ機で、グラスコックピットなどの新技術の採用などの共通点があったが、エアバスA320シリーズの方が胴体が太く、LD3-46/46Wコンテナを搭載可能であるのに対しボーイング737NGはコンテナに対応していない点、ボーイング737NGは既存の737シリーズと操縦規格を共通化させている点が主な特徴として挙げられる。現在、両機種ともさらなる発展型としてエアバスA320neoボーイング737MAXが開発されている。

この2機種の販売では、エアバスA320シリーズで運航するアメリカの航空会社やボーイング737シリーズで運航するヨーロッパの航空会社も多く、地の利は働いていない。

一方、DC-9MD-80シリーズにより小型旅客機市場でボーイングと競っていたマクドネル・ダグラスは、MD-80シリーズを近代化したMD-90でボーイングとエアバスに対抗したものの、設計の保守さが仇となって完全な敗退に終わった。結果としてマクドネル・ダグラスは経営不振に陥り、1997年7月末にボーイングに買収されたが、MD-90シリーズはボーイングのラインナップと重複しなかったMD-95だけがボーイング717として生産が続けられた。しかしこちらも受注が伸び悩み、2006年に生産を終了した。

1990年代 - 大型旅客機[編集]

エアバスA330-200
ボーイング777-200

1980年代になり、航空会社はロッキード L-1011 トライスターマクドネル・ダグラス DC-10の後継機となる旅客機を必要としていた。この需要に対し、エアバスはエアバスA330エアバスA340を、マクドネル・ダグラスはMD-11を開発していた。しかし、ボーイングはそれに対抗する大型旅客機をまだ開発していなかった。

そのため、ボーイングは新たに大型旅客機を開発する事を決定し、開発段階での機体名を「ボーイング767-X」に決定した。また世界ではじめて、ワーキング・トゥゲザーと呼ばれる、主要な航空会社の意見を調査し設計に反映するという試みも行った。そうして完成したのが、双発のボーイング777である。400人から500人の乗客を乗せられる大型機となり、ボーイングはこれでエアバスA330やA340、マクドネルダグラスMD-11に対抗することにした。

一方、エアバスA330は300人以上乗れる旅客機であるが、A330はエンジンが双発で中距離型、A340は四発エンジンで長距離型であることが違っていた。

マクドネル・ダグラスMD-11は、300人以上が乗れる長距離型で、三発エンジンであった。しかし、既に三発機の立場が中途半端になっていたこともあり完全な敗退で終わった。マクドネル・ダグラスの買収後、MD-11はボーイングにより2001年2月まで製造が続けられたが新規受注は行わず、そのまま生産を終了した。

2016年4月時点では、エアバスA330とボーイング777は製造が継続されており、さらなる発展型としてA330neoボーイング777Xが開発中である。

2000年代 - 次世代中型旅客機[編集]

2000年代に入り、新たな中型旅客機への需要が高まりつつあった。

それまで使用されてきた中型旅客機は、主にエアバスA300、A310やボーイング757、767であったが、いずれも1970年代に初飛行したものであり、最新鋭機に比べ技術的に見劣りする部分が見られ始めた。

そのためボーイングは、2004年にそれまで計画されていたソニック・クルーザーの開発を中断し、新たにボーイング7E7(別名:Y2)と呼ばれる次世代中型旅客機の開発に着手した(ソニック・クルーザーの開発中断の背景には、2001年アメリカ同時多発テロの航空業界落ち込みや、航空会社の注目が低かったこともある)。また、その後、この次世代中型旅客機と正式名称をボーイング787に決定した。

それに対し、エアバスは、ボーイング7E7に対抗するための次世代中型旅客機エアバスA350 XWBの開発を開始した。 当初のエアバスA350は、エアバスA330の改良型であり、ボーイング7E7と同じく300人程度が乗れる旅客機として開発されていた。しかし、航空会社からの良好な反応が得られなかったため、2006年にまったく設計を新たにした次世代中型旅客機を発表し、これをエアバスA350 XWBとした。

こうした事で、エアバスも航空会社から受注を得られたものの、2008年11月時点ではボーイング787の方が受注数では優勢である。

ボーイング787は2011年10月にANAにより商業飛行は開始された。一方のエアバスA350 XWBは2011年に製造、組み立てが始まった。初飛行は2013年[1]。そして2015年1月15日にカタール航空により商業運航が開始された。

両社の考え方の違い[編集]

大量乗客輸送[編集]

今後、航空旅客の需要が伸びることに対し、エアバスは「機体を大型にして1機あたりの乗客数を増やす」(ハブ・アンド・スポーク)との予測をし、この結果がエアバスA380の開発へとつながった。

一方、ボーイングは、空港が整備され、航空機の発着数も増えるため、「大型ではなくても、旅客機がたくさんあれば需要に応じられる」(ポイント・トゥー・ポイント)としており、この結果としてソニック・クルーザーの開発を構想するも頓挫し、後にボーイング767の後継としてボーイング787の開発へとつながった。

操縦桿[編集]

フライ・バイ・ワイヤ機の開発に当たって、エアバスは操縦入力装置としてサイドスティック式の操縦桿を採用しているが、ボーイングは旧来と同じデザインの操縦輪を採用している。

エンジン配置[編集]

エンジンの技術はどんどん進歩して、エンジン1基あたりの持ち時間や推力も増え、信頼性も大幅に向上している。ボーイングは、そのようなことから「エンジンを大型化し、1基あたりの持ち時間を増やすことで、エンジン故障時の安全は確保される」としているが、エアバスは「やはりエンジンが4基ほどあった方が、安全性は図れる」とし、エアバスA340の製造を続けていたが、2011年をもってA340の製造は終了した。

参考文献[編集]

  • 青木 謙知 「ボーイングVSエアバス」 イカロス出版 2004年
  • エアバスの真実―ボーイングを超えたハイテク操縦 講談社
  • エアバスA320は、なぜ墜ちたか―パイロットのせいか、飛行機のせいか 講談社
  • 超巨人旅客機エアバスA380―夢の旅客機、2階建て850人乗り ワールドフォトプレス
  • ボーイングvsエアバス―旅客機メーカーの栄光と挫折 アリアドネ企画
  • スポーティーゲーム―国際ビジネス戦争の内幕 ジョン ニューハウス著 航空機産業研究グループ訳 學生社 (1988/12) ISBN 978-4311600142
  • Flight of the Titans: The Inside Story of the Airbus A380's Incredible Battle to Beat Boeing Virgin Pub ISBN 978-0753510148
  • Recent Developments with Airbus Stationery Office Books ISBN 978-0215036940
  • Flightpath Classics: Profiles Of The Aerospatiale's Bac Concorde, Boeing 777 & Airbus A300 Airtime Pub
  • How Boeing Defied the Airbus Challenge: An Insider's Account ISBN 978-1450501132
  • The Sporty Game: The High-Risk Competitive Business of Making and Selling Commercial Airliners John,Newhouse. 1982. ISBN 978-0-394-51447-5
  • Boeing versus Airbus: The Inside Story of the Greatest International Competition in Business ISBN 978-1400078721
  • Birds of Prey: Boeing vs. Airbus: A Battle for the Skies ISBN 978-1568581071
  • Airbus Industries: The Politics of an International Industrial Collaboration ISBN 978-0312124410
  • Dogfight: The Transatlantic Battle over Airbus ISBN 978-0275942786
  • Airbus Industrie: Conflict and Cooperation in Us-Ec Trade Relations ISBN 978-0312175320
  • Airbus: The European Triumph ISBN 978-0850458206
  • Airbus: L'ambition europeenne : logique d'Etat, logique de marche ISBN 978-2738404152
  • Airbus, un succes industriel europeen: Industrie française et cooperation europeenne, 1965-1972 ISBN 978-2841520213
  • Airbus versus Boeing revisited: International competition in the aircraft market ASIN B0006RT5YY
  • Airbus and Boeing:: The Fight for Hegemony ISBN 978-1616744793
  • How Boeing Defied the Airbus Challenge: An Insider's Account ISBN 978-1450501132

出典[編集]

関連項目[編集]