エアバス ベルーガ XL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エアバスA330 > エアバス ベルーガ XL

エアバス ベルーガ XL

ベルーガXLの初飛行

ベルーガXLの初飛行

エアバス ベルーガ XL は欧州のエアバス社が開発中の大型貨物輸送機である。

概要[編集]

2014年11月に本機の開発計画がローンチされ、2016年7月19日に細部が公表された。

本機の製造にはA330シリーズの貨物型A330-200Fの前部胴体と旅客型A330-300の後部胴体を利用している。コンポーネントや機器は従来の物を再利用し、コックピットや貨物室を新規開発した[1]

バブル・エアフレーム・セクションと呼ばれる拡張部を胴体上部に加えることで、全長45m、内径8m、最大積載重量50tの貨物デッキを備えることになる。これはベルーガ STに比べて30%容積が拡大している[1]

また、ベルーガ STと同様に、貨物の搬入・搬出のための開口部を得るためコックピット部は機体下部に移されている。

この機体はベルーガ STと同じく同社のナロー機ワイド機の製造用部品輸送用に運用され、ヨーロッパ各地の工場から、完成した胴体セクションや左右主翼セット(最大、A350 XWBまで可能)を最終組立施設があるフランスのトゥールーズやドイツのハンブルグへ運ぶのに利用される予定である。

2023年までに計5機の製造が計画されており[1]、完成後は順次従来のベルーガ STを置き換える予定である。

初号機は2019年中期に就航が予定されている[2]

2017年1月8日、エアバスは「ベルーガXL」の主要パーツの組立を開始したと発表した。[3]

2018年7月19日に初飛行に成功し、今後10ヵ月間に600時間の試験飛行を行う予定[1]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Tadayuki YOSHIKAWA (2017年1月8日). “ベルーガXL、初飛行成功 19年就航へ” (日本語). Aviation Wire. https://www.aviationwire.jp/archives/151648 2018年7月20日閲覧。 
  2. ^ 『NEWS DIGEST』「航空技術」2016年9月号、日本航空技術協会、雑誌03783-09、15頁
  3. ^ “エアバスの次世代輸送機「ベルーガXL」、組立開始を発表 18カ月間の工程” (日本語). Fly Team. (2017年1月8日). http://flyteam.jp/news/article/73824 2017年1月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]