ユーロコプター EC 725

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

EC 725 カラカル

EC 725 カラカル

EC 725 カラカル

ユーロコプター EC 725 カラカル (Eurocopter EC 725 Caracal) は、ユーロコプター社が開発した大型双発ヘリコプターシュペルクーガー(Super Cougar)とも呼ばれる。顧客であるフランス空軍の要求に従い、操縦士2名を含め最大で29名の兵員を輸送できる軍用長距離双発ヘリコプターである。AS 532を発展させる形で開発され、民間向けに同様の性能を持つEC 225もあるが、いずれもAS 332L2をベースにしている。主に兵員輸送、災害救助、捜索救難向けとしてマーケットに出されている。

来歴[編集]

フランス空軍から掲示があった戦闘捜索救難 (CSAR) ヘリコプターの要求仕様に応えるため、ユーロコプターは1996年から1999年にかけてAS 532A2(AS 332L2の軍用型)の広範な試験を行ったが、フランス空軍はこれを不合格にした。

ユーロコプターはより野心的に設計したEC 725を開発し、2000年11月27日に初飛行を成功させた。これは2001年1月15日に初公開され、フランス空軍の興味を引き、戦闘捜索救難ヘリコプターとして2005年2月にまで納入期限つきで6機を発注した。翌年の2002年にはフランス陸軍が8機を発注している。

設計[編集]

本機の設計は、アエロスパシアル時代に設計されたAS 532 クーガー(AS 332 シュペルピューマの軍用型)を発展させたものとなっている。主たる改良点は、主ローターを複合材料製の5枚ブレード式としたことである。エンジン制御にはFADEC、コクピットにはアクティブ・マトリクス駆動による液晶ディスプレイが採用された。また、戦闘捜索救難任務に対応するため、自衛用のFN MAG機関銃2丁、レーダー警戒受信機チャフフレアディスペンサーを搭載するほか、攻撃用兵装としてガンポッドロケット弾ポッドを機体側面に装備できる。空中給油プローブを装備して航続距離を伸ばすことも可能。さらに、捜索レーダーに加えてFLIRを搭載しているため、夜間の救難任務にも対応できる。

運用者[編集]

アフガニスタンで活動するEC 725


仕様 (EC 725)[編集]

三面図

出典: Eurocopter.com

諸元

  • 乗員: 1または2
  • 定員: 28名
  • 全長: 19.50 m (63.98 ft)
  • 全高: 4.60 m (15.09 ft)
  • ローター直径: 16.20 m (53.14 ft)
  • 空虚重量: 5,330 kg (11,750 lb)
  • 運用時重量: 5,670 kg (12,500 lb)
  • 有効搭載量: 11,000 kg (24,250 lb)
  • 最大離陸重量: 11,200 kg (24,700 lb)
  • 動力: チュルボメカ マキラ 2A1 ターボシャフト、1,800 kW (2,413 shp) × 2

性能

  • 超過禁止速度: 324 km/h
  • 最大速度: 324 km/h (175 kt)
  • 巡航速度: 285 km/h (154 kt)
  • 航続距離: 857 km (463 海里)
  • 実用上昇限度: 6,095 m (20,000 ft)
  • 上昇率: 3.6 m/s (710 ft/min)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

外部リンク[編集]