ブラック・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラックミラーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラック・ミラー
ジャンル サイエンスフィクション
風刺
心理ドラマ
原案 チャーリー・ブルッカー
国・地域 英国
言語 英語
シーズン数 4
話数 19(各話リスト)
各話の長さ 44–89 分
製作
製作総指揮 チャーリー・ブルッカー
アナベル・ジョーンズ
プロデューサー バーニー・レイズ
製作 Zeppotron (2011–13)
House of Tomorrow (2014–present)
配給 Endemol UK
放送
放送チャンネル Channel 4 (2011–14)
Netflix (2016–present)
映像形式 HDTV 1080i
音声形式 Dolby Digital 2.0
放送期間 2011年12月4日 (2011-12-04) -  ()
公式ウェブサイト

ブラック・ミラー』(: Black Mirror)は、2011年から放送されているチャーリー・ブルッカー英語版によって制作された英国SFテレビアンソロジーシリーズであり、特に新しいテクノロジーがもたらす予期せぬ結果に関連して、現代社会を描くダークで風刺的テーマを中心としている。エピソードは1話完結の作品で、通常は異なる現代や近い将来が舞台である。

概要[編集]

2011年にイギリスのチャンネル4にて初めて放送され、ネットフリックス2015年9月に3シーズン計12話を制作依頼した。制作されたエピソードは6話ずつ2シーズンに分け、シーズン3は2016年10月21日に全世界配信された。

番組の内容と構造に関してブルッカーは「それぞれのエピソードは異なるキャスト、異なる設定、異なる現実ですが、私たちが不器用であるならば、それらのエピソードは私たちの今の生き方、そして私たちが生きるであろう10分後を表している」と話している。

また、このシリーズはネットフリックスに追加された後、批評家から称賛を受け、特にアメリカを中心に、国際的に関心が高まっている。

受賞[編集]

2018年の第70回プライムタイム・エミー賞では脚本賞リミテッドシリーズ/テレビ映画部門を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 小林雅明「ポスト・ヒューマン時代のわたしたちを映し出す漆黒の鏡――ブラック・ミラー」『ネットフリックス大解剖』DU BOOKS、2019年1月。

出典[編集]

外部リンク[編集]