サラ・スヌーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サラ・スヌーク
Sarah Snook
Sarah Snook
生年月日 1987年
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリア アデレード
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2009年 -

サラ・スヌーク(Sarah Snook、1987年 - )は、オーストラリアの女優。日本語では「セーラ・スヌーク」と表記されることもある[1]アデレード出身[2]。『シドニー・モーニング・ヘラルド』誌で「2015年に注目すべきオーストラリアの顔」のひとりに選ばれた[3]

経歴[編集]

2008年、オーストラリア国立演劇学院を卒業する[4]

2011年、映画『スリーピング ビューティー/禁断の悦び』に端役で出演する[5]。2012年の恋愛コメディ映画『Not Suitable for Children』ではライアン・クワンテンと共演する[6]。2014年、ホラー映画『ジェサベル』で主演を務める[7]。同年、SF映画『プリデスティネーション』でイーサン・ホークと共演する[8]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • All Saints(2009年)
  • Sisters of War(2010年)
  • Packed to the Rafters(2011年)
  • Spirited(2011年)

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イーサン・ホークがタイムトラベルして爆弾魔を追う! SF映画2月公開”. シネマトゥデイ (2014年12月7日). 2015年3月8日閲覧。
  2. ^ Breakout performance in Predestination is another feather in Sarah Snook's cap”. The Sydney Morning Herald (2014年8月29日). 2015年3月8日閲覧。
  3. ^ Australian faces to watch in 2015: television, movies, music, movies”. The Sydney Morning Herald (2015年1月8日). 2015年3月8日閲覧。
  4. ^ ハリウッド版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のヒロイン候補はこの5人!”. シネマトゥデイ (2010年7月24日). 2015年3月8日閲覧。
  5. ^ International Star You Should Know: Sarah Snook”. Variety (2014年6月27日). 2015年3月8日閲覧。
  6. ^ Snook and Kwanten shine in Not Suitable”. The Sydney Morning Herald (2012年7月6日). 2015年3月8日閲覧。
  7. ^ Actress Sarah Snook more comfortable with possibility of stardom”. The Columbus Dispatch (2015年1月22日). 2015年3月8日閲覧。
  8. ^ Predestination review: Right time to identify with Spierig brothers' time travel vision”. The Sydney Morning Herald (2014年8月27日). 2015年3月8日閲覧。
  9. ^ Surprises aplenty as AACTA Awards are announced”. The Sydney Morning Herald (2015年1月29日). 2015年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]