私というパズル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
私というパズル
Pieces of a Woman
監督 コルネル・ムンドルッツォ
脚本 カタ・ヴェーベル
製作 アシュリー・レヴィンソン
アーロン・ライダー
ケヴィン・チューレン
製作総指揮 ジェイソン・クロース
アーロン・L・ギルバート
サム・レヴィンソン
マーティン・スコセッシ
スチュアート・マナシル
スラージ・マラボイナ
リチャード・マコーネル
ヴィクトリア・ペトラニー
スティーヴン・ティボー
出演者 ヴァネッサ・カービー
シャイア・ラブーフ
エレン・バースティン
モリー・パーカー
音楽 ハワード・ショア
撮影 ベンジャミン・ローブ
編集 ダーヴィド・ヤンチョ
製作会社 クリエイティブ・ウェルス・メディア
ブロン・スタジオズ
リトル・ラム
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2021年1月7日(配信)
製作国 カナダの旗 カナダ
 ハンガリー
言語 英語
テンプレートを表示

私というパズル』(原題:Pieces of a Woman)は2021年に公開されるカナダハンガリー合作のドラマ映画である。監督はコルネル・ムンドルッツォ、主演はヴァネッサ・カービーが務めた。本作での演技によって、カービーは第77回ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞した[1]

概略[編集]

ボストン。マーサは出産を間近に控えており、自宅で出産する準備を整えていた。夫のショーンは不器用ながらも懸命にサポートしていたが、その甲斐もなく死産になってしまった。悲しみのどん底に突き落とされた2人だったが、その悲しみを思うように分かち合うことができず、夫婦の間に徐々に溝が生じ始めた。そんなマーサに追い打ちをかけたのが母親のエリザベスだった。エリザベスは「助産師(イヴ)を告訴して然るべき責任を取らせるべきだ」と強硬に主張し、マーサを強引に原告席に着かせたのである。

本作はマーサが死産の悲しみだけではなく、夫や母親、助産師とも向き合うことで、ゆっくりと自己を取り戻していく姿を描き出した作品である。

キャスト[編集]

製作[編集]

2019年10月、コルネル・ムンドルッツォ監督の新作映画にヴァネッサ・カービーとシャイア・ラブーフが出演することになった[2]。12月16日、ジミー・フェイルズ、エレン・バースティン、モリー・パーカー、イライザ・シュレシンガーの起用が発表された[3]。同月、本作の主要撮影がカナダのモントリオールで始まった[4]。2020年1月、サラ・スヌークとベニー・サフディがキャスト入りした[5]。8月19日、ハワード・ショアが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[6]。2021年1月8日、デッカ・レコーズが本作のサウンドトラックを発売した[7]

公開・マーケティング[編集]

2020年9月4日、本作は第77回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された[8]。12日、第45回トロント国際映画祭で本作の上映が行われた[9]。同日、Netflixが本作の全世界配信権を獲得した[10]。11月17日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[11]

評価[編集]

本作は批評家から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには55件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で7.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『私というパズル』のオープニングシーンは実に衝撃的なものだが、それで得たパワーを持続するのに苦戦している。しかし、ヴァネッサ・カービーの演技のお陰で、死産の悲しみを切実に描写することには成功している。」となっている[12]。また、Metacriticには11件のレビューがあり、加重平均値は69/100となっている[13]

出典[編集]

  1. ^ 黒沢清監督「スパイの妻」ベネチア映画祭で監督賞「ずっと監督を続けてきて本当に良かった」 作品賞は「ノマドランド」”. 映画.com (2020年9月13日). 2020年12月1日閲覧。
  2. ^ Shia LaBeouf to Star in Drama 'Pieces of a Woman' (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2019年10月22日). 2020年12月1日閲覧。
  3. ^ Iliza Shlesinger, More Join ‘Pieces Of A Woman’; Pooch Hall Cast In ‘Cherry’; Halle Berry’s ‘Bruised’ Adds Sheila Atim – Update”. Deadline.com (2019年12月16日). 2020年12月1日閲覧。
  4. ^ There's An Open Casting Call For A Montreal Baby To Be Shia LaBeouf's Child In A New Movie”. MTL Blog (2019年11月26日). 2020年12月1日閲覧。
  5. ^ 'Uncut Gems' Director Benny Safdie Joins Shia LaBeouf in 'Pieces of a Woman'”. Collider (2021年1月21日). 2020年12月1日閲覧。
  6. ^ Howard Shore Scoring Kornél Mundruczó’s ‘Pieces of a Woman’”. Film Music Reporter (2020年8月19日). 2020年12月1日閲覧。
  7. ^ ‘Pieces of a Woman’ Soundtrack Album Details”. Film Music Reporter (2021年1月7日). 2021年1月8日閲覧。
  8. ^ Venice Film Festival 2020: Competition Light On Studios, Strong On Global Arthouse & Women Directors – Full List”. Deadline.com (2020年7月28日). 2020年12月1日閲覧。
  9. ^ Toronto Sets 2020 Lineup: Werner Herzog, Regina King, Mira Nair, Francois Ozon, Naomi Kawase Titles Join Hybrid Edition”. Deadline.com (2020年7月30日). 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ Vanessa Kirby’s Venice Winner ‘Pieces of a Woman’ Sells to Netflix in Worldwide Deal”. Variety (2020年9月12日). 2020年12月1日閲覧。
  11. ^ Pieces of a Woman Official Trailer Netflix”. YouTube (2020年11月17日). 2020年12月1日閲覧。
  12. ^ Pieces of a Woman”. Rotten Tomatoes. 2020年12月1日閲覧。
  13. ^ Pieces of a Woman (2020)”. Metacritic. 2020年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]