アンドレア・ライズボロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレア・ライズボロー
Andrea Riseborough
Andrea Riseborough
本名 Andrea Louise Riseborough[1]
生年月日 (1981-10-27) 1981年10月27日(36歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ウィットリー・ベイ英語版
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台

アンドレア・ライズボロー(Andrea Riseborough、1981年10月27日 - )は、イングランド女優

生い立ち[編集]

1981年10月27日[1]ウィットリー・ベイ英語版で中流家庭に生まれる[2]。幼少期より演劇を好み、17歳でインデペンデント・スクールを中退して王立演劇学校に進んだ[3][4]

キャリア[編集]

王立演劇学校在学中に3度テレビドラマに出演[2]。2005年に卒業後、『A Brief History of Helen of Troy』で2005年シアターゴーアーズ・チョイス・アワードの新人賞にノミネートされた[3]。2006年に出演したロイヤル・シェイクスピア・カンパニー公演のストリンドベリ作『令嬢ジュリースウェーデン語版』とシェイクスピア作『尺には尺を』の演技によりイアン・チャールソン賞英語版を授与される[4]

テレビでは2008年にチャンネル4で放送された『The Devil's Whore』で王立テレビジョン協会英語版賞を受賞[5]。若きサッチャーを演じた2009年のBBCのテレビ映画『マーガレット・サッチャー〜政界を夢見て〜英語版』では英国アカデミー・テレビジョン賞の女優賞にノミネートされた[6]。2009年には両作品の演技で放送記者協会英語版賞を受賞している[7]

映画ではマイク・リー監督の『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008年) やカズオ・イシグロ原作の『わたしを離さないで』(2010年) などに出演。2010年に出演した『ブライトン・ロック英語版』では第13回英国インディペンデント映画賞の主演女優賞と新人賞にノミネートされた。その後マドンナが監督した『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』(2011年) ではウォリス・シンプソンを演じた。2012年に出演した『シャドー・ダンサー』では再び英国インディペンデント映画賞の主演女優賞にノミネートされ、受賞を果たした。2013年には『ビトレイヤー』、『Disconnect』、『オブリビオン』、『Hidden』に出演し、ジェームズ・マカヴォイアレクサンダー・スカルスガルドトム・クルーズらと共演している。2014年にはアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥが監督する『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の公開が控える[8]

私生活[編集]

モデル兼ストリート・アーティストのアメリカ人ジョー・アペルと交際している[9]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2006 ヴィーナス
Venus
女優
2007 Magicians ダニー
2008 ハッピー・ゴー・ラッキー
Happy-Go-Lucky
ドーン
2009 Mad Sad & Bad ジュリア
2010 ファクトリー・ウーマン
Made in Dagenham
ブレンダ
わたしを離さないで
Never Let Me Go
クリッシー
ブライトン・ロック
Brighton Rock
ローズ
2011 Resistance サラ
ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋
W.E.
ウォリス・シンプソン
2012 シャドー・ダンサー
Shadow Dancer
コレット・マクヴィー
ディス/コネクト
Disconnect
ニーナ・ダンハム
2013 ビトレイヤー
Welcome to the Punch
サラ・ホークス
オブリビオン
Oblivion
ヴィクトリア
2014 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
Birdman
ローラ
The Silent Storm エイスリン
2015 Hidden クレア
2016 ノクターナル・アニマルズ
Nocturnal Animals
アレッシア
Shepherds and Butchers カスリーン
Mindhorn DC べインズ
2017 スターリンの葬送狂騒曲
The Death of Stalin
スヴェトラーナ・アリルーエワ
バトル・オブ・ザ・セクシーズ
Battle of the Sexes
マリリン・バーネット
2018 Mandy マンディ・ブルーム
Burden ジュディ

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
2005 ドクター・マーティン
Doc Martin
サマンサ 1エピソード
2008 ビーイング・ヒューマン
Being Human
アニー
マーガレット・サッチャー ~政界を夢見て~
The Long Walk to Finchley
マーガレット・サッチャー テレビ映画
2016 - BLOODLINE ブラッドライン
Bloodline
エヴァンジェリン・ラドセヴィッチ シーズン2: メインキャスト
2017 - ブラックミラー
Black Mirror
ミア・ノーラン

脚注[編集]

  1. ^ a b Andrea Riseborough”. AlloCiné. 2015年9月21日閲覧。
  2. ^ a b Brown, Mick (2012年8月23日). “Shadow Dancer: Andrea Riseborough interview”. The Telegraph (Telegraph Media Group). http://www.telegraph.co.uk/culture/film/starsandstories/9440640/Shadow-Dancer-Andrea-Riseborough-interview.html 2013年6月3日閲覧。 
  3. ^ a b “Andrea Riseborough: No virgin”. The Independent. (2008年2月12日). http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/andrea-riseborough-no-virgin-780949.html 2013年6月3日閲覧。 
  4. ^ a b Day, Elizabeth (2010年9月26日). “The rise of Andrea Riseborough”. The Observer (Guardian News and Media). http://www.guardian.co.uk/film/2010/sep/26/andrea-riseborough-made-in-dagenham 2013年6月3日閲覧。 
  5. ^ Programme Awards Winners 2008”. Royal Television Society. 2013年6月3日閲覧。
  6. ^ Television”. 英国映画テレビ芸術アカデミー. 2013年6月3日閲覧。
  7. ^ 2009”. Broadcasting Press Guild. 2013年6月3日閲覧。
  8. ^ Fleming, Mike (2013年3月7日). “Andrea Riseborough Joins Ensemble Comedy ‘Birdman’”. Deadline Hollywood (PMC). http://www.deadline.com/2013/03/andrea-riseborough-joins-ensemble-comedy-birdman/ 2013年6月3日閲覧。 
  9. ^ Walker, Tim (2012年1月17日). “Andrea Riseborough finds a model boyfriend in Joe Appel”. The Telegraph (Telegraph Media Group). http://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/9018196/Andrea-Riseborough-finds-a-model-boyfriend-in-Joe-Appel.html 2013年6月3日閲覧。 

外部リンク[編集]