ジョディ・ウィテカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジョディ・ウィテカー[1]
  • ジョディ・ウィッテカー[2]
ジョディ・ウィテカー
Jodie Whittaker
Jodie Whittaker
2018年サンディエゴコミコンにて
本名 Jodie Auckland Whittaker(ジョディ・オークランド・ウィテカー)
生年月日 (1982-06-03) 1982年6月3日(37歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドウェスト・ヨークシャースケルマンソープ英語版
職業 俳優
活動期間 2005年 - 現在
配偶者 クリスチャン・コントレラス[注釈 1] (m. 2008)
主な作品
ヴィーナス
ブロードチャーチ〜殺意の町〜
ドクター・フー
備考
ギルドホール音楽演劇学校出身
テンプレートを表示

ジョディ・オークランド・ウィテカー: Jodie Auckland Whittaker1982年6月3日 - )はイングランド出身の女優である。2006年の長編映画『ヴィーナス』で映画デビューし、この作品で英国インディペンデント映画賞サテライト賞にノミネートされた。2011年のカルトSF映画アタック・ザ・ブロック』や、アンソロジーシリーズ『ブラックミラー』のエピソード『人生の軌跡のすべて英語版』(2011年)、クリス・チブナル制作のテレビドラマ『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』(2013年 - 2017年)などが高く評価されている。

2017年7月には、イギリス・BBCのドラマシリーズ『ドクター・フー』で、13代目かつ女性として初めてとなるドクター役を演じることが明らかにされた[1][3]

幼少期[編集]

ウィテカーはウェスト・ヨークシャースケルマンソープ英語版で育った[4]。同州のシェリー・カレッジ (Shelley Collegeに通った後、ギルドホール音楽演劇学校に進学し、2005年に演技部門の金メダルを取って卒業した[5]

キャリア[編集]

ウィテカーは、2005年にシェイクスピアズ・グローブで上演された "The Storm" でプロデビューし[5]、以来映画やテレビ・ラジオ番組、舞台演劇などで活躍している。2007年には、急病となったキャリー・マリガンの代役として、ロイヤル・コート・シアター英語版の『かもめ』に出演し[6]、またアルメイダ・シアター英語版での慈善興行にも出演した。

ウィテカーにとって初めての大役となったのは、映画『ヴィーナス』で演じたジェシー / ヴィーナス役である[6]。2008年にはスティーヴン・ポリアコフ英語版の戯曲 "Blinded by the Sun" のラジオ番組版に出演したほか[7]、ジュディス・フレンチ[注釈 2]によるオリジナル・ラジオドラマ『アンシーン・オースティン』"Unseen Austen" ではリディア・ベネット役を演じた[注釈 3]。2009年には映画 "Ollie Kepler's Expanding Purple World"[8]BBC Twoのドラマ『ロイヤル・ウェディング』"Royal Wedding"[9]、短編映画『ウィッシュ143英語版』に出演した[10]。うち『ウィッシュ143』は、第83回アカデミー賞アカデミー短編映画賞にノミネートされた[11]

2009年には、アイルランドのコメディ・クライム映画『ペリエズ・バウンティ英語版』に出演している[12]。2010年には、映画『キッド英語版』に出演したほか、BBCのドラマ『アキューズド』"Accused" で主演した。2011年には、サラ・ウォーターズの『夜愁英語版』を映像化したBBCのドラマでヴィヴ役を演じ[13]、同年にはカルト映画『アタック・ザ・ブロック』にも出演した。2012年には、ミュージカル・コメディドラマ『グッド・ヴァイブレーションズ英語版』に出演している[14]

2013年3月から4月にかけて、ウィテカーはITVのドラマ『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』に登場し、シリーズ終了の2017年まで3シリーズに渡って出演した[2]。2014年1月には、実話を基にしたABCのスパイドラマシリーズ『アセッツ英語版』に出演した[15]

2017年7月16日、BBCはドラマシリーズ『ドクター・フー』の新ドクターとしてウィテカーを起用したことを発表した[1][3]。彼女はのべ13代目のドクターとなるほか、女性として初めてドクター役を演じることになり[3][16][17]、2017年のクリスマス・エピソード ("The Doctors"で初登場するとされた[3]。彼女の新ドクター就任に伴い、『ブロードチャーチ』を制作したチブナルが同シリーズの制作総指揮ならびにヘッド・ライターに就任する[18][19]。キャスティング後、秘密を守るため夫やマネージャーとは、ドクター役を示す符牒として「クルーニー」を用いやりとりしていたという[19]。白人男性キャストばかりだったことから[1]、彼女のキャスティングには多くのファンから絶賛の声が寄せられたが[20]、疑問視される声もあった。女性初のドクター役について、彼女はインタビューで次のように発言している。

「今は本当にわくわくする時代で、ドクター・フーは変化することのわくわく感を体現する存在です。ファンの皆さんは、ドクターの色々な変化をずっと経験してきた。今回のこれは、単に新しくて、今までと違った形の変化だと言うだけで、決して怖いものではないので」
"Doctor Who represents everything that’s exciting about change. The fans have lived through so many changes, and this is only a new, different one, not a fearful one." — 英文:『テレグラフ』(2017年7月17日)[19]、日本語訳:BBCニュース・ジャパン(2017年7月17日)[1][21]より引用

私生活[編集]

ウィテカーは、2008年にアメリカ人俳優のクリスチャン・コントレラスと結婚した[22]。2015年には第1子が生まれている[23]

甥っ子にあたるハリー・ウィテカー(英: Harry Whittaker)はダウン症を患っており、2014年に3歳で亡くなるまで、ソープオペラエマーデイル英語版』でダウン症児のリオ・ゴスカーク (Leo Goskirkを演じていた[24][25]

著書[編集]

寄稿[編集]

  • Feminists Don't Wear Pink (and other lies): Amazing women on what the F-word means to them, (2018年) Penguin. ISBN 978-0241357187

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

作品名 役名 備考
2006年 ヴィーナス
Venus
ジェシー
Jessie[26]
2007年 聖トリニアンズ女学院
St Trinian's
ベヴァリー
Beverly[26][29]
2008年 善き人
Good
アン・ハートマン
Anne Hartman[26]
2009年 ホワイト・ウェディング英語版
White Wedding
ローズ
Rose[30]
Swansong: Story of Occi Byrne ブリジット・バーン
Bridget Byrne[26]
Roar エヴァ
Eva[30]
短編映画
ペリエズ・バウンティ英語版
Perrier's Bounty
ブレンダ
Brenda[26]
ウィッシュ143英語版
Wish 143
マギー
Maggie[10]
短編映画
聖トリニアンズ女学院2
St Trinian's 2: The Legend of Fritton's Gold
ベヴァリー
Beverly[26][29]
2010年 キッド英語版
The Kid
ジャッキー
Jackie[26]
Ollie Kepler's Expanding Purple World ノリーン・ストークス
Noreen Stokes[26]
2011年 アタック・ザ・ブロック
Attack the Block
サマンサ・アダムス
Samantha Adams[29]
ワン・デイ 23年のラブストーリー
One Day
ティリー
Tilly[26]
ア・サウザンド・キスィズ・ディープ英語版
A Thousand Kisses Deep
ミア・セルヴァ
Mia Selva[26]
ビデオ・オペレーターも兼任
2012年 グッド・ヴァイブレーションズ英語版
Good Vibrations
ルース
Ruth[26]
Ashes (en ルース
Ruth[32][33]
Dust ジェシカの母親
Jessica's Mum[34]
短編映画
2013年 スパイク・アイランド英語版
Spike Island
スザン
Suzanne[26]
2014年 Hello Carter ジェニー
Jenny[26]
ゲット・サンタ英語版
Get Santa
アリソン
Alison[26]
Emotional Fusebox アナ
Anna[26]
短編映画
ブラック・シー
Black Sea
クリッシー
Chrissy[26]
2016年 アダルト・ライフ・スキルズ英語版
Adult Life Skills
アナ
Anna[26]
制作総指揮も兼任
2017年 Journeyman エマ
Emma[30]
製作完了

テレビ番組[編集]

作品名 役名 備考
2006年 アフタヌーン・プレイ英語版
The Afternoon Play
出演[36] エピソード:"The Last Will and Testament of Billy Two-Sheds"
ドクターズ英語版
Doctors
ルイーズ・クランシー
Louise Clancy[30]
エピソード:"Ignorance Is Bliss"
ダルジール警視英語版
Dalziel and Pascoe
カースティ・リチャーズ
Kirsty Richards[30][37]
エピソード:"Fallen Angel"
2007年 This Life + 10英語版
This Life + 10
クレア
Clare[30]
テレビ映画
2008 テス英語版
Tess of the D'Urbervilles
イズ・ヒューエット
Izz Huett[26][38]
ミニシリーズ、『ダーバヴィル家のテス』の映像化作品
ワイアド英語版
Wired
ルイーズ・エヴァンズ
Louise Evans[26]
ミニシリーズ
The Shooting of Thomas Hurndall ソフィー
Sophie[26]
テレビ映画、ガザイスラエル国防軍に狙撃され死亡したトム・ハーンドール英語版を扱ったドキュメンタリー
コンスーミング・パッション英語版
Consuming Passion
メアリー・ブーン
Mary Boon[26]
テレビ映画
2010 アキューズド英語版
Accused
エマ・クロフト
Emma Croft[30]
エピソード:"Liam's Story"
ロイヤル・ウェディング
Royal Wedding
リンダ・カドック
Linda Caddock[26]
テレビ映画
2011 マーチランズ英語版
Marchlands
ルース・ボウエン
Ruth Bowen[30]
5話
ブラックミラー
Black Mirror
フィオン
Ffion[29]
エピソード:『人生の軌跡のすべて英語版
"The Entire History of You"
ナイト・ウォッチ英語版
The Night Watch
ヴィヴィアン・ピアース
Vivian Pearce[26]
テレビ映画、サラ・ウォーターズの同名小説『夜愁』を映像化
2013年 – 2017年 ブロードチャーチ〜殺意の町〜
Broadchurch
ベス・ラティマー
Beth Latimer[26][29]
24話
2014年 アセッツ英語版
The Assets
サンドラ・グリムズ英語版
Sandra Grimes[30]
8話
スモーク英語版
The Smoke
トリシュ・トゥーリー
Trish Tooley[30]
8話
2017年 トラスト・ミー
Trust Me
キャス・ハーデカー
Cath Hardacre[30]
2017年 - ドクター・フー
Doctor Who
ドクター
The Doctor[29]
13代目ドクター、2017年のクリスマス・エピソード ("Twice Upon a Time"から登場

舞台[編集]

作品名 役名 劇場
2005年 Storm, TheThe Storm アンペリスカ
Ampelisca[40]
シェイクスピアズ・グローブ
2006年 Enemies ナディア
Nadya[30]
アルメイダ・シアター英語版
2007年 Gaggle of Saints, AA Gaggle of Saints スー
Sue[41]
トラファルガー・スタジオズ英語版
かもめ
The Seagull
ニーナ / Nina[42]
キャリー・マリガンの代役[6]
ロイヤル・コート・シアター英語版
醒めて歌え英語版
Awake and Sing![30]
ヘニー・バーガー
Hennie Berger
アルメイダ・シアター
2012年 アンティゴネ
Antigone
アンティゴネ
Antigone[30]
ロイヤル・ナショナル・シアター[43]

ラジオ[編集]

作品名 役名 放送局
2008年 Blinded by the Sun [38] BBC Radio 4英語版
Unseen Austen リディア・ベネット
Lydia Bennett[44]
BBC Radio 4

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英: Christian Contreras
  2. ^ 英: Judith French
  3. ^ リディア・ベネットは、オースティンの代表作『高慢と偏見』の登場人物で、ベネット5姉妹の末娘に当たる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 13代目ドクター・フーは初の女性 BBC人気長寿ドラマ”. 英国放送協会 (2017年7月17日). 2017年7月18日閲覧。
  2. ^ a b 『ブロードチャーチ』、シーズン3で終了へ”. 海外ドラマNAVI. WOWOW (2016年4月15日). 2017年7月21日閲覧。
  3. ^ a b c d Doctor Who: Jodie Whittaker is to replace Peter Capaldi in the Time Lord regeneration game”. The Daily Telegraph (2017年7月16日). 2017年7月16日閲覧。
  4. ^ Macdonald, Marianne (2007年12月2日). “Jodie Whittaker: a runaway success”. デイリー・テレグラフ. 2017年7月21日閲覧。
  5. ^ a b “Jodie Whittaker: Rise of a venus with her feet on the ground”. ヨークシャー・ポスト英語版. (2013年3月21日). http://www.yorkshirepost.co.uk/yorkshire-living/health-family/jodie-whittaker-rise-of-a-venus-with-her-feet-on-the-ground-1-5518411 2015年1月27日閲覧。 
  6. ^ a b c Jodie Whittaker: 6 things you didn't know about the first female Doctor Who”. デイリー・テレグラフ (2017年7月18日). 2017年7月21日閲覧。
  7. ^ Saturday Drama, Blinded by the Sun”. BBC Radio 4英語版. BBC. 2017年7月21日閲覧。
  8. ^ Parkinson, David (2013年2月15日). “Ollie Kepler's Expanding Purple World”. Review. ラジオ・タイムズ. 2017年7月21日閲覧。
  9. ^ Leigh Holmwood (2009年9月11日). “New BBC drama set to recall 1981 royal wedding | Media”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/media/2009/sep/11/royal-wedding-1981-bbc-drama 2010年11月27日閲覧。 
  10. ^ a b "Wish 143" Review”. The Independent Critic. 2017年7月16日閲覧。
  11. ^ “Leyland's Tom Bidwell up for an Oscar for Wish 143”. BBC. (2011年2月25日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-lancashire-12579233 2017年7月16日閲覧。 
  12. ^ Perrier's Bounty”. チャンネル4. 2017年7月21日閲覧。
  13. ^ Jodie Whittaker in The Night Watch, adapted from Sarah Waters' novel for television by Paula Milne”. BBC. 2017年7月21日閲覧。
  14. ^ Jodie Whittaker Interview Good Vibrations Premiere - Red Carpet News TV - YouTube - 2017年7月21日閲覧。
  15. ^ The Assets”. tv.com. 2017年6月16日閲覧。
  16. ^ “The next Doctor Who has been announced” (英語). The Independent. (2017年7月16日). http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/news/doctor-who-peter-capaldi-series-11-time-lord-steven-moffat-replacement-wimbledon-a7844016.html 2017年7月16日閲覧。 
  17. ^ Doctor Who's 13th Time Lord to be a woman”. BBC (2017年6月16日). 2017年6月16日閲覧。
  18. ^ 『ドクター・フー』次の製作総指揮者、「リスクと大胆さ」が来年のカギに”. 海外ドラマNAVI. WOWOW (2017年6月20日). 2017年7月18日閲覧。
  19. ^ a b c Doctor Who: Jodie Whittaker becomes 13th Time Lord, urging fans 'not to be scared by my gender'”. The Telegraph (2017年7月17日). 2017年7月17日閲覧。
  20. ^ Doctor Who: Fans react to Jodie Whittaker casting”. BBCニュース. BBC (2017年7月17日). 2017年7月21日閲覧。
  21. ^ 澤田理沙 (2017年7月18日). “「ドクター・フー」13代目ドクター、初の女性に”. シネマトゥデイ. 2017年7月21日閲覧。
  22. ^ Holmwood, Leigh (2011年6月18日). “Jodie Whittaker: 'I work a lot and no one knows who I am'”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/people/profiles/jodie-whittaker-i-work-a-lot-and-no-one-knows-who-i-am-2297790.html 2013年2月10日閲覧。 
  23. ^ Smith, Riess (2017年2月27日). “Broadchurch cast: Who is Jodie Whittaker? Life, career, husband and more”. Daily Express. 2017年7月16日閲覧。
  24. ^ Huddersfield actress Jodie Whittaker supporting World Down Syndrome Day – and nephew Harry!”. Huddersfield Examiner (2013年3月22日). 2016年10月28日閲覧。
  25. ^ Emmerdale tribute to Marlon, Rhona son”. Digital Spy (2014年7月10日). 2016年10月28日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Jodie Whittaker”. British Film Institute. 2017年7月16日閲覧。
  27. ^ Venusの受賞歴 - インターネット・ムービー・データベース(英語) - 2017年7月21日閲覧。
  28. ^ Introducing Jodie Whittaker - The Thirteenth Doctor”. ドクター・フー. BBC (2017年7月17日). 2017年7月21日閲覧。
  29. ^ a b c d e f Doctor Who: 5 Jodie Whittaker Roles to Check Out”. Den of Geek. 2017年7月17日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n Jodie Whittaker”. Independent Talent. 2017年7月17日閲覧。
  31. ^ Things to know about the first female 'Doctor Who' Jodie Whittaker”. MSN (2017年7月17日). 2017年7月21日閲覧。
  32. ^ Ashes - The Works Picture Group
  33. ^ Ashes - Review”. Radio Times. 2017年7月17日閲覧。
  34. ^ Cerasaro, Pat (2014年7月31日). “Alan Rickman In Controversial New Film DUST, Now Available”. Broadway World. 2017年7月21日閲覧。
  35. ^ Adult Life Skills”. 英国インディペンデント映画賞. 2017年7月22日閲覧。
  36. ^ The Last Will and Testament of Billy Two-sheds (2006)”. Britsh Film Institute. 2017年7月17日閲覧。
  37. ^ Dalziel and Pascoe (1996– ) - Fallen Angel: Part 1 - インターネット・ムービー・データベース(英語) - 2017年7月22日閲覧。
  38. ^ a b Tess of the D'Urbervilles - Characters and Cast”. BBC. 2017年7月17日閲覧。
  39. ^ Things to know about the first female 'Doctor Who' Jodie Whittaker”. MSN (2017年7月18日). 2017年7月22日閲覧。
  40. ^ Oswald, Peter (2005) (英語). The Storm Or, the Howler (after Plautus). Oberon Books. p. 6. ISBN 9781849438506. https://books.google.co.uk/books?id=FYLijLawzqsC&pg=PA6&lpg=PA6&dq=Ampelisca+Jodie+Whittaker&source=bl&ots=xMtX4i9_Iv&sig=NTUoVs-ih1tGq1ziSYnTVe6VyPI&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiuu9qFg5DVAhWEyRQKHSYXBi0Q6AEIQDAJ#v=onepage&q=Ampelisca%20Jodie%20Whittaker&f=false. 
  41. ^ Spencer, Charles (2007年1月12日). “Chilling glimpses of nastiness”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/drama/3662480/Chilling-glimpses-of-nastiness.html 2017年7月17日閲覧。 
  42. ^ Aftab, Kaleem (2014年12月5日). “Jodie Whittaker on 'brilliantly difficult' Broadchurch performance”. インデペンデント. 2017年7月22日閲覧。
  43. ^ Antigone: Family versus State”. National Theatre. 2017年7月17日閲覧。
  44. ^ Unseen Austen”. BBC. 2017年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]