チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター/パーク・プレイス駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター/パーク・プレイス駅
Chambers Street – World Trade Center / Park Place
NYCS 2 NYCS 3 NYCS A NYCS C NYCS E
ニューヨーク市地下鉄乗換駅
Chambers wall vc.jpg
駅情報
住所 Church Street between Chambers Street & Vesey Street
New York, NY 10007
マンハッタン区
地区 フィナンシャル・ディストリクトトライベッカワールド・トレード・センター英語版
座標 北緯40度42分46秒 西経74度00分35秒 / 北緯40.712655度 西経74.009657度 / 40.712655; -74.009657座標: 北緯40度42分46秒 西経74度00分35秒 / 北緯40.712655度 西経74.009657度 / 40.712655; -74.009657
ディビジョン Aディビジョン(IRT)、Bディビジョン(IND)
路線 IND8番街線
IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      3 Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      E Stops all times (終日)
接続

バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M5, M9, M20, M22, X1, X3, X4, X8, X10, X11, X12, X15, X17A, X17, X19, X27, X28
バスによる輸送 MTAバス: BM1, BM2, BM3, BM4, BxM18, QM7, QM8, QM11, QM25
バスによる輸送 NJトランジットバス: 120

PATH logo.svg PATH: NWK-WTCHOB-WTCワールド・トレード・センター駅で乗換)
構造 地下駅
駅階数 2層
その他の情報
利用状況
乗客数 (2014)複合駅全体で16,088,983[1]増加 2.9%
順位 16位(421駅中)

チェンバーズ・ストリート-ワールドトレードセンター/パーク・プレイス駅(Chambers Street – World Trade Center / Park Place)はニューヨーク市地下鉄の複合駅で、IND8番街線IRTブロードウェイ-7番街線が駅舎を共有している。ロウアー・マンハッタンチェンバーズ・ストリートとビージー・ストリートの間のチャーチ・ストリート地下にある。以下の運行系統が乗り入れている。


IND8番街線[編集]

チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター駅
Chambers Street – World Trade Center
NYCS A NYCS C NYCS E
ニューヨーク市地下鉄
Chambers Street - 8th Avenue Line Express Platform.jpg
急行線ホーム(チェンバーズ・ストリート駅)
駅情報
住所 Church Street between Chambers Street & Vesey Street
New York, NY 10007
マンハッタン区
地区 フィナンシャル・ディストリクト
座標 北緯40度42分46秒 西経74度00分35秒 / 北緯40.712655度 西経74.009657度 / 40.712655; -74.009657
ディビジョン Bディビジョン(IND)
路線 IND8番街線
運行系統       A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      E Stops all times (終日)
ホーム数 島式ホーム 2面
線路数 4線
その他の情報
開業日 1932年9月10日(86年前) (1932-09-10[2]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス (緩行線ホームのみ。エレベーターは建築工事のため一時休止中。)
旧駅名/名称 チェンバーズ・ストリート-ハドソン・ターミナル駅
Chambers Street – Hudson Terminal
次の停車駅
北側の隣駅 キャナル・ストリート駅: A Stops all times C Stops all times except late nights E Stops all times
南側の隣駅 フルトン・ストリート駅: A Stops all times C Stops all times except late nights
(終点): E Stops all times

IND8番街線チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター駅島式ホーム2面4線の急行停車駅だが、レイアウトが他駅と違っており、急行線と緩行線は別のホームに停車し、駅名も急行駅はチェンバーズ・ストリート駅、緩行駅はワールド・トレード・センター駅となる。このため、急行線と緩行線の間で乗り換えをする利用者は、いったんメザニンに上がって乗り換える必要がある。メザニンからはIRTブロードウェイ-7番街線との間で改札内乗換ができる。1932年9月10日深夜にIND8番番街線のインウッド-207丁目駅までの区間とともに開業した[3]。 ホームは2本とも列車長180メートル(600フィート)に対応している。

チェンバーズ・ストリート駅[編集]

チェンバーズ・ストリート駅は急行線のホームである。駅のすぐ北側で北行線/南行線の間に第3線が設けられており、両端で南北両方向に転線できるようになっている。これは1933年2月11日にブロードウェイ-ナッソー・ストリート駅(現在のフルトン・ストリート駅)が開業するまで当駅が終点だったため使用されていた折り返し線の名残である。 A系統および C系統が停車する。メザニンには自動改札機があり、チャーチ・ストリート方面出口に繋がっている。ホームは車椅子対応になっていない。

ワールド・トレード・センター駅[編集]

緩行線ホーム(ワールド・トレード・センター駅)で発車を待つE系統R160電車

ワールド・トレード・センター駅は緩行線ホームで、緩行系統の終点となっている。急行線ホームから南にオフセットした場所にあり、ワールドトレードセンターサイト英語版の北端にあたる。E系統が停車し、南行線の列車はキャナル・ストリート駅の南側で急行線の下に下って当駅に入線してくる。ワールド・トレード・センター駅の北端には信号機があり、ホームの中央付近に両渡り付き交差が設けられている。緩行線はホーム南側の車止めで終わっている。開業当初はハドソン・ターミナル駅(Hudson Terminal)という駅名だったが、1973年に近くに建設されたワールドトレードセンターのツインタワーにちなんで現在の駅名に改められた。


IRTブロードウェイ-7番街線[編集]

パーク・プレイス駅
Park Place
NYCS 2 NYCS 3
ニューヨーク市地下鉄
Park Place IRT 002.JPG
駅情報
住所 Park Place & Broadway
New York, NY 10007
マンハッタン区
地区 フィナンシャル・ディストリクト
座標 北緯40度42分45秒 西経74度00分28秒 / 北緯40.712492度 西経74.007683度 / 40.712492; -74.007683
ディビジョン Aディビジョン(IRT)
路線 IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      3 Stops all times except late nights (深夜帯以外)
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1918年8月1日(100年前) (1918-08-01
次の停車駅
北側の隣駅 チェンバーズ・ストリート駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights
南側の隣駅 フルトン・ストリート駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights

IRTブロードウェイ-7番街線ブルックリン支線パーク・プレイス駅ブロードウェイチャーチ・ストリートの間のパーク・プレイス地下にある。1918年8月1日に開業したが、当時既に開業していたBMTブロードウェイ線IRTレキシントン・アベニュー線の下を通るため、地下深くに設けられた。島式ホーム1面2線を有し、ホームには青いI形鋼の柱が立っている。柱には1本おきに黒地に白で駅名をレタリングした駅名標が取り付けられている。線路の壁面上端には金色タイルの帯が配され、等間隔で"P"と書かれた石板が取り付けられている。

駅の北側では、線路がIRTブロードウェイ-7番街線の本線急行線に繋がっている。北隣のチェンバーズ・ストリート駅とは非常に近い。


駅構造[編集]

G 地上階 エントランス/出口
B1 メザニン 改札、駅員詰所
B2 北行緩行線 NYCS E ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅方面 キャナル・ストリート駅
島式ホーム、北行は右側、南行は左側のドアが開く バリアフリー・アクセス
北行緩行線 NYCS E ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅方面 (キャナル・ストリート駅)
北行急行線 NYCS A インウッド-207丁目駅方面 (キャナル・ストリート駅)
NYCS C 168丁目駅方面 (キャナル・ストリート駅)
島式ホーム、左側ドアが開く
南行急行線 NYCS A レファーツ・ブールバード駅英語版ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅方面 フルトン・ストリート駅
NYCS C ユークリッド・アベニュー駅英語版方面 (フルトン・ストリート駅)
B3 北行 NYCS 2 ウェイクフィールド-241丁目駅方面 チェンバーズ・ストリート駅
NYCS 3 ハーレム-148丁目駅 (チェンバーズ・ストリート駅)
島式ホーム、左側ドアが開く
南行 NYCS 2 フラットバッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅英語版方面 フルトン・ストリート駅
NYCS 3 ニューロッツ・アベニュー駅方面 (フルトン・ストリート駅)


Oculus[編集]

1998年にクリスティン・ジョンズとアンドリュー・ギンゼル英語版が制作した Oculus (ラテン語で「目」)のモザイクが駅の至るところに300枚以上散りばめられている。この目は数百人のニューヨーカー達の写真をモデルにしたものである。

"Oculus"の目

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2015年4月25日閲覧。
  2. ^ New York Times, List of the 28 Stations on the New Eighth Ave Line, September 10, 1932, page 6
  3. ^ “Gay Midnight Crowd Rides First Trains in New Subway”. New York Times: p. 1. (1932年9月10日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FA0D13F7395513738DDDA90994D1405B828FF1D3 

外部リンク[編集]