91丁目駅 (IRTブロードウェイ-7番街線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
91丁目駅
91st Street
ニューヨーク市地下鉄
91 Street abandoned vc.jpg
駅情報
住所 West 91st Street & Broadway
New York, NY 10025
マンハッタン区
地区 アッパー・ウェスト・サイド
座標 北緯40度47分29秒 西経73度58分27秒 / 北緯40.7914度 西経73.9741度 / 40.7914; -73.9741座標: 北緯40度47分29秒 西経73度58分27秒 / 北緯40.7914度 西経73.9741度 / 40.7914; -73.9741
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統 無し(廃止)
構造 地下駅
ホーム数 2面(相対式ホーム
線路数 4線
その他の情報
開業日 1904年10月27日(114年前) (1904-10-27[1]
廃駅日 1959年2月2日(59年前) (1959-02-02
次の停車駅
北側の隣駅 96丁目駅
南側の隣駅 86丁目駅

91丁目駅(91ちょうめえき、英:91st Street)はニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線の廃駅である。マンハッタン区アッパー・ウェスト・サイドブロードウェイと西91丁目の交差点に位置し、1904年10月27日に開業、1959年2月2日に廃止された。

歴史[編集]

駅は1904年10月27日、マンハッタン本線(現在のIRTレキシントン・アベニュー線とIRTブロードウェイ-7番街線)のシティ・ホール駅 - 145丁目駅間が開通した際に開業した[2]。当駅は両隣が西96丁目の96丁目駅と西86丁目の86丁目駅で駅間が10ブロック離れることを避けるために設置された。

1940年代後半、ブロードウェイ-7番街線103丁目駅 - 238丁目駅間でホーム有効長を1両辺り51.4フィート(15.7メートル)の車両10両編成対応の514フィート(157メートル)に延長する工事が行われた。以前は6両編成までの対応であり、延長工事は1948年までに段階的に行われた[3][4]。1950年代後半にはラッシュ時のサービスを変更し、96丁目駅より北側において普通列車がブロードウェイ-7番街線経由でヴァン・コートラント・パーク-242丁目駅へ、急行列車がレノックス・アベニュー線へ分岐し同線145丁目駅へ、あるいは135丁目駅よりホワイト・プレーンズ・ロード線へ乗り入れブロンクス区内へ向かうようにすることにより、96丁目駅北側のレノックス・アベニュー線との分岐点においての列車の振り分け作業を無くすことが計画された。このサービスは1959年2月6日より導入され、ブロードウェイ-7番街線普通列車は全列車ヴァン・コートラント・パーク-242丁目駅方面に、急行列車は全列車レノックス・アベニュー線方面に向かうことになり列車の振り分けは終了した[5][6][7]

しかし、このサービス変更にあたっては5両もしくは6両編成までにしか対応していない103丁目駅 - タイムズ・スクエア-42丁目駅間の各駅のホーム有効長の延長を行う必要があった。1958年までに緩行線停車駅の延長工事は終了したが、急行停車駅である72丁目駅と96丁目駅の延長工事は問題が多く難航した。72丁目駅は単純な配線変更のみで済んだが、96丁目駅は緩行線および外壁を移動させる必要があった。96丁目駅では南側にホームが延長され西94丁目と西93丁目の間に新しい改札口と出入口が設置された。また、南隣の86丁目駅はホームを西87丁目、つまり北側へ延長したため、当駅は両隣の駅との距離が短くなりすぎホームの延長を行えなかった。このため1959年2月2日に当駅は廃止された[8][9][10]

駅構造[編集]

配線図
G - 地上階
P
ホーム階
相対式ホーム、廃止。
北行緩行線 NYCS-bull-trans-1.svg 通過
NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯:通過
北行急行線 NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯以外:通過
NYCS-bull-trans-3.svg 通過
南行急行線 NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯以外:通過 →
NYCS-bull-trans-3.svg 通過 →
南行緩行線 NYCS-bull-trans-1.svg 通過 →
NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯:通過 →
相対式ホーム、廃止。

駅は相対式ホーム2面と緩行線2線・急行線2線を有した2面4線の地下駅であった。なお、廃止後も駅ホームは撤去されておらず86丁目駅 - 96丁目駅間を走行する列車の車内からホームを見ることができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Our Subway Open: 150,000 Try It”. ニューヨーク・タイムズ. (1904年10月28日). http://www.nycsubway.org/articles/nytimes-1904-dayoneopen.html 
  2. ^ James Blaine Walker, Fifty Years of Rapid Transit, 1864-1917, published 1918, pp. 162-191
  3. ^ Report for the three and one-half years ending June 30, 1949.. New York City Board of Transportation. (1949). http://hdl.handle.net/2027/mdp.39015023094926. 
  4. ^ “MORE LONG PLATFORMS; Five Subway Stations on IRT to Accommodate 10-Car Trains”. ニューヨーク・タイムズ. (1948年7月10日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1948/07/10/archives/more-long-platforms-five-subway-stations-on-irt-to-accommodate.html 2016年3月27日閲覧。 
  5. ^ New Hi-Speed Locals 1959 New York City Transit Authority”. Flickr - Photo Sharing!. 2016年6月15日閲覧。
  6. ^ WAGNER PRAISES MODERNIZED IRT; Mayor and Transit Authority Are Hailed as West Side Changes Take Effect”. query.nytimes.com. 2016年6月15日閲覧。
  7. ^ MODERNIZED IRT TO BOW 0N FEB. 6; West Side Line to Eliminate Bottleneck at 96th Street MODERNIZED IRT TO BOW ON FEB. 6”. query.nytimes.com. 2016年6月15日閲覧。
  8. ^ Aciman, Andre (1999年1月8日). “MY MANHATTAN; Next Stop: Subway's Past”. ニューヨーク・タイムズ. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1999/01/08/arts/my-manhattan-next-stop-subway-s-past.html 2016年8月26日閲覧。 
  9. ^ “High-Speed Broadway Local Service Began in 1959”. The Bulletin (New York Division, Electric Railroaders' Association) 52 (2). (2009年2月). https://issuu.com/erausa/docs/2009-02-bulletin/1 2016年8月26日閲覧。. 
  10. ^ Raanan Geberer. “The Ghost Subway Station on 91st”. StrausMedia. 2016年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]