72丁目駅 (IRTブロードウェイ-7番街線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
72丁目駅
72 Street
NYCS-bull-trans-1.svg NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg
ニューヨーク市地下鉄
72nd Street IRT Broadway 013.JPG
開業時の駅舎(左)と新しい駅舎(右)
駅情報
住所 area of West 72nd Street, Broadway & Amsterdam Avenue
New York, NY 10023
マンハッタン区
地区 アッパー・ウェスト・サイド
座標 北緯40度46分44秒 西経73度58分55秒 / 北緯40.779度 西経73.982度 / 40.779; -73.982座標: 北緯40度46分44秒 西経73度58分55秒 / 北緯40.779度 西経73.982度 / 40.779; -73.982
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統       1 Stops all times (常時)
      2 Stops all times (常時)
      3 Stops all times (常時)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M5, M7, M11, M57, M72, M104
バスによる輸送 MTAバス: BxM2
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 2面
対面乗り換え
線路数 4線
その他の情報
開業日 1904年10月27日(115年前) (1904-10-27[1]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017)12,749,746[2]減少 3.8%
順位 23位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 96丁目駅 (急行): 2 Stops all times except late nights 3 Stops all times
79丁目駅 (各停): 1 Stops all times 2 Stops late nights only
南側の隣駅 66丁目-リンカーン・センター駅 (各停): 1 Stops all times 2 Stops late nights only
タイムズ・スクエア-42丁目駅 (急行): 2 Stops all times except late nights 3 Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス 96丁目駅: 1 Stops all times 2 Stops all times 3 Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス 66丁目-リンカーン・センター駅 (各停): 1 Stops all times 2 Stops late nights only
タイムズ・スクエア-42丁目駅 (急行): 2 Stops all times except late nights 3 Stops all times

Control House on 72nd Street
座標 北緯40度46分43秒 西経73度58分55秒 / 北緯40.77861度 西経73.98194度 / 40.77861; -73.98194
複合資産 Interborough Rapid Transit Subway Control Houses TR
NRHP登録番号 80002684[3]
NRHP指定日 1980年5月6日
72nd Street Subway Station (IRT)
座標 北緯40度46分43秒 西経73度58分55秒 / 北緯40.77861度 西経73.98194度 / 40.77861; -73.98194
複合資産 New York City Subway System MPS
NRHP登録番号 04001017[3]
NRHP指定日 2004年9月17日

72丁目駅(72ちょうめえき、英語: 72nd Street)はニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線の駅である。マンハッタン区アッパー・ウェスト・サイドブロードウェイと西72丁目、アムステルダム・アベニューの交差点に位置し、1系統2系統3系統が終日停車する。

歴史[編集]

72丁目駅は1904年10月27日、マンハッタン本線(現在のIRTレキシントン・アベニュー線とIRTブロードウェイ-7番街線)のシティ・ホール駅 - 145丁目駅間が開通した際に開業した。開業当初の駅はIRTの基準に満たない構造で、ホームおよび階段が非常に狭くなっていた。当時は駅出入口が南側の駅舎(ブロードウェイと西72丁目、アムステルダム・アベニューの交差点南側、ブロードウェイとアムステルダム・アベニュー中間)の1箇所のみで、きっぷ売り場および改札口は駅舎内にあるが南北ホームで別々となっており、改札内で南北ホーム間を行き来することはできなかった。

ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティは1950年代に当駅を急行停車駅から急行通過駅に変更することを検討していた。

2002年10月29日に大規模な改修工事が終了し、駅の北端、ブロードウェイと西72丁目、アムステルダム・アベニューの交差点北側、ブロードウェイとアムステルダム・アベニュー中間に新しい駅舎が作られ駅の出入口は2箇所となった。また、この新しい駅舎にはエレベーターが設置されており、当駅はADAに準拠する駅となったほか[4]、新駅舎側改札口は改札内で南北ホームからの通路が合流しているため南北ホーム間を改札内で行き来できる駅となった。

1980年5月6日に開業当初の駅舎が、2004年9月17日に駅全体がアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定された[3]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
バリアフリー・アクセス (72丁目北側、ブロードウェイ南北線間の駅舎にエレベーター)
P
ホーム階
北行緩行線 NYCS-bull-trans-1.svg ヴァン・コートラント・パーク-242丁目駅行き79丁目駅
NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯:ウェイクフィールド-241丁目駅行き(79丁目駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側の扉が開く。バリアフリー・アクセス
北行急行線 NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯以外:ウェイクフィールド-241丁目駅行き96丁目駅
NYCS-bull-trans-3.svg ハーレム-148丁目駅行き(96丁目駅)
南行急行線 NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯以外:ブルックリン・カレッジ駅行きタイムズ・スクエア-42丁目駅
NYCS-bull-trans-3.svg 深夜帯以外:ニューロッツ・アベニュー駅行き(タイムズ・スクエア-42丁目駅)
NYCS-bull-trans-3.svg 深夜帯:タイムズ・スクエア-42丁目駅行き(終点)
島式ホーム、到着番線に応じた側の扉が開く。バリアフリー・アクセス
南行緩行線 NYCS-bull-trans-1.svg サウス・フェリー駅行き66丁目-リンカーン・センター駅
NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯:ブルックリン・カレッジ駅行き(66丁目-リンカーン・センター駅)

駅は島式ホーム2面と緩行線2線・急行線2線を有した地下駅である。

出口[編集]

駅には次の2箇所に駅舎があり、どちらも入出場に対応している。

  • バリアフリー・アクセス ブロードウェイと西72丁目、アムステルダム・アベニューの交差点北側、ブロードウェイとアムステルダム・アベニュー中間、新駅舎[5]
  • ブロードウェイと西72丁目、アムステルダム・アベニューの交差点南側、ブロードウェイとアムステルダム・アベニュー中間、旧駅舎[5]

駅北端の新駅舎側改札口は南北ホームからそれぞれ階段2つとエレベーター1機が接続している。改札階では改札内において南北ホームからの通路が合流するため南北ホーム間を改札内で行き来することが可能である。改札口は駅舎北側と南側の2箇所に別れており、どちらも回転式改札機があり南側改札口のみきっぷ売り場もある[5]。なお、当駅はこの新駅舎側改札口を利用する場合のみエレベーターで地上からホームまで行くことが可能である[5][6]。また、こちらの改札口にはロバート・ヒックマンの製作したアートワーク『Laced Canopy』が飾られている。このモザイクアートは、正しい角度から見ると模様の繋ぎ目がジュゼッペ・ヴェルディ作曲のオペラ『リゴレット』の楽譜の一部に見えるようになっている。

駅南側の旧駅舎側改札口へは北行ホームから階段が3つ、南行ホームから階段が2つ接続している。こちらの改札口は駅舎北側の改札口が北行ホーム、南側の改札口が南行ホームと独立しており改札内で南北ホーム間を行き来することはできない。北行ホーム側改札口は無人で回転式改札機があり、南行ホーム側改札口には回転式改札機3機がある[5]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]