ウォール・ストリート駅 (IRTブロードウェイ-7番街線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォール・ストリート駅
Wall Street
NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg
ニューヨーク市地下鉄
Wall Street IRT Broadway 009.JPG
ハーレム-148丁目駅行き3系統が駅を発車する
駅情報
住所 Wall Street & William Street
New York, NY 10005
マンハッタン区
地区 フィナンシャル・ディストリクト
座標 北緯40度42分23秒 西経74度00分34秒 / 北緯40.706311度 西経74.009528度 / 40.706311; -74.009528座標: 北緯40度42分23秒 西経74度00分34秒 / 北緯40.706311度 西経74.009528度 / 40.706311; -74.009528
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      3 Stops all times except late nights (深夜帯以外)
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1918年7月1日(101年前) (1918-07-01
利用状況
乗客数 (2017)6,935,020[1]減少 9.8%
順位 62位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 フルトン・ストリート駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights
南側の隣駅 クラーク・ストリート駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights

ウォール・ストリート駅 (英語: Wall Street) はニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線の駅である。マンハッタン区フィナンシャル・ディストリクトウィリアム・ストリートウォール・ストリートの交差点に位置し、2系統が終日、3系統が深夜を除く終日停車する。

歴史[編集]

配線図
駅名頭文字の"W"を描いたカルトゥーシュ

1918年7月1日、ブロードウェイ-7番街線は34丁目-ペン・ステーション駅から本線がサウス・フェリー・ループス駅まで、ブルックリン支線がチェンバーズ・ストリート駅から本線より分岐し当駅まで延伸され、当駅はブルックリン支線の終点として開業した[2]。新しい"H"システムが1918年8月1日に導入され、タイムズ・スクエア-42丁目駅以北を走行する全てのIRTブロードウェイ-7番街線列車はサウス・フェリー駅・ウォール・ストリート駅方面行きとなり、42丁目駅から分岐しグランド・セントラル駅へ向かっていた列車は現在の42丁目シャトルとなり、両駅間の往復運転となっている[3]。このHシステムの導入の結果、今までチェンバーズ・ストリート駅 - 当駅間のシャトル運行であったブルックリン支線の列車は全列車本線へ乗り入れるようになった[4]。1919年4月15日、クラーク・ストリート・トンネルが開通しブロードウェイ-7番街線はボロー・ホール駅まで延伸、当駅は終着駅から途中駅へと役割を変えた[5]

1964年から1965年に掛けて当駅はブロードウェイ-7番街線の他4駅と共に、1両辺り51フィート(15メートル)のIRT車10両編成の列車の入線に対応するためにホーム有効長を525フィート(160メートル)に延長した[6]

1995年、MTAは付近に他線の駅が多く位置しているためブロードウェイ-7番街線ウォール・ストリート駅かレキシントン・アベニュー線ウォール・ストリート駅のどちらかを廃止することを検討していたが、最終的にどちらも廃止されることはなく現在も営業を続けている[7]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード券売機
P
ホーム階
北行線 NYCS-bull-trans-2.svg ウェイクフィールド-241丁目駅行きフルトン・ストリート駅
NYCS-bull-trans-3.svg ハーレム-148丁目駅行き(フルトン・ストリート駅)
島式ホーム、左側の扉が開く。
南行線 NYCS-bull-trans-2.svg フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きクラーク・ストリート駅
NYCS-bull-trans-3.svg ニューロッツ・アベニュー駅行き(クラーク・ストリート駅)

駅は島式ホーム1面と線路2線を有した1面2線の地下駅で、ブロードウェイ-7番街線ブルックリン支線のマンハッタン区内最南端の駅である[8]。駅の南側では線路はイースト川をクラーク・ストリート・トンネルで潜りブルックリン区へ入り、クラーク・ストリート駅に到着する。当駅はニューヨーク市地下鉄内の他の島式ホームの駅と比べてホーム幅が狭くなっている。ホーム床面はダークブルーのタイルが敷かれており、青の柱が等間隔に立っている。柱には黒地に白で"Wall Street"と書かれたニューヨーク市地下鉄標準の駅名標が掲げられているほか、壁面には白地に黒で"WALL ST."と書かれた駅名標がある[6]

出口[編集]

駅には以下の4箇所の改札口がある。

  • 1つ目の改札口は駅の北端に位置し、平日のみ開いている。改札口からはワン・チェース・マンハッタン・プラザへの地下通路があり、同ビルのロビーに階段が接続している。なお、駅構内での案内ではこのビル出入口があるウィリアム・ストリートとセダー・ストリートの交差点へ出ると案内されているが、地上側ではこのビルに当駅への入口があるという案内は無い[9]
  • 2つ目の改札口は駅の中央に位置し、平日のみ開いている。改札口からは60 ウォール・ストリートへの長い地下通路がある。この通路には1990年にハリー・ローズマンにより製作されたアートワーク『Subway Wall』が1993年の駅改装後に飾られた。地上へは階段とエスカレーター2機が繋がっている[9]
  • 3つ目の改札口は駅の南側に位置し、有人で終日開いている。地上への階段は2つあり、ウィリアム・ストリートとウォール・ストリートの交差点北東・北西に繋がっている[9]
  • 4つ目の改札口は駅の南端に位置し、回転式改札機が4機ある。きっぷ売り場は存在せず改札口は無人となっている。地上への階段は2つあり、ウィリアム・ストリートとウォール・ストリートの交差点南東・南西に繋がっている[9]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2013–2018”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ “Open New Subway to Regular Traffic — First Train on Seventh Avenue Line Carries Mayor and Other Officials — To Serve Lower West Side — Whitney Predicts an Awakening of the District — New Extensions of Elevated Railroad Service”. ニューヨーク・タイムズ: p. 11. (1918年7月2日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1918/07/02/106215771.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  3. ^ “Open New Subway Lines to Traffic; Called a Triumph — Great H System Put in Operation Marks an Era in Railroad Construction — No Hitch in the Plans — But Public Gropes Blindly to Find the Way in Maze of New Stations — Thousands Go Astray — Leaders in City's Life Hail Accomplishment of Great Task at Meeting at the Astor”. ニューヨーク・タイムズ: p. 1. (1918年8月2日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1918/08/02/97011929.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  4. ^ Whitney, Travis H. (1918年3月10日). “The Seventh and Lexington Avenue Subways Will Revive Dormant Sections — Change in Operation That Will Transform Original Four-Tracked Subway Into Two Four-Tracked Systems and Double Present Capacity of the Interborough”. ニューヨーク・タイムズ: p. 12. https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1918/03/10/118138743.pdf 2016年8月26日閲覧。 
  5. ^ “New Subway Service Between Brooklyn and Manhattan Boroughs”. ニューヨーク・タイムズ. (1919年4月13日). https://www.nytimes.com/1919/04/13/archives/new-subway-service-between-brooklyn-and-manhattan-boroughs.html 2009年9月5日閲覧。 
  6. ^ a b Annual Report 1964–1965. ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ. (1965). 
  7. ^ Perez-Pena, Richard (1995年2月25日). “BOARD VOTES CUTS FOR CITY TRANSIT”. ニューヨーク・タイムズ. 2018年5月16日閲覧。
  8. ^ ALL ROADS NOW LEAD TO TIMES SQUARE; Old Tube the Base of the New. The Fifth Spoke in the Hub. How the "H" Is Formed. Difficulties of the Work. Much Depends on the Public.”. 2016年7月4日閲覧。
  9. ^ a b c d MTA Neighborhood Maps: Lower Manhattan”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2014年). 2016年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]