145丁目駅 (IND)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
145丁目駅
145th Street
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-B.svg NYCS-bull-trans-C.svg NYCS-bull-trans-D.svg
ニューヨーク市地下鉄
145th Street - Brooklyn Bound Lower Level Platform.jpg
コンコース線ホーム
駅情報
住所 West 145th Street & St. Nicholas Avenue
New York, NY 10031
マンハッタン区
地区 ハーレム、ハミルトン・ハイツ
座標 北緯40度49分27秒 西経73度56分41秒 / 北緯40.82404度 西経73.944769度 / 40.82404; -73.944769座標: 北緯40度49分27秒 西経73度56分41秒 / 北緯40.82404度 西経73.944769度 / 40.82404; -73.944769
ディビジョン BディビジョンIND
路線 IND8番街線
INDコンコース線
運行系統       A Stops all times (終日)
      B Stops weekdays only (平日23時まで)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      D Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M3, Bx19
構造 地下駅
駅階数 2層式
ホーム数 4面(1層島式ホーム2面ずつ)
線路数 7線(上層階4線、下層階3線)
その他の情報
開業日 1932年9月10日(86年前) (1932-09-10[1]
バリアフリー情報 車椅子でホーム間を移動可能
利用状況
乗客数 (2016)7,949,593[2]増加 0.3%
順位 50
次の停車駅
北側の隣駅 トレモント・アベニュー駅 (コンコース線急行): D Stops rush hours in peak direction only
168丁目駅 (8番街線急行): A Stops all times except late nights
155丁目駅 (8番街線普通): A Stops late nights only C Stops all times except late nights
155丁目駅 (コンコース線普通): B Stops rush hours only D Stops all times except rush hours in the peak direction
(終点): B Stops weekdays only
南側の隣駅 135丁目駅 (8番街線普通): A Stops late nights only B Stops weekdays only C Stops all times except late nights
125丁目駅 (8番街線急行): A Stops all times except late nights D Stops all times

145丁目駅(145ちょうめえき、英:145th Street)はニューヨーク市地下鉄IND8番街線INDコンコース線の駅である。マンハッタン区ハーレムとハミルトン・ハイツの145丁目とセント・ニコラス・アベニューの交差点に位置し、A系統D系統が終日、B系統が平日23時まで、C系統が深夜を除く終日停車する。

歴史[編集]

8番街線ホーム

この駅は1932年9月10日にインディペンデント・サブウェイ・システムの初期区間の開業の際にIND8番街線チェンバーズ・ストリート駅 - ワシントンハイツ-207丁目駅間の開通にあわせて開業した[1][3]。開業時はINDコンコース線がまだ建設途中だったため上層階の8番街線ホームのみ開かれていたが、1933年7月1日にコンコース線が開通した際に[4]、下層階も開業した[5]

当駅は2010–2014 MTAキャピタル・プログラムの一環として2017年より改装が行われた。これは2015年に行われたMTAの調査によって駅構築物の45%が老朽化している事が確認されたためである[6]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
B1 改札階 改札口、駅員室
B2
8番街線ホーム
北行緩行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜のみ:207丁目駅行き
NYCS-bull-trans-C.svg 168丁目駅行き
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg 次の停車駅:155丁目駅 (8番街線)
島式ホーム、到着番線に応じた扉が開く。
北行急行線 NYCS-bull-trans-A.svg 207丁目駅行き
NYCS-bull-trans-A.svg 次の停車駅:168丁目駅
南行急行線 NYCS-bull-trans-A.svg オゾン・パーク駅ファー・ロッカウェイ駅行き →
NYCS-bull-trans-A.svg 夕ラッシュ時:ロッカウェイ・パーク駅行き →
NYCS-bull-trans-A.svg 次の停車駅:125丁目駅
島式ホーム、到着番線に応じた扉が開く。
南行緩行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜のみ:ファー・ロッカウェイ駅行き →
NYCS-bull-trans-C.svg ユークリッド・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg 次の停車駅:135丁目駅
B3
コンコース線ホーム
北行緩行線 NYCS-bull-trans-B.svg ラッシュ時:ベッドフォード・パーク駅行き
NYCS-bull-trans-D.svg ノーウッド-205丁目駅行き
NYCS-bull-trans-B.svg NYCS-bull-trans-D.svg 次の停車駅:155丁目駅 (コンコース線)
島式ホーム、到着番線に応じた扉が開く。
ラッシュピーク方向急行/
折り返し列車
NYCS-bull-trans-B.svg ブライトン・ビーチ駅行き →
NYCS-bull-trans-D.svg 朝ラッシュ:コニー・アイランド駅行き →
NYCS-bull-trans-D.svg 夕ラッシュ:ノーウッド-205丁目駅行き
NYCS-bull-trans-B.svg 次の停車駅:135丁目駅
NYCS-bull-trans-D.svg 次の停車駅:125丁目駅
NYCS-bull-trans-D.svg 次の停車駅:トレモント・アベニュー駅
島式ホーム、到着番線に応じた扉が開く。
南行緩行線 NYCS-bull-trans-B.svg ラッシュ時:ブライトン・ビーチ駅行き →
NYCS-bull-trans-D.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-B.svg 次の停車駅:135丁目駅
NYCS-bull-trans-D.svg 次の停車駅:125丁目駅
配線図
上層階(8番街線)
168丁目駅(8番街線急行)
155丁目駅(8番街線普通)
135丁目駅(普通)
125丁目駅(急行)
上層階
下層階
下層階(コンコース線)
トレモント・アベニュー駅(コンコース線急行)
155丁目駅(コンコース線普通)
135丁目(普通)・125丁目駅(急行)
125丁目駅(急行)

上層階のIND8番街線ホームは島式ホーム2面と緩行線2線、急行線2線を合わせた2面4線の構造である。改札階は以前は駅の端から端まで繋がっていたが現在は中心部が警察の区域として利用されている。下層階のINDコンコース線ホームは島式ホーム2面と緩行線2線、急行線1線を合わせた2面3線の構造である。なお、コンコース線北行ホームはホーム横幅が他のホームの2倍で39フィート (12m) ある[5]。ホームにはエスカレーターがあり、下層階から改札階まで進み上層階には繋がっていない。

下層階の中央の線路は夜間に当駅止まりのB系統の折り返しに使用されるほか、朝夕ラッシュ時にはピーク方向に向かうD系統が使用する。なお、土休日や深夜には使用されない[7][8][9]

駅の北側には8番街線北行緩行線の横にオープンスペースがある[10]。これは地下鉄建設の残りの部分でありなんらかの目的のために作られたわけではない。この部分は下層階の線路がちょうどINDコンコース線へ入る部分にあたる。床には下層を見る事が出来る穴が開いている。

反対の駅の南側では135丁目駅を通り125丁目駅の北まで3複線となっている。内側2線が南北急行線、外側2線が南北緩行線で急行線と緩行線に挟まれた2線は留置線などとして用いられている。この区間は大量の信号機分岐器があるため「ホームボール・アレー (Homeball Alley)」というニックネームが付けられている[11]

出口[編集]

終日開いている改札口は南の145丁目側に、一部時間帯のみ開いている改札口は北の147丁目側にある[12]

  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西145丁目の交差点北西[12]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西145丁目の交差点南西[12]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西145丁目の交差点北東[12]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西145丁目の交差点南東[12]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューの西147丁目との交差点と西148丁目との交差点の間の西側[12]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューの西147丁目との交差点と西148丁目との交差点の間の東側[12]


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ニューヨーク・タイムズ, List of the 28 Stations on the New Eighth Ave Line, September 10, 1932, page 6
  2. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2011–2016”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2017年5月31日). 2017年6月1日閲覧。
  3. ^ Crowell, Paul (1932年9月10日). “Gay Midnight Crowd Rides First Trains In The New Subway: Throngs at Station an Hour Before Time, Rush Turnstiles When Chains are Dropped”. ニューヨーク・タイムズ. https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9507E2D61231E633A25753C1A96F9C946394D6CF 2015年11月8日閲覧。 
  4. ^ “New Bronx Subway Starts Operation”. ニューヨーク・タイムズ: p. 15. (1933年7月1日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F00D14FE385C16738DDDA80894DF405B838FF1D3 
  5. ^ a b Kramer, Frederick A. (January 1, 1990) (英語). Building the Independent Subway. Quadrant Press. ISBN 9780915276509. https://books.google.com/books?id=w8cDPQAACAAJ. 
  6. ^ Review of the A and C Lines”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2015年12月11日). 2016年1月19日閲覧。
  7. ^ B Train Subway Timetable June 12, 2016”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2016年6月12日). 2016年7月17日閲覧。
  8. ^ D Train Subway Timetable June 12, 2016”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2016年6月12日). 2016年7月17日閲覧。
  9. ^ Harlem-145 Street (A,B,C,D)-The SubwayNut”. www.subwaynut.com. 2016年7月17日閲覧。
  10. ^ https://www.youtube.com/watch?v=MiTJoNPqjH4&t=3m31s The “bellmouth” or that open space is visible to the right at the 3:33 mark, just as the train leaves the 145th Street station (Upper level).
  11. ^ rapidtransit.net - Tracks of the NYC Subway by Peter Dougherty Reviewed page 2”. www.rapidtransit.net. 2016年7月17日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g MTA Neighborhood Maps: Harlem / Hamilton Heights”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2015年). 2015年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]